FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 12 ~ ウルフ・クライ・アゲイン ~ 14

     ←DETECTIVE WESTERN 12 ~ ウルフ・クライ・アゲイン ~ 13 →暑中お見舞い申し上げます
    ウエスタン小説、第14話。
    非常事態。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    14.
     アデルたちがリロイから局長とウィリスの確執を聞いた、その3日後――。
    「率直に言う。まずいことになった」
     出張に出ている者を除く全局員がリロイによって集められ、彼の口から恐るべき事態が伝えられた。
    「聡明なみんななら、ジェフじゃなく、僕がこうしてみんなを集めて話をしている時点で、何が起こっているか察したことだと思う。そう、ジェフがいなくなった」
     リロイの言葉に、ほとんどの局員は騒ぎはしないまでも、動揺を見せた。一人、ロバートだけが大声を上げる。
    「な、なんでっスか!? どこ行っちゃったんスか!?」
    「落ち着いて、ロバート。確かに君の気持ちも分かるし、周りのみんなも口に出しはしないまでも、同じ気持ちだと思う。何で分かるかって言えば、僕も同じだからだ。
     つまり、まったく分からない」
    「なっ……」
    「僕が現時点でつかんでる情報と言えば、昨晩10時過ぎ、彼の奥さんから『ジェフがこんな時間になっても帰って来ない』と電話を受けたこと、そしてここにも行きつけの店にも、彼の姿が無いことが確認できたってことくらいだ。
     今、僕の人脈を総動員して行方を追ってるけど、残念ながらまだ、このN州にいるのかどうかすら分からない状態だ」
    「手がかり無しってこと?」
     尋ねたエミルに、リロイは苦い顔を返してきた。
    「あー、うん、予想は付いてると言えば付いてる。……本当に、身内がしくじった話で恥ずかしいんだけど、昨日の昼頃にね、その、電話があったんだ。アシュリー……うちの子から」
    「アシュリーから? ……まさか」
     血相を変えたエミルを見て、リロイが申し訳なさそうに頭を下げた。
    「うん、そうなんだ。いや、彼女は僕に電話掛けるつもりだったみたいなんだよ、プレゼントのお礼で夕飯おごるよって言うような話で。……で、その電話をジェフが取った。その時にアシュリーが漏らしたんだ、ウォルトンのことを」
    「どうして……」
     尋ねたアデルをチラ、と見て、リロイは彼にも頭を下げた。
    「あの子も情報屋だから、重要な情報は普段から共有することにしてるんだ。だからウォルトンのことも伝えてた。勿論、ジェフには知らせないようにと念押ししてたんだけど、それがまずかった。
     電話に出たのがジェフだと分かった途端、アシュリーは戸惑ったらしいんだ。『話しちゃまずい人につながった』と思って。そして、その動揺を見抜けないジェフじゃない。根掘り葉掘り尋ねられて、アシュリーは白状せざるを得なくなった。……本当に、ごめん」
    「じゃ、じゃあ、まさか、あの、局長は?」
     恐る恐る尋ねたサムに、リロイは力なくうなずく。
    「ほぼ間違い無く、ウォルトンの捜索に向かったんだろう。繰り返すけど、これは非常にまずい事態だ。ダリウスと共に脱獄したことを考えれば、ウォルトンとあの組織は結託しているはずだ。ウォルトンにしてみれば新しい活躍の場を得られることになるし、組織にとっても、ウォルトンは有用だろうからね。
     それを考えれば、今のウォルトンを単騎で狙うのは、はっきり言って自殺行為に等しい。いくらあのジェフ・パディントンであっても、生きて帰れる保証は無い」
    「……!」
     いつも楽天的で飄々としているリロイからはっきりと、悲観的な予測を伝えられ、一同の顔に緊張が走る。その様子を眺めながら、リロイはこう続けた。
    「このまま放っておくのは、極めて危険だ。出来る限り早くジェフを見付け出し、ここに連れ戻さなきゃならない。でなければ僕たちはジェフを、即ち合衆国が誇る探偵王を、永遠に失うことになりかねない。
     現在取り掛かっている仕事はすべて保留してくれ。君たち全員に、ジェフ・パディントンの捜索を命令する」
    「了解!」
     一同は一斉に敬礼し、その場から散った。

    DETECTIVE WESTERN 12 ~ウルフ・クライ・アゲイン~ THE END

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    DW12終了。今回もあんまり主人公コンビの出番なしでした。
    下手すると次回も出番少ないかも知れない。

    次回作はなんとか年内には出せるよう、努力します。



    そして「琥珀暁」もようやく第5部が完成しました
    ちょっとインターバルを挟んで、8月22日から連載を開始する予定です。
    お楽しみに!
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 12 ~ ウルフ・クライ・アゲイン ~ 13】へ
    • 【暑中お見舞い申し上げます】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 12 ~ ウルフ・クライ・アゲイン ~ 13】へ
    • 【暑中お見舞い申し上げます】へ