FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第4部

    琥珀暁・改国伝 5

     ←琥珀暁・改国伝 4 →クルマのドット絵 その77
    神様たちの話、第173話。
    あふれる「お気持ち」。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     街で贈り物を受け取ったものの、ハンが「皆に内緒で私物化するわけには行かない」と主張したため、二人は王宮に戻った。
    「どーするんです?」
    「とりあえず倉庫だな」
    「りょうかーい」
     と、倉庫の入口で、二人はエリザに出くわす。
    「あら、おかえり」
    「ただいま戻りました」
     ハンが敬礼したところで、エリザはマリアが芋を抱えているのに気付く。
    「どないしたん? お芋さん、仰山抱えて」
    「街の人からいただいたんですー」
    「あら、アンタらもかいな」
     そう返したエリザに、ハンは意外そうな顔を見せる。
    「と言うことは、エリザさんも?」
    「せやねん。何や、お魚さんやらカボチャさんやら、仰山な」
    「自分でこっそり食べようとはしなかったんですね」
    「いやいや、アタシ一人で食える量とちゃうねんよ。マリアちゃんやあらへんのやし」
    「んもお、エリザさんまでそーゆーこと言うー」
     むくれるマリアに、エリザはけらけらと笑って返す。
    「アハハ……、ほんでな、とりあえず倉庫入れとこか思てな。ソレに、勝手にアタシがガメたら、ハンくん怒るやんか」
    「ええ、全く以てその通りです」
    「せやからこうしてな、後でみんなで食べれるよーに置いとこか思たんよ」
    「なるほど」
     うなずきつつ、ハンは倉庫の中をのぞく。
    「……ふむ」
     倉庫の中には、エリザがもらってきた食糧が4、5袋も積まれていた。
    「これだけの量を、今日一日で?」
    「昨日もやね」
    「それでもかなり多いですね」
    「みんなの『お気持ち』の現れやね」
    「……どうしましょうか」
     エリザも倉庫の中をのぞき、こう提案した。
    「いっぺん、お祭りみたいなんしたらどないや?」
    「お祭り?」
    「防衛戦からこっち、公布するばっかりで、他には『国事行為』っちゅうか、ソレらしいコト何もしてへんやん? ええ機会やないの」
    「なるほど。確かにこのまま倉庫に収めておくのも、誰かが独り占めするようなことも、できませんからね。皆に還元する形であれば、俺も納得できます」
    「ほなすぐ準備しよか」
    「え?」
     ぎょっとするハンに、エリザが袋を指差して続ける。
    「日持ちせえへんのんもあるからな。早いうちにさばかへんと、なんぼ寒いトコやっちゅうても腐らしてまうし」
    「なるほど、言われてみれば。……エリザさん」
     ハンは軽くエリザをにらみつつ、トゲのある口調で尋ねる。
    「まさかもう既に告知しただとか、そう言うことは無いでしょうね?」
    「せーへんて。毎度毎度アンタ怒らせてもしゃーないやん。そもそも今考えついたコトやし」
    「それは大変助かりますね。……ん?」
     と――先程のハンたちと同じように――遠征隊の兵士たちが何人か、袋を持って近付いて来る。
    「失礼します、隊長」
    「その袋は何だ?」
     尋ねたハンに、兵士たちは異口同音に答える。
    「街の方から、『贈り物』だと」
     ハンとエリザは顔を見合わせ、耳打ちし合った。
    「この調子やと、お祭り、3日はでけるんとちゃうか?」
    「それはやりすぎでしょう。……市民のご厚意を考えれば心苦しいですが、何かしら制限を設けないといけませんね」



     翌日、遠征隊は街の広場に会場を作り、街の皆に料理を振る舞っていた。
    「どんどん食べて下さーい」
    「全部無料ですよー」
     元々の、エリザやハンを始めとする遠征隊の人気に加え、異国の料理が食べられると言うこともあってか、山ほどあった食糧も、夕方には半分以下に減っていた。
    「一気に無くなりましたね」
     空になった袋を折りたたむハンに、エリザは別の袋を広げつつ応じる。
    「ソレはええねんけどなー」
    「と言うと?」
    「お祭り言うても今んトコ、ご飯もん出しとるだけやん? 何や、見世物でも欲しいなー思てな」
    「と言っても、芸のできるような人間は隊にいませんし」
    「アタシが魔術でチョイチョイしたろかなぁ」
    「昔見せてもらった、蝶や花を空中に描くあれですか? 確かに素晴らしいですが、それ一つでは場が持たないでしょう」
    「せやねんなぁ。うーん……」
     と、二人であれこれと話していたところに、慌てた様子の遠征隊と王国兵数名が現れた。
    「隊長! ここでしたか」
    「どうした?」
    「(大変、)……コホン、大変です! ノルド王国から国王陛下と家臣、そしてその従者らが、こちらを訪ねてきております!」
    「ノルド……王国?」
     状況が分からず、ハンもエリザも、揃ってけげんな表情を浮かべた。

    琥珀暁・改国伝 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・改国伝 4】へ
    • 【クルマのドット絵 その77】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・改国伝 4】へ
    • 【クルマのドット絵 その77】へ