FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 12 ~ ウルフ・クライ・アゲイン ~ 8

     ←DETECTIVE WESTERN 12 ~ ウルフ・クライ・アゲイン ~ 7 →DETECTIVE WESTERN 12 ~ ウルフ・クライ・アゲイン ~ 9
    ウエスタン小説、第8話。
    闇夜の銃撃。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    8.
     快晴ながら、この晩は新月であり、町の中は闇夜に包まれていた。
    「人間、闇の中じゃあ満足な仕事はできない。灯りを必要とする」
     説明しかけたジェフを、ハワードがさえぎる。
    「分かってる。その灯りを頼りに南軍を探せと言いたいんだろ?」
    「うむ、その通りだ」
    「いつも思うが、君はやたら冗長的に、かつ、勿体ぶって説明するきらいがある。流石は元イギリス人だ」
     皮肉を挟むジョナサンに、リロイが突っ込む。
    「君だってそうだろ? 似た者同士だよ」
    「そうは思わんね」
     じゃれあっていたところで、アーサーがそれを止めに入る。
    「作戦行動中だ。無駄なおしゃべりはそこまでにしたまえ」
    「はいはーい」
     と、程無く川岸に、人だかりができているのを発見する。
    「……方向……右へ……」
    「……調整……急げ……」
     わずかに聞こえてくる話し声から、一行は南軍であることを確信する。
    (頼んだ)
     ジェフがトン、トンとアーサーの肩を叩き、狙撃を促す。アーサーは返事をする代わりに、肩に提げていたシャープス銃を手に取る。
     一瞬の間を置き、アーサーは引き金を絞った。



     銃声を聞きつけ、北軍基地は大騒ぎになっていた。
    「確認したところ、基地内で発砲した者はおりませんでした!」
    「では間違い無く、外からの銃撃と言うことだな!?」
    「はい」
     下士官からの報告を受け、基地司令はガタン、と椅子を蹴飛ばして立ち上がる。
    「今すぐ周辺警戒に当たれ! 敵が攻めて……」
     と、その瞬間――どごん、と大きな炸裂音が、司令室に届いた。
    「……っ、な、ん?」
     怒鳴りかけていた司令も、かしこまっていた下士官も、揃って窓の外を確認する。
    「対岸に……」
    「……火柱?」
     何が起こっているのか分からず、司令も下士官も、顔を見合わせるばかりだった。



     アーサーが放った弾は寸分違わず、M1857の側に置いてあった火薬樽を撃ち抜いていた。
     そしてキャリバー弾が樽の中で起こした摩擦は、黒色火薬を発火・爆発させるに十分な熱量を発生させ――当然の結果として、樽を中心として大きな火柱が上がり、そこに固まっていた南軍兵士たちは瞬時に、木っ端微塵に吹き飛ばされた。
    「やった!」
     まだ川岸に残る炎が、ハワードの上気した顔を赤く照らす。
    「油断するな」
     アーサーがシャープス銃を肩に掛けつつ、ハワードの肩を叩く。
    「まだ敵が残っているかも知れん。うかつに動くな」
    「うむ、Aの言う通りだ。それに、補給線の回復は南軍にとって死活問題だ。これで諦めるとは考えにくい。
     次の行動に備え、我々も一度態勢を整え直そう」
    「了解」
     まだ燃えている川岸を背に、5人はその場から立ち去ろうとした。

     その時だった。
     わずかな破裂音が彼らの背後で鳴り、そして彼らの真ん中から、どさっと重たげな音が響いた。
    「なんだ?」
     ジェフは辺りを見回すが、闇夜の中のため、状況がつかめない。一行の無事を確かめるため、彼は小声で呼びかけた。
    「L?」「い、いるよ」
    「A、無事か?」「問題無い」
    「Sは?」「ここだ」
    「H? 大丈夫か?」
     リロイ、アーサー、ジョナサンからはすぐに返事が返って来たが、ハワードの声が聞こえて来ない。
    「H? ハワード? どこだ?」
     何度も声を掛けるが、ハワードは答えない。流石のジェフもうろたえ、一歩、二歩と脚が勝手に動く。
     そして――ジェフの爪先に、何か柔らかく、そして重たいものが当たった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 12 ~ ウルフ・クライ・アゲイン ~ 7】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 12 ~ ウルフ・クライ・アゲイン ~ 9】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 12 ~ ウルフ・クライ・アゲイン ~ 7】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 12 ~ ウルフ・クライ・アゲイン ~ 9】へ