FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第5部

    蒼天剣・黒幻録 5

     ←蒼天剣・黒幻録 4 →蒼天剣・交差録 1
    晴奈の話、第230話。
    ロウの迷い。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     シリンとロウが二人並んで救護室で横になっていたところに、晴奈が現れた。
    「大丈夫か、シリン」
    「あ、姉やん」
     晴奈は呆れた顔で、シリンの額を叩く。
    「誰が姉だ。良く見ろ、シリン」
    「……あ、ゴメン。なんかまだ、アタマん中ぐっにゃぐにゃしとるねん」
    「だろうな。あの一撃は流石の私でも倒れる」
     シリンも呆れた声を出し、対戦を振り返る。
    「ホンマ、隣のアホは降参しよらへんからなぁ。思いっきり頭蹴飛ばしたったのに、まだあんな動けるなんて思わへんかったわ」
    「倒れたからって油断してんじゃねーよ」
     横のベッドで寝ていたロウが、声をかけてきた。
    「まだ気絶したわけじゃねーんだから、最後まで気を抜くなっつーの」
    「フン。ウチに言わせてもらえばな、アンタがおかしいっちゅうねん。脳みそ、あらへんのとちゃう?」
    「バカ言え」
     横になったまま言い合いを始めた二人を、晴奈が止める。
    「うるさい、二人とも。ここは病室だぞ」
    「……はーい」
     素直に従うシリンに対し、ロウは反発する。
    「ああん? 何で赤の他人から命令されなきゃいけねーんだ?」
    「何を言っている、ウィル」
     晴奈はロウの顔を覗き込み、憮然とした表情になる。
    「誰が赤の他人だ。戦場で何度も戦った仲ではないか」
    「……? 誰だ、アンタ」
    「ふざけるな、ウィル。私の顔を忘れたとは言わせぬぞ」
     ロウはむくりと起き上がり、しげしげと晴奈の顔を見つめる。
    「なあ、アンタ。人違いじゃねえか? オレはロウ・ウィアードって言うんだけど」
    「何だと?」
     愕然とする晴奈を見て、ロウは不思議そうに尋ねてくる。
    「オレ、アンタと会ったことねーよ。誰、ウィルって」
    「覚えて……、いないのか?」
     ロウはブルブルと首を振る。
    「だから、知らねーってば。……んじゃ、オレそろそろ行くわ」
     ロウはベッドから降り、若干フラフラとした足取りで救護室を出た。残った晴奈は、その後姿を呆然と見つめていた。
    「人違いだとでも言うのか!? 馬鹿な、あの顔と歯は間違いなくウィルだ!」
    「姉やん、自分ここ病室やって言うたやん。静かにしいや」
     まだ横になったままのシリンに注意され、晴奈は慌てて口を押さえた。
    「っと、すまぬ。……だから、私はお主の」
     シリンの呼び方を咎めかけたが、そちらの方はもうどうでもよくなってしまったので、何も言わずにおいた。
    「……まあ、いいか」



     救護室から逃げるように出て行ったロウは、心の中で葛藤していた。
    (あの女、オレを『ウィル』と呼んだ。ウィル……、何か、懐かしいような気がする。もしかしたらオレは、ウィルと言うヤツだったのかも知れない。
     あの猫女は、オレの過去を知っているのか? でも……)
     ロウの脳裏に、シルビアや子供たちの顔が浮かんでくる。
    (オレが過去を思い出して、『ウィル』って言うヤツの、その境遇に戻らなくちゃならなくなったら、今の生活は一体どうなる?
     シルビアはまた、不安な夜を過ごさなくちゃならなくなる。ガキどもも、またシルビアが一人で面倒見なきゃいけなくなるだろ?)
     ロウは短く首を振り、独り言をつぶやいた。
    「……オレは今の暮らし、変えたく無いんだ」

