黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第5部

    琥珀暁・雄執伝 3

     ←琥珀暁・雄執伝 2 →琥珀暁・雄執伝 4
    神様たちの話、第233話。
    現場視察とアイデア。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     ロウと丁稚数人を伴い、エリザは製本作業を行っている工房を訪ねた。
    「邪魔すんでー、……っと、ホンマに邪魔になってまうな」
     作業場の扉を開けるなり、糊と墨で汚れた職人たちの憔悴(しょうすい)しきった視線が集まり、エリザは「ゴメンな、気にせんとって」と頭を下げ、そのまま外に出た。
    「チラっと見でやけど、えらい作業押してはるみたいやな。みんな顔が必死やったで」
     そうつぶやくエリザに、丁稚の一人が答える。
    「うちからかなりの数を発注してますし、遠征隊からも注文がありますからね……」
    「しわ寄せが来とる形やな」
     エリザはもう一度、今度は扉の隙間から作業場の様子をうかがい、問題点を探る。
    「作業場の大きさ的に、単純にヒト増やしたところでどないもならへんやろな、コレは。そもそも雇い賃もバカにならんし。と言うて作業場大きくしたとて、こんだけ切羽詰まっとるなら焼け石に水やろし。
     となると一番ええんは、今の体制で生産でける量を増やすコトやな」
     極力邪魔にならないよう、隙間から覗きつつ、メモを取ることを繰り返していたが、やはり目立っていたらしく――。
    「あの、女将さん」
     中にいた職人が声を掛け、エリザを手招きした。
    「いっそ中で見てくれませんか? 気になるので」
    「あ、ゴメンな」
     エリザは照れつつも、素直に作業場に入って中を見回し、声をかけてきた職人に尋ねた。
    「作業、どないや? しんどいやんな」
    「ええ。ずっと文字を写しっぱなしで手は痛いし、糊と墨の臭いでクラクラするしで」
    「そらかなわんなぁ」
     エリザは壁の窓に目をやり、メモに書き留める。
    「手の疲れについては今すぐどうこうっちゅうワケに行かんけど、臭いについては近い内、何とかするわ。あ、アタシは気にせんと作業しといてや」
    「はあ」
     その後、作業場を一通り周り、メモを書き終えたところで、エリザは「しんどいやろけど、でける限り何とかしたるから」と皆に言い残して、作業場を後にした。

     店に戻ったエリザは書き留めたメモを机に並べて、ロウと意見を交わしていた。
    「窓については、風系の魔法陣描いたったら多少は換気でけると思うんよ」
    「そっスね」
    「ただ、根本的な解決にはならんからなぁ。やっぱり同じ人数でもっと多く作れるようにせな、どないもならんやろな」
    「つっても、アレ一枚きれいに書き写すのに、どうやったって1時間、2時間はかかるでしょ? 早く終わらそうと思ったら、文字はグチャグチャになるでしょうし」
    「ソレやねぇ。読める字書かんと、本にならんしなぁ。……ん?」
     と、エリザはメモを見て首を傾げる。
    「なんやコレ?」
    「なんスか?」
    「や、メモの端っこ。全部黒い点付いとる」
    「あ、本当だ」
     ロウはメモを取り、それぞれに付いた点を見比べ、「あ」と声を上げた。
    「エリザさん、右手見せて下さい。右手の親指」
    「ん?」
     右手を開き、その親指を見て、エリザも原因に気付く。
    「いつの間にか墨付いとったわ。コレかー」
    「ソレっスね」
     どうにもおかしくなり、エリザもロウも、クスクスと笑みを漏らす。
    「ずーとメモ握りっぱやったから、全然気付かへんかったわ、アハハハ……」
    「ふふ、ふふ……」
     ひとしきり笑ったところで――一転、エリザはメモの、その黒い点をじっと見つめた。
    「……ん? どしたんスか?」
    「や、今ちょっとな、おっ、と思てな」
    「お?」
     きょとんとするロウに、エリザはこんなことを命じた。
    「ちょと木の欠片持って来て。棒状で四角くて、親指くらいの大きさのん、5、6個くらい」
    「はあ」
     命じられた通りに、ロウは木片を調達し、エリザに渡す。
    「何するんスか?」
    「ちょっとな」
     短く返し、エリザは机に仕舞っていた彫金道具でガリガリと、木片を削り始めた。
    「木像でも作るんスか? 息抜きかなんかで」
    「ちゃうちゃう。1時間くらいかかるから、ちょっと待っとき」
     そう答え、エリザは作業に没頭し始めた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・雄執伝 2】へ
    • 【琥珀暁・雄執伝 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・雄執伝 2】へ
    • 【琥珀暁・雄執伝 4】へ