FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第5部

    蒼天剣・交差録 1

     ←蒼天剣・黒幻録 5 →蒼天剣・交差録 2
    晴奈の話、第231話。
    気になるアイツ?

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「うーむ」
     その日も晴奈の座禅ははかどらなかった。じっと腰を落ち着け瞑想に入ろうとしても、どうしてもあの男の顔が頭に浮かんでくるからだ。
    「うーむ」
    「どうされたのです、セイナ?」
    「うーむ」
     フォルナが尋ねてきたが、晴奈は応えない。
    「あの、セイナ」
    「うーむ」
    「うんうんうなってんじゃないよ、呪いの人形かアンタはっ」
     見かねた朱海が、晴奈の頭をはたいた。
    「あいたっ」
    「どうしたんだよ、晴奈。ここんとこずっと、そんな調子じゃないか」
     朱海もフォルナも、心配そうな顔で晴奈を見ている。
    「あ、いえ。大したことではないのですが」
     晴奈は先日、闘技場で見た狼獣人、ロウのことを説明した。
    「ふーん……。昔のライバルに似た『狼』ねぇ」
    「前に言っていた、ウィルバーと言う方にそっくりなのですか?」
     晴奈は短くうなずき、またうなりだす。
    「うーむ」
    「うなるな」
    「あ、失敬。……どうしても気になってしまって」
    「気になる、ねぇ」
     朱海は煙草に火を点けながら提案してみる。
    「んじゃ会ってみたら? もっかい、確認してみりゃいーじゃん」
    「……ふむ」
    「それでは、わたくしもご一緒してみてよろしいかしら?」
     フォルナが手を挙げる。
    「うん?」
    「そのウィルバーと言う方は何度か、セイナの話に上がってらしたので。一度、お顔を拝見してみたいと」
    「まあ、その。本当にウィルなのか、確証はないのだが。それでもいいなら、一緒に来い」
    「はいっ」
     フォルナは嬉しそうに、晴奈の腕を取った。

     ロウが住んでいると言う教会の住所を朱海から聞き(情報料10クラム)、晴奈とフォルナは連れ添って街を歩く。
    「あ、セイナ。あの服、可愛いと思いませんこと?」
     通りに並んだ服飾店を指差し、フォルナが晴奈の手を引く。
    「ふむ。ヒラヒラしていて、少し動きにくいかも知れないな」
     晴奈の反応に、フォルナはぷくっと頬を膨らませる。
    「もう、そんな話ばっかり。たまには女の子を楽しめばよろしいのに」
    「いやいや、これでも故郷にいた頃はそれなりに装っていたぞ。まあ、『刀が使いやすいこと』が前提ではあったが」
    「そこは外せませんのね、クスクス……」
     今度は一転、笑い出す。
    「まあ、実を言ってしまうと」
    「うん?」
    「ウィルバーさんに会ってみたい、と言うのは口実ですの。本当はセイナと、久々にお散歩したいと思っておりまして」
    「はは、そうか。ま、悪くは無い」
    「……ねえ、セイナ。ひとつ、聞いておきたいのですけれど」
     また表情を変えて尋ねてくるフォルナに、晴奈は足を止めて聞き返す。
    「何だ、改まって」
    「その、ウィルバーさんのこと、セイナはどう思ってらっしゃるの?」
    「それは……、どう言う意味でだ?」
    「ご友人と思っているのか、それとも相容れない敵なのか、もしくは……、想い人、とか」
    「はは、想い人とは面白いな」
     晴奈は笑って、それを否定する。
    「それは、無いな。長い付き合いだったし、何だかんだ言って憎からず思っていたのは確かだ。それにあいつも二度、私に想いを告げてきたことがある。
     が、私はあいつのことを好敵手と思ったことはあっても、相棒だ、伴侶だと思ったことは無い。どんな境遇だったとしても、どこまで行ったとしても、恐らくは友人どまりだろうな」
    「あら、そうなのですか」
    「不満そうだな。間に何かあって欲しかったのか?」
     フォルナの言い方が引っかかり、晴奈は突っかかる。
    「いいえ、別に。満足も不満もございませんわ」
    「本当か? 何か、他意があるんじゃ……」「ございませんわ」
     本当に他意はなかったらしく、フォルナは不機嫌な顔になった。
    「そうか。まあ、変なことを言ったな」
    「いいえ、別に気にしておりませんわ」
     口ではそう言うものの、目はまだ多少不機嫌そうな色が見える。
    「……そうか」「そうですわ」
     少し気まずくなったので、二人はこれ以上この話を続けることは避けた。

     余談になるが、晴奈はとりあえずフォルナの機嫌を直すため、可愛い帽子を買ってあげた。丸く、モコモコした白い毛並みの帽子で、帽子好きなフォルナの機嫌はすぐに直った。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・黒幻録 5】へ
    • 【蒼天剣・交差録 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    基本、晴奈たちは和服ですね。
    央南が和+中華文化の土地なので、晴奈たちが着るのもそういったものになってきます。
    他にも、地域によって文化が違うので、着る服もそれによって変わります。
    中央大陸で言えば、央北はアングロサクソン的、央中はラテン的な雰囲気で捉えています。

    ちなみに。
    「蒼天剣」中、晴奈が洋服を着るのは一回だけですね。

    NoTitle 

    そう言えば、セイナとかも洋服を着ようとはするんですね。
    ユキノも何か洋服を着せてあげようとは思っているんですけどね。まあ、何かあったものがあれば検討している最中ですね。もっとも、プレイベート用なので戦闘では着ませんけどね。
    地域によって服の特色があったりするんでしょうかね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・黒幻録 5】へ
    • 【蒼天剣・交差録 2】へ