FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第4部

    琥珀暁・交誼伝 3

     ←琥珀暁・交誼伝 2 →琥珀暁・交誼伝 4
    神様たちの話、第182話。
    シェロの評判と謎。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     ビートはどこかためらいがちに、言葉を選ぶようにして話す。
    「あいつ、誰かと仲良くするって言うのが苦手なんですよ。いえ、苦手と言うよりも、正確には人付き合いを、軒並み拒絶してるようなものですけど」
    「拒絶?」
    「基本的に誰ともまともに話さないですし、僕とマリアさん以外には、仕事以外でつるむ人間もいないみたいですし。あいつが一度、尉官のことを『人間嫌い』と言っていたことがありますが、僕からすれば、あいつの方がよほど、人を遠ざけてるように感じます」
    「まあ」
     クーは目を丸くし、マリアに顔を向ける。
    「あなたとビートだけ?」
    「そうですねぇ」
    「ハンとは如何なのかしら」
    「尉官とも、全然ですねー。尉官の方も人をあんまり誘いませんし」
    「ああ、左様でしたわね。……でも、それなら何故、シェロはハンの下に?」
    「さあ……?」
     問われて、ビートも首を傾げる。
    「測量班結成の際、僕が招集された時にはもう、シェロがいたんですよね。その時、僕の方からは自己紹介したんですけど、シェロは階級と歳だけしか言わなくって。その後来たマリアさんにも、同じことしか言いませんでしたね」
    「気になりますわね」
     そう返したクーに、ビートが釘を刺す。
    「班の掟と言うか約束事と言うか、尉官からは『相手が言いたくないことは聞くな』と厳命されています。殿下も覚えがあるでしょう?」
    「そうでしたわね。では、わたくしが尋ねたとしても」
    「まず答えないでしょうし、その前に尉官が止めに入ると思います」
    「どちらにしても、さほど興味はございませんわね」
     一転、クーは表情を変え、ビートに笑いかけた。
    「ではビート、あなたは経緯を教えて下さるわね?」
    「え?」
    「マリアが測量班に配属された経緯は以前に伺いましたけれど、あなたについてはまだ伺っておりませんもの。教えていただけるかしら」
    「あー、はい。大したことは特にありませんが、それで良ければ」
     そう前置きし、ビートは自分のことを話す。
    「15歳の時に訓練学校の魔術科を卒業して、そのまま尉官の班に配属になったってだけです。
     班の編成が――僕たちの軍では、一般的には『班長(リーダー)』『補佐(サブ)』『前衛(ポイントマン)』『後衛(テールマン)』の4人になるんですけど――招集された時、既に補佐としてマリアさんが決定してたらしいんです。で、僕が後衛、シェロが前衛ってことで」
    「そうですの? 印象としては、マリアが前衛、あなたが補佐と感じておりましたけれど」
    「年齢順の序列ってやつです。それに、厳密に『常にこのポジションでなければならない』と定めてるわけじゃないですし、状況とかその場の流れとかで、配置が変わることはよくあります。あくまで編成した当時の話ですから」
    「なんかバカにされてる気がするんですけどー……?」
     ぼやくマリアに、クーは「いいえ」と返す。
    「あなたの腕前はかねがね伺っておりましたから、むしろ前衛の方が適任なのではと言う意味で申しました。他意はございませんわ。
     では、マリアが補佐と言うことであれば、シェロの経緯については何かご存知なのかしら?」
    「あー……、と」
     マリアのふくれっ面が、一転してばつの悪そうなものに変わる。
    「あたしもそれは分かんないです、すみません」
    「いえ、お気になさらず。きっとハンの方からも、知られないように配慮してらっしゃるでしょうから。あの方、ルールと申すものに関しては――それが人の決めたものであれ、自分が定めたものであれ――縛られてしまう性分ですし、『聞くな』と定めた事柄は、本人から申し上げない限りは、誰にも明かされないのでしょう」
    「あ、それで思い出しましたけど」
     と、ビートが手を挙げる。
    「殿下。ホープ島で測量してた時に、尉官とエリザさんのことで何か、言ってませんでした?」
    「ぅえ?」
     尋ねられ、クーはうろたえた声を漏らす。
    「な、何のことかしら?」
    「僕は記憶力いいですから、ごまかせないですよ。確かに殿下は、僕に『ハンとエリザさんとのご関係をご存知なのかしら』って言ってました」
    「あわゎ……」
     泡を食うクーに、ビートが畳み掛ける。
    「勿論、掟のこともありますから、殿下の口から漏らせないと言うことであれば、無理に言わせたりするような、乱暴なことはしません。
     ですので『はい』か『いいえ』で。うなずくか振るかして下さい」
     そう前置きし、ビートは質問し始めた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・交誼伝 2】へ
    • 【琥珀暁・交誼伝 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・交誼伝 2】へ
    • 【琥珀暁・交誼伝 4】へ