FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第5部

    蒼天剣・錯綜録 2

     ←蒼天剣・錯綜録 1 →蒼天剣・錯綜録 3
    晴奈の話、第239話。
    年増二人のカップリング作戦。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     ある日。朱海は突然、フォルナに休みを取らせた。
    「フォルナ、アンタしばらく休んでないだろ? 今日は小鈴に手伝ってもらうから、遊んでおいで」
    「え、でも……」
    「たまにゃ、ゆっくり羽を伸ばしな。ここんとこずーっと働き詰めだったろ?」
    「……では、お言葉に甘えて」
     フォルナは着かけていた割烹着を脱ぎ、厨房に入っていた小鈴に頭を下げた。
    「よろしくお願いします、コスズさん」
    「ん、任せといてー」
     フォルナは2階に上がり、晴奈に声をかける。
    「セイナ、わたくし今日お休みをいただきました。良ければ一緒に、お買い物でもなさいませんこと?」
    「あー、そうしたいのは山々なのだが」
     晴奈は残念そうな顔をして、腰に差した刀をポンと叩く。
    「今日は試合がある。すまぬな、フォルナ」
    「あ、いえ。……では、わたくし一人で遊んでまいりますわ」
     フォルナは多少がっかりしたが、それでも久々の休日である。お気に入りの赤いルーズ帽をかぶり、いそいそと出かけていった。

    「……よーし。まずは第一段階突破だな」
    「どーなるコトやら」
     フォルナが出たことを確認し、朱海と小鈴はニヤリとほくそ笑んだ。
    「ま、後はあの小僧次第だけどな」
    「あっちにはもう伝えてんの?」
    「もちろん。あの子が行きそうな店は全部伝えてある。帽子屋に小物店、雑貨屋、その他諸々。ま、いつもウチをご愛顧いただいてるサービスってコトでな」
     朱海たちの思惑など知らない晴奈は、「二人して何をコソコソと……?」と首をかしげながら闘技場へ向かった。



     一人で街へ出たものの、フォルナはあまり楽しくない。
    「はぁ……」
     これまではフォルナの事情を考え、二人で出かけるようにしていた。
     だが故郷を離れてから既に半年以上が経っているからか、追っ手の姿はこれまで一度も見たことは無い。念のために帽子もかぶっているため(最近ではファッションと化しているが)、自分の正体が気付かれる可能性は低く、現在彼女に危機が迫ることは無い。
     だから一人で出歩いても問題は無いのだが、話し相手がいないと多少物足りない。
    「こんな日に、お休みにしなくても……」
     若干残念に思いながらも、フォルナはお気に入りの店をブラブラと渡り歩いていた。と、可愛い黄色のニット帽を見つけ、思わず声を上げる。
    「まあ! ねえセイナ、見て、……と、いなかったわね」
     反射的に声をかけてしまい、フォルナは少し赤面する。と――。
    「あ、あの、可愛いと思いますよ」
    「えっ?」
     突然後ろから、声をかけられる。驚いて振り向くと、そこにはあの頼りなさげな「狐」の青年――スーツや中折れ帽がかもし出す雰囲気は青年と言えなくも無いが、その顔はどうとらえても少年に見える――が立っていた。
    「あら、エラン?」
    「はは、き、奇遇ですね。街を歩いてたら、その、フォルナさんの姿を見かけたので」
     勘のいいフォルナは、そのたどたどしい口調からピンと来た。
    「……アケミさんから伺ったのかしら?」
    「えっ? い、いや、違いますよ。偶然です、偶然」
    「そうかしら?」
     フォルナはひょい、とエランの懐から見えていた紙を取り上げる。
    「あっ」
    「『フォルナは帽子が大好きだから、きっと帽子屋の周辺にいるはずだ。そこで偶然を装って声をかければ……』、と。これは予言書かしら?」
    「……うぅ」
     エランは背を向け、がっくりと肩を落とした。
    「もうダメだぁ……。何でこう、ドジばっかり踏むんかなぁ」
    「あの、エラン?」
    「こんなんやから母さまに『アンタもうちょっと、ええとこで鍛えてもらわなあきませんなぁ』とか怒られるんや……」
    「エラン、どうされましたの?」
    「職場でも『へたれのお坊ちゃん』ってバカにされとるし……」「エラン!」
     うつむきがちにブツブツと嘆くエランに苛立ち、フォルナは思わず声を荒げた。
    「ひゃっ、はいぃ!?」
    「店先でそんな風に重たく振舞われては、お店の迷惑になりますわ。ともかく、どこかで落ち着きませんこと?」
    「え……」
    「わたくしとご一緒したいのでしょう? それともこのままずっと、店先でご迷惑かけるおつもりかしら?」
     エランは慌てて背筋を伸ばし、ブルブルと首を振った。
    「いえいえいえいえ、ご一緒したいですっ!」
    「では、ついてらっしゃい」
     フォルナの方が2つ下のはずだが、その口調はまるで姉が弟を諭すようだった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・錯綜録 1】へ
    • 【蒼天剣・錯綜録 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・錯綜録 1】へ
    • 【蒼天剣・錯綜録 3】へ