黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第5部

    琥珀暁・姫惑伝 5

     ←琥珀暁・姫惑伝 4 →琥珀暁・姫惑伝 6
    神様たちの話、第228話。
    クーとハン。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     喜び勇んで測量と遺構調査に出向いたものの、街を発ってから数時間もしないうちに、一行はそれが実行不可能であることを痛感した。
    「前が見えん……」
     当初予想されていた以上に降雪がひどく、測量するどころか、現場に着くことも難しかったからである。
    「風もなんかひどくなって来てますよー。もう1時間、2時間したら日が暮れちゃいますし、諦めて戻った方がいいですね」
     マリアの意見に、ハンが――残念そうな目を向けつつも――渋々うなずく。
    「そうだな。強行して死人でも出たら、独断専行どころの話じゃない。仕方無いが、引き返そう。……しかし」
     軍帽に積もった雪を払い落としながら、ハンが愚痴をこぼす。
    「前回も、腰まで雪が積もる中を無理矢理だったからな。厳寒期なら時間も空くし、どうにかして測量を進められればと思っていたんだが、これじゃどうしようも無い」
    「自然が相手じゃ、仕方無いですよ。雪が溶けるまで待つしか無いんじゃないですか?」
     ビートにそう言われ、ハンはもう一度、残念そうにうなずいた。
    「溶ける頃には本土からの人員補充も終わり、別の仕事が増えるだろう。どっちにしても、測量に割ける時間は無い。
     やれやれ……。道中でも言ってたが、測量はやはり、別の人間に任すしか無いか」
     その言い方がとても残念そうに聞こえ、クーは思わず、クスっと笑みを漏らしてしまった。
    「……なんだ? 何がおかしい?」
     耳ざとくハンに聞かれ、クーは慌ててごまかす。
    「あっ、いえ、……あの、ハン。雪が先程より一層厳しくなっているように見受けられますけれど、このまま戻るのは危険ではないかしら」
    「うん? ……ふむ」
     ほんの1分にも満たない時間で、既にまた、ハンの頭に雪が積もってきている。それをもう一度払い除けながら、ハンは周囲を見回しつつ、背負っていた荷物を広げ始めた。
    「クーの言う通りだ。視界も悪いし、このまま戻ろうとすれば、その途中で遭難しかねん。ここに設営して、状況が変わるまで休止しよう」
    「さーんせーいでーす」
     猫耳をプルプル震えさせながら、マリアも荷物をどさっと下ろした。

     防寒用の魔法陣を描き、テントを張り、早めの夕食を作ったところで、ハンたちはようやく一息ついた。
    「はぁー……、スープあったかおいし~い……」
     芋のスープが入ったカップを握りしめつつ、間延びしたため息を漏らすマリアに、ハンたち三人が吹き出す。
    「クスっ、……ええ、身に沁みるような温かさですわね。実を申せばわたくし、あまり体温が高い方ではございませんので、こうして両手で包んでいると、ほっとした心地がいたします」
    「そうなのか?」
     これを聞いて、ハンがばつの悪そうな顔をクーに向ける。
    「だったら、誘わない方が良かったかな」
    「そんなことはございません」
     クーは首を振り、こう続けた。
    「かねてよりわたくしは、この地に住まう方の文化について学びたく存じておりましたから、古代の村跡や遺構が現存していると伺った時、とても嬉しく感じましたの。調査いたせるのであれば、多少の寒さは我慢いたします」
    「……まったく、君は」
     ハンは肩をすくめ、呆れたようなため息を漏らした。
    「どこまでも自分の欲求に素直な人間だな」
    「あら、いけませんかしら」
    「ほどほどにしてくれ。度が過ぎると周りに迷惑をかける」
    「あなたが仰るようなことかしら?」
    「どう言う意味だよ」
    「ご自分でお考えあそばせ」
    「なんなんだ……」
     と、二人のやりとりを見ていたマリアとビートが、揃って笑い出した。
    「ふふっ」
    「あはは……」
    「何だよ?」
     ハンに軽くにらまれ、マリアがぱたぱたと手を振って返す。
    「なんだかんだ言って、お二人仲いいですよねーって」
    「うん? ……まあ、そりゃな。ノースポートで会ってから2年も経つし、ある程度気心は知れてるってところもある」
    「やっぱりお二人って」
     そこでマリアがにやあっと笑い、こんなことを尋ねてきた。
    「この北方遠征が終わったら、結婚されるんですか? それともこっちにいる間に既成事実作っちゃう感じです?」
    「はぁ!?」「ちょ、ちょっと、マリア?」
     ハンとクーは揃って立ち上がり、異口同音にマリアの質問を否定しようとする。
    「なんでそこまで話が飛躍するんだ!?」
    「わ、わたくしがそんなはしたないことをいたすはずが、ごっ、ございませんでしょう!?」
    「クーとはまだそんな関係じゃない!」
    「それにまだ、正式にお付き合いしている間柄でもございません!」
     が、慌てふためく二人に生暖かい視線を向けつつ、マリアはうんうんとうなずいている。
    「あー、はいはい、『まだ』ですね、『まだ』ですよねー、はいはーい」
    「うっ、……い、いや、それは単純に、ただ言葉の綾であってだな、俺は、その、正直な意見としてはだな……」
     ハンはまだ抗弁しようとしているらしく、しどろもどろに言葉を立て並べている。しかし――。
    「はぅぅ……」
     どう言い繕ってもごまかせそうにないと諦め、クーは顔を両手で抑え、黙り込んでしまった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・姫惑伝 4】へ
    • 【琥珀暁・姫惑伝 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・姫惑伝 4】へ
    • 【琥珀暁・姫惑伝 6】へ