FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第5部

    蒼天剣・交差録 4

     ←蒼天剣・交差録 3 →蒼天剣・交差録 5
    晴奈の話、第234話。
    ベストマッチな武器。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     ロウはトレノ、そしてレヴィの二人を連れ添って、中央区の武具屋を訪ねた。
    「いらっしゃ……、何だ、アンタか」
     何度も通い、顔見知りになった店主が嫌そうな顔を向けてきた。これまでロウが購入した武器は一つ残らず、闘技場で壊されているからである。
    「今度は何の武器を壊すつもりだい? あんまり頻繁に通われると、ウチの信用が無くなるんだがね」
    「うっせ。……なあ、三節棍ってあるか?」
     その名前を聞いた途端、店主の顔色が変わった。
    「央南の武器だな。どこでそれを聞いた?」
    「セイナ……、コウ先生ってヤツから勧められたんだ」
    「コウ先生? ……ああ。最近闘技場で活躍してる、央南のサムライさんか。
     ふーむ……、央南の武器なんて刀と矛くらいしか無いぞ、ウチには」
    「そっか。邪魔したな」
     店を出ようとするロウに、店主が慌てて声をかける。
    「あ、あ、待て待て。ウチにゃ無いが、そうだな、裏通りにあるミツオの店なら扱ってるかも知れん」
    「ミツオ?」
    「ちょっと変わり者のオヤジだが、昔は央南とかクラフトランドだかで鍛冶屋やってたって奴だ。今でも注文されれば、刀でも槍でも作るはずだぜ」
    「そっか。ありがとよ」
     ロウは店を出て、裏通りへと入っていった。
    「手ぇ放すなよ、二人とも」
    「うん」「分かった」
     世界最大の都市であるだけに、裏通りの治安も世界最悪である。女子供が不用意に入り込めば、生きて出られないどころではない。
     とは言え闘技場で名を馳せたロウが一緒なので、トレノもレヴィもそれほど怖がってはいない。たまに寄ってくる不審者も、ロウの筋骨隆々とした太い腕を見た途端、あっと言う間に逃げ去ってしまう。
    「っと、ここか」
     入って数分ほどで、ロウたちは目的の店を見つけた。
     店の中は薄暗く、気持ちの悪い臭いが立ち込めている。
    「うえっ」「なんか、変なにおーい」
    (死ぬほど金気臭え。鍛冶屋やってるってのは、確からしいな)
     ロウたちの気配を察したのか、店の奥から鉢巻を巻いた、短耳の老人が現れた。
    「ウチに何か用かい、『狼』の御仁」
    「ああ。アンタがミツオさん?」
    「そうだ。買い物かい?」
     ロウはトレノたちを店の中に入れ、用件を伝える。
    「三節棍が欲しいんだけど、あるか?」
    「……妙なものを欲しがりますな、親父さん」
    「お、オヤジ?」
     父と呼ばれロウは一瞬うろたえたが、すぐにそう呼ばれた理由がトレノたちだと気付く。
    「あ、いや。こいつらはみなしごだよ。オレが居候してる教会で養ってもらってるヤツら」
    「そうかい、失礼した。そんで、三節棍だったな。今は無いよ」
     ここでも目的の物が無いと聞き、ロウは憮然とする。
    「……そっか」
    「頼まれりゃ作る」
     が、ミツオの言葉に一転、ロウは顔をほころばせる。
    「本当か?」
    「武器なら何でも、喜んで作らあ」
    「ありがてえ! そんで、日数はどれくらいかかる? いくらだ?」
    「そうだな、半月見てくれ。代金は、……そうだな、材料費が25000、それに手間賃やらを加えて36000クラムってところだ」
    「分かった。じゃ、先払いしとくぜ」
    「ありがとよ親父さん、……じゃねえや、旦那」



     帰りの道中、トレノたちは妙に嬉しそうにしていた。
    「うふふ……」「えへへ……」
    「どした、二人とも?」
    「おやじさん、だってー」「ロウさん、おとうさんー」
     また父と呼ばれ、ロウは照れくさくなる。
    「やめれって、へへ……」
    「ねえ、ロウさん。ほんとにさ、おとうさんにならないの?」
    「おっと、ぉ?」
     レヴィの質問に、ロウはまたうろたえる。
    「オレが?」
    「なってほしーな」「うんうん」
    「う、うーん……」
     ロウが答えあぐねていると、レヴィが続けて提案してくる。
    「それでさ、シスターにおかあさんになってもらうの」
    「ぅえ!?」
     三度うろたえ、ロウの顔は真っ赤になる。
    「ロウさん、おもしろーい」
    「かっ、からかうんじゃねーよっ」
     ロウは片手で顔を覆い、恥ずかしさを紛らわせた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.06.03 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・交差録 3】へ
    • 【蒼天剣・交差録 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・交差録 3】へ
    • 【蒼天剣・交差録 5】へ