FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第4部

    琥珀暁・平岸伝 4

     ←琥珀暁・平岸伝 3 →琥珀暁・平岸伝 5
    神様たちの話、第209話。
    多大な犠牲の、教訓と報恩。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
    「はあ……はあ……」
     長い夜を過ごし、ようやく東の崖の向こう、水平線からうっすらと光が差した頃になって、状況は沈静化した。
    「ゼロだ。全隊、状況報告を」
     どうにか息を整えながら、血まみれになったゼロが、状況を確認する。
    《アンドレス班、2名死亡。残ったのは俺とギルだけだ。どっちもケガしてる》
    《エリア班、1名死亡。班長死亡につき、ウーゴが伝えています》
    《シモン班だ。何とか生き残ったが、マウロが腕を食い千切られて重体。止血はしたが、クロスセントラルまで持つかどうか……》
     各班から状況が伝えられるが、どこからも全員無事だと言う報告は無い。
    「分かった。ありがとう。全員、僕のところに集合。今から光球を飛ばすから、そこに集まってくれ」
     空に向かって光の球を打ち上げたところで、ゼロはその場にうずくまった。
    「……ひどいな」
     血が固まり、赤茶けた色に染まったひげを撫でながら、ゼロは周囲を見渡す。
    「ダニー、ヘス、……それから、セザも。僕のところは、全滅か……」
     ゼロの周囲には、その3人の無残な死体が散らばっていた。

     この戦いから奇跡的に生還したゼロは、周囲の強い説得を受け、以後の臨場を行わないと宣言した。また、戦死した者たちの家族については、ゼロが生涯厚遇することを約束した。
     勿論、この戦いにより死亡したセザについても、死の直前までゼロを守り抜いたその忠義に敬意を評し、ゼロ直々に「ナイトマン(Knightman)」の姓を贈ると共に、その息子であるシェロについても、後に創設される軍において比較的優先・優遇されるように取り図られた。



    「ま、そんなトコやね。言うたらハンくんの班に入れられたんも、将来の出世を約束するって言うたようなもんやし。……何やな?」
     ハンが渋い顔をしているのに気付き、エリザがいぶかしげな目を向ける。
    「俺自身は特に優遇したとか、ひいきしたと言う認識はありませんよ」
    「ソレ、本気で言うてる?」
     ハンの言葉を聞くなり、エリザは一転してニヤリと笑みを返し、皮肉を添える。
    「しょっちゅうゼロさんやらゲートとかの将軍やらと親密にオハナシする機会あって、『自分らは優遇なんかされてまへんで』て? 他の子らが聞いたらどんな顔しはるやろな」
    「む……」
     ばつの悪そうな顔をするハンを見据えたまま、エリザは話を続ける。
    「アタシな、今回のコトも、ソコにいっこ原因あるんちゃうか思とるんよ」
    「と言うと?」
    「言うたら、ちっちゃい頃から人生決まってしもてたようなもんやん? ゼロさんに目ぇかけられとって、軍の偉いさんと話そう思たらいつでも話せる立ち位置で。その上遠征っちゅう特殊任務にも、アンタと並んで一番に声掛けられたワケやし。
     こら『自分で人生切り開いたる』って意気込んどる若い子にとったら、一から十までうっとうしくてたまらんやろ?」
    「確かに……そう言えるかも知れませんね」
    「しかもちょっとでも自分のやりたいコトしようもんなら、やいやい文句言われて殴られるしな。アンタやったらどうやねんな? 自分のやりたいコトちっともやらしてもらえず、『俺の命令聞け』て殴られて懲罰房やで? どう思う?」
    「本当に、その件は、反省してますから」
     顔をしかめさせたハンからクーへと視線を移し、エリザはニヤニヤと笑みを向ける。
    「ま、この子がそう言うアホやらかしそうになった時は、ちゃんと止めたり、じっくりお話したりしいや」
    「ええ、承知しておりますわ」
    「なんでクーに……」
     つぶやくハンに、エリザがもう一度目を向ける。
    「ソレも分からんか?」
    「どうせ彼女が将来的に、俺の側に付くものと思ってるんでしょう?」
    「ならへん未来は無いやろ。なー、クーちゃん?」
    「ええ、それ以外の未来はございませんわね」
     笑い合う二人に、ハンは殊更苦い顔をする。
    「たった今、人生観を云々したばかりでしょう。俺は俺の相手くらい、自分で探しますよ」
    「さがす?」
     エリザとクーが同時にそう返し、また揃って笑い出した。
    「休みの日に訪ねて来たんはドコやねんな」
    「この未来は変更不可能ですわよ」
    「くっ……」
     ハンはそれ以上、何も言わなくなった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・平岸伝 3】へ
    • 【琥珀暁・平岸伝 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・平岸伝 3】へ
    • 【琥珀暁・平岸伝 5】へ