FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第5部

    蒼天剣・交差録 7

     ←蒼天剣・交差録 6 →デジカメ入手 / キャラ紹介;晴奈(現在;第3部~第5部)
    晴奈の話、第237話。
    夢は「彼女」の独壇場。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
     ロウは夢を見ていた。
     いつもの夢――川の中であの猫獣人、セイナと戦う夢である。
    「……何だと?」
     また、セイナが問い返してくる。そしていつも通りに、ロウの意志とは無関係にロウの口が何かを言う――はずだったが、何も言わない。
    (……あれ?)
     セイナがけげんな顔を向けてくる。試しに小さく、声を出してみた。
    「……あ、あ」
    「良く聞こえぬ。何と言った、お主?」
    「あ、いや。……なあ、とりあえずココから上がらね?」
     その言葉にセイナはきょとんとし、間を置いて笑い出した。
    「……ぷ、くふ、ふはははっ。……相分かった、向こうの岸に戻るぞ」
     思いもよらない反応に、逆にロウが戸惑った。
    「お、おう」

     二人ともずぶ濡れの状態で川岸に上がる。横にはセイナそっくりの顔で、心配そうに見つめている猫獣人がいる。
    「あの、お姉さま。どうされたのです?」
    「どうもこうもない。こいつがようやく目を覚ましたんだ」
    (え……? 何だよ、コレ? 何でオレ、コイツと仲良く岸に上がってんだ?)
     いつもと違う展開に、ロウはきょろきょろと辺りを見回す。
    「どうした、ウィル」
    「あ、いや、えっと、……何だコレ?」
    「何だも何も、お主の夢では無いか」
    「そうだけどよ、いや、そりゃ分かってんだけどよ。いや、でも、いつもはオレ、あの川に流されて……」
     セイナは笑いながら、刀を納める。
    「く、ふふっ。そう、いつもはな。ほら、あそこを見ろ」
     セイナの指差した方を見て、ロウは我が目を疑った。
    「お、おい!? あそこで流されてんの、オレじゃねーか!」
    「そうとも。アレはキミに取り憑いていた『修羅』だ」
    「修羅だと?」
     セイナは髪を拭きながら、いつものいかめしい雰囲気とはまるで違う口調で説明する。
    《キミはずっと、戦いに取り憑かれていた。戦うことが好きで、ずっとそればかり求めてた。
     度を過ぎた欲求ってのは、誰かに利用されやすいもんだ。だから戦争で貧乏クジばっかり引かされて、最期にはああして溺死してしまった。
     でも、悪いコトもたまには役に立つんだね――タイカさんがキミに、ある罰を与えていた。コレまでずーっと酒池肉林に溺れていた報いを与えるため、キミの記憶を封印してゴールドコーストにほっぽりだしたのさ》
     拭き終わったセイナの髪が、バサバサとした油っ気の無い黒髪から、プラチナを思わせるふんわりとした銀髪に変わっている。尻尾も耳も、フサフサとした真っ白い毛並みだ。
     続いてセイナは、ぐしょぐしょに濡れている道着を脱ぎ始めた。
    《本来ならキミは、誰にも助けられないまま浮浪者になっていただろう。でもあのシスター、シルビアが助けてくれた。キミの身だけじゃなく、キミの性根もね。
     今のキミは、ホントにいいヤツだ。……それだけに惜しいんだけどなぁ》
    「惜しい……?」
     道着を脱いだ下に、フワフワとしたベストとスラックスが着込まれていた。だが、濡れている様子はまったく無い。
     セイナは目をつぶり、話を続ける。
    《二つ、予言しよう。
     一つ目、キミは今季のエリザリーグ、きっと優勝するよ。賞金も手に入るし、それで念願の孤児院も建てられる。
     でもね、二つ目――》
     目を開けたセイナの左目は、その髪と同じ銀色だった。右目はさっきと同じ、いや、さっきよりも深い、黒い瞳になっている。
    「……お前、セイナじゃねーな」
    《え、今気付いたの? く、ふふっ、……だからダメなんだ。もっと気を付けないといけないよ、ロウ。
     気を付けなきゃ、皆を護れないからね》
    「何だと? それは、どう言う意味……」
     セイナ、いや、白猫はパチリとウインクして、その姿を消した。
    《ああ、二つって言ってたけど、三つ目の予言。
     キミはもうこの夢――『過去』を見るコトは無い。今のキミに見えているのは、『未来』だから》



    「……!」
     目を覚ますと、もう朝になっていた。
    「あ……」
     シルビアのベッドに、よだれが付いている。
    「おっと、いけねっ」
     ロウは慌ててシーツをはがし、洗濯籠に放り込んだ。
     と、そこで子供たちと会う。
    「あ、ロウさ……、お父さん、おはよー」
    「ぅえ? おとうさん?」
     ここでようやく、ロウは昨夜シルビアにプロポーズしたこと、そして子供たちに「自分が親になる」と宣言したことを思い出した。
    「……お、おう。おはよう」
    「おはよー、お父さん」
     子供たちにそう呼ばれる度、尻尾の先がむずがゆくなる。
    「……へへ、ああ、おはよう」
     子供たちと連れ立って居間に向かうと、既にシルビアが朝食を用意してくれていた。
    「おはよう、シルビア」
    「おはようございます、……あなた」
    「うへ、『あなた』かよぉ」
     たまらず、ロウは尻尾をかき始めた。
    「……おかしいですか?」
    「おかしかねーけどよ、やっぱ照れる」
     ロウにそう言われ、シルビアは顔を赤らめた。
    「わたしもです。……もう、顔から火が出そう!」
     しゃがみこみ、顔を覆ったシルビアに対し、ロウも座り込む。
    「よろしく、な」
    「……はい」
     こんな風に甘い朝だったので、ロウはもう白猫の夢を忘れてしまっていた。
     その、何か気がかりで、不安に満ちた夢を。

    蒼天剣・交差録 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・交差録 6】へ
    • 【デジカメ入手 / キャラ紹介;晴奈(現在;第3部~第5部)】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    ひとまずは、ロウの幸せが際立った回でした。
    ある意味夢オチかも。

    NoTitle 

    今回はロウによるロウのためのお話でしたね。
    夢オチ!!なんてことじゃなくて良かったです。おめでとう!!
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・交差録 6】へ
    • 【デジカメ入手 / キャラ紹介;晴奈(現在;第3部~第5部)】へ