FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 12 ~ ウルフ・クライ・アゲイン ~ 1

     ←双月千年世界 徒然考察;『兵器史観・2』 →DETECTIVE WESTERN 12 ~ ウルフ・クライ・アゲイン ~ 2
    約9ヶ月ぶりのウエスタン小説、第12弾。
    笑うならず者。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「……ってわけさ」
    「へぇ」
     二人の男が、高い塀の上で煙草の煙をくゆらせながら談笑していた。
    「じゃああんた、4回も結婚したってことか?」
    「そうなる。全部、ケンカ別れしたけどな。いや、どれもこれもひでえ話だぜ? ロマンもクソもありゃしねえ。
     最初の女はコブ付きだったんだけどもさ、それでもいいっつって一緒になったらよ、これがまあ、朝から晩までぎゃーぎゃーわめき倒しなわけさ。口を開けばすぐ、『ちょっとはケビンのことも見てあげてちょうだい』だぜ? あ、ケビンってのはそのコブの名前な」
    「ああ」
    「朝飯食ってたらケビン、銃の手入れしてたらケビン、酒瓶手にしたらケビン、何でもケビン、ケビン、ケビン! ケビンのこと構って! 自分のことばかり考えないでよ! ってうるっせえの何の!
     だもんで最後は俺がブチギレて、女の顔張って出てったってわけさ。いや、もうそん時に『二度とコブ付きの女とは付き合わねえ』って胸に誓ったよ、マジでさ」
    「たまんねえやな、そんなもん。俺だって御免こうむるね」
     そこで二人はゲラゲラ笑い、煙草を捨てる。
    「それが、……えーと、66年? だっけか」
    「ああ。んで半年くらい放浪して、どこだかの街で見付けた商売女といい感じになってよ」
    「そいつと2度目の結婚?」
    「そうだ。だけどもよ、こいつもひでえヤツでな。
     よし、こいつのために一丁、真面目になろうって決心して仕事に励んでたってのに、ある日ケガしちまって早引けして家に帰ったらよ、ベッドにかかってた毛布がもこもこ揺れてんだよ。まさかと思って毛布ひっぺがしたら、そいつと間男が、びっくりした目で俺を見上げてるんだよ」
    「クソみてえだな」
    「ああ、クソだ。たまらず俺は、その場で蜂の巣にしたよ。二人をな」
    「それでパクられたのか?」
    「いや、そん時はすぐ逃げたからな。ま、それでまた放浪して、女と仲良くなって、結婚して、浮気されてキレて、をその後、2回も繰り返してよ、……ああ、俺って男はつくづく、マトモな生き方ができやしないんだなって痛感したってわけさ」
    「たまらんね。俺だったら神を呪うところだ」
    「俺もさ。だから呪ってやったよ。たっぷりな」
    「それが『ライダーズ』の話か?」
    「ああ。色々派閥はあるけども、この国のヤツらは大抵、そいつのしもべだからな。そいつの御元にたっぷり送りつけてやったよ。100人か、200人か、もっとだったかな――とにかく、たっぷりだ。
     そんなこんなでとうとう、俺には『血塗れの狼(スカーレット・ウルフ)』なんて言う、ご大層なあだ名が付いたってわけさ。地獄に行った時にはさぞや、並み居る悪魔たちが俺を褒め称えるだろうぜ」
     そこで彼――ウィリス・ウォルトンは立ち上がり、塀の下を見下ろす。
    「で、ダリウス。もうそろそろか?」
    「もうじきってとこだな」
     隣りにいたDJも同じように立ち上がり、地平線の向こうを指差す。
    「ああ、あれだな。もっかい確認しとくぜ」
    「ああ」
    「向こうが合図したら、俺たちは飛び降りる」
    「オーケー。ジャンプだけってんなら、馬の上で投げ輪回すよりよっぽど楽さ」
    「いざって時にブルったりすんなよ? 時間はあんまり無えんだからよ」
    「言ったろ? 俺はマトモじゃねえんだよ。飛べってんなら向こうが断崖絶壁だろうが滝壺だろうが、業火渦巻く地獄の底だろうが、すぱっと飛んでやるよ」
    「ひゃあ、頼もしいね」
     と、二人の背中に怒り狂った声がぶつけられる。
    「囚人59号! 146号! ただちにそこから降りてこい! 既に発砲許可は降りている! 降りて来なければ射殺するぞ!」
    「言ってろ。撃つ度胸なんか無えクセに」
     DJは嘲った笑いを浮かべつつ、ウィリスに目配せする。
    「じゃ、そろそろ行くか」
    「ああ」
     二人はニヤリと笑い――塀から飛び降りた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【双月千年世界 徒然考察;『兵器史観・2』】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 12 ~ ウルフ・クライ・アゲイン ~ 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【双月千年世界 徒然考察;『兵器史観・2』】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 12 ~ ウルフ・クライ・アゲイン ~ 2】へ