     教会に戻ると、子供たちが出迎えてくれた。
    「ロウさーん! おかえりー!」
    「おう、ただいまー」
     ロウが前回のエリザリーグで優勝した際、その賞金はすべて教会及びシルビアに寄付した。教会はその莫大な寄付金で綺麗に修繕され、穏やかに暮らせるようになった。
    「おかえりなさい、ロウさん」
     シルビアが笑顔で出迎える。
    「ああ、ただいま。いやー、今日は疲れたぜ。ほら、賞金」
    「勝ったの? 勝ったの?」
     チノの声に、ロウは苦笑いを浮かべる。
    「いや、引き分けだった。相手もエリザに行ったヤツでさ、苦戦したぜ」
    「おつかれさま、ロウさん」
     アズサが手渡した飲み物を受け取り、ロウはいつものように一息で飲み干す。
    「……ぷは。いやー、うまいわぁ」
    「ねえ、ロウさん」
     シルビアが切なげな顔で、ロウの手を引く。
    「いつまで頑張るのですか?」
    「えっ」
     シルビアの手を握る力が強くなる。
    「だって、もうお金は十分手に入りましたよ。全部で150万クラムもあります。これだけあれば、わたしたちは十分暮らして行けます。もう危ないことは、しないでいいんですよ」
    「……いや、シルビア」
     ロウはシルビアの手を握り返す。
    「オレ、何て言うかその、ちょっと、思うことがあるんだ」
    「えっ?」
     ロウの言葉を聞き、トレノとレヴィがイタズラっぽい笑いを浮かべる。
    「もしかしてロウさん、シスターと……」「あつあつー」
     シルビアは顔を真っ赤にしてうつむく。ロウは苦笑しつつ、それを否定した。
    「バッカ、そうじゃねーよ。オレが思ってるのはな、お前らみたいなヤツらのことだよ」
    「この子たち、みたいな……?」
    「ああ。このゴールドコーストにはまだまだ、コイツらみたいに身寄りの無い子が溢れてるだろ? できる限り、助けたいと思ってさ。だから、孤児院みたいなの作ろうかなって」
    「まあ……!」
     ロウの考えを聞いたシルビアは、嬉しそうに微笑んだ。
    「ロウさん、あなたは本当に神様みたい……! そんなことまで考えてくださるなんて! 本当に、ありがとうございます!」
     シルビアは嬉しさのあまり、ロウに抱きついた。
    「お、おいおい。そこまで感動するなよ、オレはただ……」
    「あっつあつー」「あっつあつー」
     抱き合う二人を見て、子供たちがはやし立てていた。



     その晩、ロウは夢を見た。
     どこかの川の真ん中に、自分が立っている。目の前には、あの猫侍がいる。
    「何……、だと?」
     猫獣人は自分を睨みつけながら、半ば驚いたような顔で尋ねてくる。
    「ずっと……たかった」
     自分が何かを言っている。だが激しい水音で、自分で何を言っているのか聞き取れない。
    「……」
     だが、相手には伝わっているらしい。猫女の顔色が、ひどく青くなってくる。自分はなお、何かを叫んでいる。そしてこの一言だけ、妙にはっきりと聞こえた。
    「オレは本当、戦うことが好きだったんだ」

    「……!」
     ロウは飛び起きた。隣のベッドで眠っていたシルビアが、薄目を開ける。
    「……どうしたのです、ロウさん?」
    「い、いや。何でもねえ」
    「そう、ですか……、すう」
     シルビアは目を閉じ、すぐにまた眠った。
    (『戦うことが好き』、……だって? あれは、オレの言ったことなのか?
     オレが孤児院を建てるって言ったことは、間違いなく本心だけど。でも、その真意は、単に戦う理由がほしかったってだけ、なのか?
     おいおい、何をバカなこと考えてるんだ、オレは。オレがオレの心を理解できない、見知らぬオレに振り回されるなんてこと、あるわけねーじゃん。そうさ、これはただの夢。セイナが勝手なことを言ったから見た夢だ)
     ロウは布団をかけ直し、目を閉じる。段々と眠気が押し寄せる中、ロウはちょっとした疑問を抱く。
    (あれ……? オレ、何であの女の名前、知ってるんだ……?
     セイナって、どこで聞いたんだっけ……?)
     その答えを導き出すことも無く、ロウは眠りに就いた。

    蒼天剣・黒幻録 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・黒幻録 4】へ
    • 【蒼天剣・交差録 1】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    ウィルバー、改めロウが善人になった考察は、また後ほど。
    彼の場合も、記憶が戻らないまま物語は進行していきます。

    NoTitle 

    おお、ウィルマーくんはいい人になってますね。
    いや、もともといい人・・・というわけでもないか。粗野なところは変わらないですけど。まあ記憶が戻らないまんま過ごしていく人もいますけどね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・黒幻録 4】へ
    • 【蒼天剣・交差録 1】へ