FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第4部

    琥珀暁・改国伝 1

     ←2018年12月携帯待受 →琥珀暁・改国伝 2
    神様たちの話、第169話。
    防衛戦以後。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「こんな時、いつも思うが」
     ハンといつもの測量班3名、そしてクーを加えた5人が街の食堂に集まり、夕食を取っていた。
    「また始まったねー」
    「ええ。いつものです」
     マリアとビートが耳打ちし合うのをよそに、ハンは酒の入ったグラスを片手に、ぶつぶつと愚痴を吐いている。
    「エリザさんは大体、図々しいと言うか、厚かましいと言うか……」
    「『そもそもだな』」
     シェロが先読みした通りに、ハンは話を続ける。
    「そもそもだな、俺個人はエリザさんがこの遠征に参加したことに、いい気はしてなかったんだ。遅かれ早かれ、こうなることは予測できたはずだ。
     第一あの人は、公私の区別が全然付いてない。隊の皆に対しても部下じゃなく、近所の友人、知人程度にしか考えてない節がある」
    「状況によりけりと存じますけれど。あの方の場合は、それで万事、よく運んでいるご様子ですもの」
     クーが口を挟むが、ハンの耳には届いていないらしい。
    「このまま放っておいたら、いずれ遠征隊だってこの国だって、あの人に私物化されてしまう。そんなことが道義的に許されるものか!」
    「はあ」
     クーはつまらなそうな顔で、ビートの袖を引く。
    「このご講釈、終わらせられませんの?」
    「あと一口呑ませれば黙ります」
    「あら、そう」
     クーは立ち上がり、ハンの腕を取る。
    「さ、もう一口」
    「な、なにをする?」
    「えいっ」
     クーは無理矢理にグラスをハンの唇に持って行き、飲み込ませる。
    「やめっ、クー、……げほっ、あぶっ、ごぼっ、……んぐ」
     呑ませてすぐ、ハンはがくんと椅子にもたれかかり、眠ってしまった。
     それを見下ろしつつ、クーはにこりと皆に微笑みかける。
    「さ、静かになったことですし、お食事を楽しみましょう」
    「……殿下もなかなか、強引っスね」



     テプロイモア防衛戦が成功した後、ハンが懸念していた通り、遠征隊はなし崩し的に、ユーグ王国の統治権を掌握することとなった。
     廉潔(れんけつ)を信条とするハンにとってこれは、「武力に物を言わせた占領」であるとしか思えないものであり、それだけでも彼にとっては心苦しいものだったのだが、ここにきてさらに、彼の怒りを焚きつけるような出来事が起こっていた。
     統治体制の一新によって起きた混乱に乗じるように、エリザがあちこちで独断専行を働いていたのである。



    「……まあ、確かにちょっと暴走してるようにも思えますね。王宮に隊の本拠を移したこととか、土地買って店を建ててたこととか」
     そうつぶやいたビートに、クーも同意する。
    「その点については確かに、わたくしも憂うところがございますわね。ただ……」
     クーは一瞬ハンをチラ、と見て、小声でこう続けた。
    「心配になりまして、わたくし一度、父上に現状を魔術でお伝えいたしましたの。ところが父上は、『そのようにさせよ』と」
    「え……?」
     それを聞いて、ビートは腑に落ち無さそうな表情を浮かべる。
    「陛下なら諌めるのではと思ってたんですが……、放っておけ、と?」
    「ええ」
    「海の向こうのコトだから、陛下もどうでもいいのかも知れないっスね」
     皮肉げにそう言ったシェロに、ビートが突っかかる。
    「そんなことは無いはずだ。陛下はトロコフ尉官だとか、こちらの世界の人たちのことも気にかけておられたし、そんなつもりは無いはずだよ」
    「お前、陛下かよ? そうじゃないだろ? なんで陛下のお考えが、お前に分かるんだ?」
     一方、シェロも意見を曲げようとしない。
    「そもそもだぜ、以前の会食でも陛下は『エリザ先生は悪人だ』っつってたじゃんか。陛下ご自身でも手を付けられないような人間だって。ならもう、放っとくしか無いってコトなんじゃないか? 言葉通りに考えてるんだと思うぜ、俺は。
     ソレにさ、こっちで先生に好き放題やらせとけば、『自分の領地で暴れられなくて済む』とか、案外そんな風に考えてるんじゃないか?」
    「そんな、……ことは、無いと思う」
    「わたくしも……、父上がそのような浅慮をなさっているとは、……考えたく、ございませんわね」
     シェロの言葉を否定し切れず、ビートもクーも、歯切れ悪く返す。
    「あのさー」
     と、場の空気を嫌ったらしく、マリアが立ち上がる。
    「3人とも、エリザさんのこと悪く言い過ぎじゃない? 陛下がエリザさんのこと嫌いだからって、3人まで一緒になって嫌うことないじゃない。
     あの人、良い人だよ。あたしはそう思う。いつもみんなに優しくしてくれるし、尉官に散々けなされても、ニコニコ笑ってるし」
    「……ん」
    「……まあ」
    「そこは、うん」
    「尉官や陛下が悪口言うからって、あたしたちまで一緒になってエリザさんのこと悪く言うの、やめようよ。ホントに悪いことしようとしてるなら、そりゃ止めなきゃだけど」
    「……そうですわね」
     ばつが悪そうな表情を浮かべ、クーがうなずく。
    「仰る通り、あまりほめられた行いではございませんでしたわね。ええ、この話はおしまいにいたしましょう。
     マリア、何か頼みましょうか?」
    「あ、んーと、それじゃ鮭のマリネとジャガイモのスープと……」
    「まだ食べるんスね、相変わらず」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【2018年12月携帯待受】へ
    • 【琥珀暁・改国伝 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【2018年12月携帯待受】へ
    • 【琥珀暁・改国伝 2】へ