FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 12 ~ ウルフ・クライ・アゲイン ~ 4

     ←DETECTIVE WESTERN 12 ~ ウルフ・クライ・アゲイン ~ 3 →DETECTIVE WESTERN 12 ~ ウルフ・クライ・アゲイン ~ 5
    ウエスタン小説、第4話。
    むかしむかし。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     アデルがホットドッグセットを2つ手にして戻って来ると、リロイがベンチから立ち上がり、隣のベンチを動かし始めた。
    「大人が4人横並びで、ってのも変だしね」
    「あ、手伝います」
     ホットドッグセットをエミルに渡し、アデルはリロイと一緒にベンチを持ち上げ、向かい合わせに置き直す。
    「ありがとう」
     リロイがベンチに座り直したところで、彼の猫も元通り、膝の上に収まる。
    「あと50分くらいかな。……一足先に食べちゃったし、話でもする? プレゼントどこで買おう、とか」
    「あたしまだ食べてるじゃん」
     娘に半分残ったホットドッグを示され、リロイは「ありゃ」と苦笑いする。
    「手持ち無沙汰なのは僕だけか。新聞はセイナがカーペットにしちゃってるしなぁ」
    「じゃ、聞かせてくれない?」
     エミルにそう言われ、リロイはきょとんとした顔をする。
    「聞かせるって、何を?」
    「局長がウィリス・ウォルトンのことで熱くなる理由よ。単に凶悪犯だって言うなら、今までに何人もいたはずでしょ? 何故『ウルフ』にだけ、そんなに執着するのかしら? まさか『狐と狼』だからってわけじゃ無いでしょ?」
    「あー、それか。うーん……」
     リロイは猫の頭を撫でながら、困った顔をした。
    「言っていいのかなぁ。でももう四半世紀以上も前の話だしなぁ、……じゃあ、まあ、いいか。
     君たちもアーサーと面識があるから、『FLASH』のことは聞いてるよね」
    「ええ。南北戦争の時、あなたと局長とボールドロイドさんが結成した諜報チームのことよね」
    「ちょっと違う」
     リロイは肩をすくめ、訂正した。
    「確かに僕とジェフとアーサーは『FLASH』メンバーだった。でも2人足りない。『S』ことジョナサン・スペンサーと、『H』ことハワード・ヒューイットがね。
     ……そう、それこそが正に、今なおジェフが、ウィリス・ウォルトンを憎む理由なんだ」



     1864年、S州某市の沿岸にて――。
    「まさかあれで沈むとは思わなかったねぇ」
    「部品をいくつか、ブリキに換えただけなんだがな」
     彼らの視線の先には、ぶくぶくと泡を吹き出しながら海に沈んでいく艦があった。
    「しかし北軍への被害は阻止できなかったな。スループ船が一つやられてしまった」
    「ま、いいじゃあないか、A。おあいこってことさ」
    「まったく君は楽天家だな、F。我が軍が被害を受けたと言うのに」
     眼鏡をかけた同僚に皮肉られるが、F――ジェフはくっくっと笑って返す。
    「作戦の主眼は海上封鎖妨害の阻止だし、それはまったく問題無いだろう。南軍も艦が『原因不明の事故』で沈んだんだから、これ以上、この線での妨害工作は諦めるだろう。仕事は全うしたさ。何でも解釈次第だよ、S。何でもいい方に考えてなきゃあいけない」
    「やれやれ、君って奴は」
     呆れるジョナサンを尻目に、ジェフは皆に号令をかけた。
    「それじゃあ『FLASH』諸君、帰投するとしよう。いつまでも潮風を味わっているわけにも行かんからな」
    「アイ・サー、了解であります」
     おどけた仕草で敬礼するリロイに対し、ハワードがフン、と鼻を鳴らす。
    「どうせ本部に帰ったらまたすぐ次の指令だろう? しらばっくれて3、4日くらい羽根を伸ばしたいところだがね」
    「そうも行くまい」
     と、アーサーがハワードを咎める。
    「戦況が北軍優勢となって久しいとは言え、戦争の長期化は合衆国にとってもダメージだ。このまま2年、3年と長引けば、北軍が勝利したとて、そこで旧大陸やロシアからの攻勢を受ければひとたまりもあるまい。
     我々は北軍の、いいや、合衆国の一員として、戦争の早期終結に尽力せねばならんのだ」
    「フン、ナショナリズムか。今もって俺には理解できんね」
    「『俺にとって大事なのはカネと戦後の保障だ』、だろう?」
     ジェフはニヤッと笑い、ハワードの肩を叩く。
    「それなら帰ってカネを受け取ろうじゃあないか。どうせ羽を伸ばすにせよ、先立つモノが無いんじゃあ仕方が無い」
    「……あんたには負けるよ、いつも」
     しかめっ面をしていたハワードも破顔し、ジェフと肩を組んだ。
    「よーし、それじゃ帰投だ。全員、回れ右!」
    「はいよー」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    南北戦争時代、なんと南軍は潜水艦を開発していたとか。
    北軍の艦を沈めると言う戦果も収めており、
    次話で説明する海上封鎖を破る決定打となるやも、
    と言う期待も寄せられたのですが、帰投中に沈没してしまいました。

    沈没の原因は諸説ありますが、不明。
    何か、予想外の事態に見舞われたのかも知れません……。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 12 ~ ウルフ・クライ・アゲイン ~ 3】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 12 ~ ウルフ・クライ・アゲイン ~ 5】へ

    ~ Comment ~

    管理人のみ閲覧できます 

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 12 ~ ウルフ・クライ・アゲイン ~ 3】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 12 ~ ウルフ・クライ・アゲイン ~ 5】へ