黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第5部

    琥珀暁・姫惑伝 1

     ←イラスト;猫(クルマのドット絵) →琥珀暁・姫惑伝 2
    神様たちの話、第224話。
    クーのかんしゃく。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     沿岸部が平定された直後、ゼロからの命令に伴い、遠征隊の半数が本土へ帰還することが許可された。そして同時に、交代および補充要員として、本土から兵士が送られることも決定されていた。
     だが、決定してすぐに人員が送られてくる、とは行かなかった。何故なら――。
    「わーぉ。カッチコチですねぇ」
    「さようですわね」
     北の邦唯一の不凍港と言われるグリーンプールでさえも凍りついてしまう厳寒期が到来し、港が使用不可能となっていたためである。
     すっかり凍りつき、雪がこんもり乗った海を見下ろし、マリアがため息をつく。
    「これじゃ、しばらく船動かせそうにないですねー」
    「そのようですわね。港にあった船は全て、船渠(せんきょ)に収められたと伺っております。わたくしたちが乗ってきた船も、あちらに収まっているそうです」
     そう言って、クーは港の端にある大きな建物を指し示す。
    「でっかいですね」
    「元は帝国沿岸方面軍が使用していた臨海基地だったそうですが、現在は王国が管理しているそうです。設備も王国のものより随分よろしいそうですよ」
    「へぇ~」
     それを聞いて、マリアは興味深そうな目を船渠へ向ける。
    「覗いてみません?」
    「ええ、よろしくてよ」
     クーも二つ返事でうなずき、二人は船渠を訪ねることにした。

     中に入ったところで、二人の目に巨大な影が映る。
    「あ、陸に揚げてるんですねー」
     遠征隊の船が陸揚げされ、船底の板が張り替えられているのを見て、マリアがうなる。
    「うーん、海に浮かんでる時はそんなに思ってなかったですけど、こうして全体見てみると、やっぱでっかいんですねぇ」
    「600人が一度に乗船していたのですもの。一つの村と同規模と考えれば……」
    「あー、確かにそーですねぇ」
     他愛もないことを話しながら近付こうとした二人を、作業員が止める。
    「おい、危ないぞ!」
    「あら、失礼いたしました」
    「お前ら部外者だろ? 勝手に入って来るなよ」
     つっけんどんに追い払おうとする作業員に、クーはつい、言い返してしまう。
    「わたくし、視察に参りましたの。訪ねずにお邪魔したことは謝罪いたします。今からでも許可をいただけるかしら?」
    「ああん? 何様だよ、お前? ちんちくりんが偉そうにしやがって」
    「ち、ちんっ?」
     作業員の暴言に、クーは顔を真っ赤にして怒り出す。
    「あなた、わたくしをご存知無いのかしら?」
    「知るか。とっとと出てけ、クソガキ」
    「まあ!」
     思わず、クーは魔杖を手にしかけたが――。
    「ダメですって」
     柄を握った右手を、マリアが押し止める。
    「ごめんなさーい。すぐ出て行きますから。お邪魔しましたー」
     マリアはクーの手を引いたまま、ぺこっと頭を下げ、くるりと踵を返して、そのまま立ち去った。

    「何故ですの、マリア!?」
     船渠を出たところで、クーは声を荒げてマリアに突っかかった。
    「あんな無礼をされて、何故わたくしが謝って引き下がらなければならないのです!?」
    「や、あたしたちの方が悪いじゃないですか、今のは」
    「一体何が問題だと仰るのです!?」
    「勝手に入って、勝手に危ないトコ近付いたら、いい人なら誰だって止めますよ?」
    「あんな態度を執る人間のどこがいい人なのです!?」
    「あのですね、クーちゃん」
     マリアはぺちん、とクーの額に平手を置く。
    「うにゃっ!? な、何をなさいますの!?」
    「あっちっちですねぇ。アタマ冷やしましょ?」
    「冷静ですわ!」
    「ワガママ言いっぱなしの人を冷静沈着って言いませんよ。今日はもう帰りましょ?」
    「こ、この無礼者……ッ」
     頭の中が怒りで沸き立ち、クーは右手を挙げた。
    「クーちゃん」
     が、マリアはいつもどおりの様子で、その右手を両手で抑える。
    「今日はもう、大人しく、お城に帰りましょう。これ以上騒いだら、尉官にもエリザさんにも迷惑かけますから」
    「はっ、放しなさ……っ」
     言いかけて、クーは言葉を詰まらせた。マリアがいつになく、真剣な目で自分を見つめていたからである。
    「もう一度言いますよ。帰りましょう」
    「……はい」
     視線に射抜かれ、クーの怒りは一瞬で萎える。
     素直に従い、クーとマリアはそのまま、無言で城へと戻った。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【イラスト;猫(クルマのドット絵)】へ
    • 【琥珀暁・姫惑伝 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【イラスト;猫(クルマのドット絵)】へ
    • 【琥珀暁・姫惑伝 2】へ