黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第5部

    琥珀暁・雄執伝 4

     ←琥珀暁・雄執伝 3 →琥珀暁・雄執伝 5
    神様たちの話、第234話。
    職人エリザの本領発揮。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     木片を削り始めてから1時間が経った頃、ようやくエリザは顔を上げた。
    「……ふー。でけたわ」
    「おつかれっス」
    「んあ?」
     そこでロウと目が合い、エリザは驚いた声を上げる。
    「なんや、ずっとおったんか?」
    「ええ」
    「時間かかる言うてたんやから、ドコかでお茶しとったら良かったやんか」
    「いやぁ、見てて飽きなかったもんで」
    「変わっとるなぁ、アンタ。ま、ええわ。コレ見てみ」
     そう言って、エリザは削った木片をトントンと揃える。
    「……なんスか、コレ?」
     削られた木片をじっと見つめ、首を傾げるロウを見て、エリザはニヤッと笑う。
    「コレにな、墨ちょいと付けて、ほんでこう……」
     説明しつつ、エリザは木片の先に墨を塗り、メモに押し付ける。
    「ほれ」
    「……はぁ」
     メモに付いた墨を見て、ロウはもう一度首を傾げる。
    「文字に見えますね。E……LI……SA……エリザさんスか」
    「せや」
    「つまりコレで文字を書くってコトっスか?」
    「こう言うのんを一杯作ってな」
    「手間じゃないっスか、そっちの方が?」
    「一文字彫ったらソレで金型作れば、いくらでも増やせるやん?」
    「まあ、そっスね」
    「で、1ページ分作ったらソレ固めて、もっかい金型作ったったら、同じページがなんぼでも……」
    「あっ、……なるほどっス」
     ロウは目を丸くし、拍手する。
    「流石っスね」
    「んふ、ふふ……」

     元々、貴金属を扱う宝飾職人として、並々ならぬ腕を持つエリザである。1週間のうちに、自分たちのことばで使う文字をすべて彫り終え、それを基に金型を作り上げ、教本約60ページ分を作業場で「書いて」見せた。
    「す……すごい」
    「これ一冊書くのに、丸一日かかるのに」
    「20分もかかってない……ですよね」
     驚きの声を上げ、感嘆する職人たちを前に、エリザも墨まみれになりながら、クスクス笑っていた。
    「金型も今増やしとるから、明日、明後日には一杯作れるで。コレ使たら、もう手ぇ痛くならんで済むやろ?」
    「はっ、はい」
     職人たちはエリザを囲み、次々に感謝と尊敬の言葉を述べた。
    「ありがとうございます、女将さん」
    「なんて言うか、なんか、すごいなって」
    「本当、それ……」
     口々に称賛され、エリザも流石に顔を赤くした。
    「まあ、何や、うん、喜んでもらえたら嬉しいわ、アハハハ……」



     こうしてエリザが考案し、実用化させた技術――活版印刷は、飛躍的に本や書類の生産量を向上させた。
    「いや、マジですげーっスわ」
    「そんなにホメてもなんも出えへんで」
     印刷された本を手に取り、しげしげと眺めているロウを見て、エリザはニコニコ笑っている。
    「アイツもすげーって言ってたらしいっスね」
    「アイツ? ああ、ハンくんか? せやねぇ、……せやねんけども、あの子また『これで生産効率が上がれば、さらに多くの仕事がこなせますね』みたいなコト言うててなぁ。なーんでそんなに仕事したがるんか。仕事の合間に仕事するとか、もう病気の域やでホンマ」
    「ぞっとしないっスね。……でも、確かにすげーはすげーっスよね」
     ロウは本を机に置き、こんな提案をしてきた。
    「本土にも知らせといた方がいいんじゃないっスか? こんだけ便利な技術なら、向こうも大喜びでしょうし」
    「お、そらええな。ソレ考えてへんかったわ。ありがとな、ロウくん」
    「いや、そんな、へへへ……」
     顔を真っ赤にして照れるロウをよそに、エリザは机の引き出しから「魔術頭巾」を取り出し、頭に巻く。
    「『トランスワード:ロイド』、……いとるかー?」
     自分の実の息子へと連絡を試み、まもなく応答が返ってくる。
    《あ、うん、母さん。な、何か用?》
    「用が無かったらお話したらアカンか? や、用はあるねんけどな」
    《ご、ごめん》
    「えーからえーから。いやな、こっちでアタシ、ちょっとええコト思い付いてな……」
     こうしてエリザはロイドに活版印刷の技術を伝え、彼もロウと同様に、称賛の声を返してきた。
    《す、すごいと思うよ、うん、ホンマ。あ、せやったら、あの、僕もちょっと作ってみて、ゼロさんに報告しとこか? ちょうど今、僕、リンダと一緒に、その、父さんのトコいてるから。あ、それか、母さんから言うた方がええんかな?》
    「ん? んー……」
     ロイドに問われ、エリザは思案する。
    「んー……、や、アンタから言うといて。最近ちょこっとな、色々アレやし。アタシから言うより、アンタが言うた方が角も立たんやろ」
    《あ、アレって?》
    「色々や、色々。ま、ほなよろしゅう」
    《う、うん。母さんも、あの、えっと、気ぃ付けて》
    「ありがとさん。ほなな」



     こうしてエリザは、本土に活版印刷の技術を伝えたが――これが後に、一つの騒動を起こすこととなった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・雄執伝 3】へ
    • 【琥珀暁・雄執伝 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・雄執伝 3】へ
    • 【琥珀暁・雄執伝 5】へ