黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第5部

    琥珀暁・雄執伝 5

     ←琥珀暁・雄執伝 4 →琥珀暁・雄執伝 6
    神様たちの話、第235話。
    活版印刷を巡る騒動。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     エリザがロイドに活版印刷を伝えて、3日後の夜――。
    「……んあ?」
     既に就寝していたエリザの狐耳のピアスに、ぴり、ぴりとした感触が伝わる。
    「なんやな? ……『リプライ』」
    「頭巾」を巻き、応答するなり、娘、リンダの泣きじゃくった声が耳に響いてきた。
    《があやあああん、うえええええん》
    「お、お、ちょ、ちょっ、待ちいや、なんや?」
     流石のエリザも娘の泣き声にうろたえ、跳ね起きる。
    《にいやんがああああ、びいいいいいい》
    「お、落ち着き、な、ちょ、アンタ、落ち着きって、なあ」
    《エリちゃん!》
     と、もう一人、通信に入って来る。
    「ん? ゲートか?」
    《ああ、俺だ。リンダが泣きじゃくってるから、俺が代わりに》
    「あ、ああ。どないしたんよ、こんな夜中に」
    《いや、俺もいきなりのことでさ、動転してるんだ。何をどう言ったらいいか》
    「アンタのコトはどないでもええねん! 何があったか早よ言わんかいッ!」
     苛立ち、声を荒げたエリザに、ゲートの怯んだ声が恐る恐る返ってくる。
    《す、すまん。えーと、……そうだ、結論から言おう。ロイドが捕まった》
    「ん?」
    《ロイドが、ゼロに捕まったんだ》
     突拍子も無いことを伝えされ、エリザは聞き返す。
    「……ちょとゴメンな、『ロイドがゼロに捕まった』っちゅうところがちょっと聞き取りにくいんやけど」
    《そう言ったんだ》
    「寝ぼけとんの? ソレともコレ、アタシの夢か何かか?」
    《こんな状況で寝られるわけないだろ。君もしっかり起きてるはずだと思う》
    「もっかい聞くで? ロイドがどうなったって?」
    《捕まった。ゼロに》
     何度も聞き返し、何の聞き違いも取り違いも無いと把握はできたが、聡いエリザでもこの状況はまったく、把握できなかった。
    「……どう言うコトか、一から説明してもろてええか?」
    《ああ》



     エリザから活版印刷の技術を伝えられたロイドは、すぐさま自分でも文字型を彫り、ゲートの紹介を経てゼロに謁見した。
    「やあ、えーと……」
    「ろ、ロイド・ゴールドマンです。ご、ご面前に、は、拝しまして、あ、あの、きょん、いえ、恐悦……」
    「いや、いや、かしこまった挨拶は結構だよ。こんにちは、ロイド」
     ゼロは――この数年、エリザに対していい印象を持っていないと言うことだったが――エリザの息子であるロイドに、この時点まではにこやかに接してくれた。
    「それで、今日はどんな用事かな? ゲートから、『すぐに見せたいものがあるんだ』と聞いてるけど」
    「あ、は、はい。こ、これになります」
     ぺこぺこと頭を下げ、ロイドは持っていたかばんから、自分が彫ってきた文字型を取り出し、ゼロに見せた。
    「……それは?」
     その瞬間、ゼロの穏やかだった顔に、何故か険が差す。
    「あ、あの、これ使て、あの、本、あの、できると……」
    「ちょっと、詳しく聞かせてもらおうか」
     おもむろにゼロが立ち上がり、ロイドの手をつかむ。
    「はひぇ?」
    「こっちに来てくれ」
    「は、ははは、はひ、わかりましっ、ましゅ、ました」
     目を白黒させ、恐縮し切っているロイドにチラリとも目を合わせず、ゼロは引っ張るようにして、謁見の間から去ろうとする。
    「お、おい? ゼロ? どうしたんだよ?」
    「……」
     ロイドを連れてきたゲートも無視し、そのままゼロは、ロイドと共にその場を後にしてしまった。



    《……で、どうしようも無いから一旦家に帰ったんだが、ついさっき、城のヤツから『ロイドの投獄と処刑が決定した』と》
    「待てやおい」
     エリザは喉の奥から声を絞り出し、ゲートに尋ねる。
    「ほんなら何か、文字型見せただけでゼロさんがキレて、ロイドを処刑しようって言い出したっちゅうコトか?」
    《そうなる》
    「ふざけとんのか?」
    《ふ、ふざけてない! マジなんだ! でも俺も、本当、何がなんだかさっぱりで》
    「アンタこのまま放っとくつもりやないやろな!? まさかなあ!? そんなワケ無いわなぁ!?」
     怒鳴るエリザに、ゲートもたじろぎつつも、しどろもどろにどうにか応じる。
    《なっ、なわけ、無いだろ? お、俺も今から城に行って、ゼロに確認しに行くし、処刑を止めるよう説得する。このままロイドが殺されるなんて、あってたまるかよ》
    「頼んだで。ほんで、城行くんやったら『頭巾』も持って行き。アタシも今から連絡入れる。3人で『お話』や」
    《分かった。……頼む》
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・雄執伝 4】へ
    • 【琥珀暁・雄執伝 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・雄執伝 4】へ
    • 【琥珀暁・雄執伝 6】へ