黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第5部

    琥珀暁・新尉伝 1

     ←2019年10月携帯待受 →琥珀暁・新尉伝 2
    神様たちの話、第239話。
    新任尉官、来る。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     双月暦24年5月、遠征隊の交代要員が北の邦に到着することとなった。
    「昨年、わたくしたちが訪れた頃より幾分早いご到着ですわね」
    「今年は暖冬だったらしい。南の方では」
     ハンとクーは談笑しつつ、沖の端にうっすらと見える船の到着を待ちわびていた。
    「だから出発は俺たちの時より1ヶ月以上早かったらしいんだ。とは言えこっち側の海に差し掛かったところで、寒気に阻まれたとか。……と言うようなことを、ここ数週間で聞いた」
    「どなたから? 父上からはここしばらく、通信を受けていないようにお見受けしておりましたけれど」
     尋ねたクーに、ハンは沖の船を指差す。
    「あの船の責任者からだ。……そうだ、クー。船が着く前に、いくつか注意しておくことがある」
    「注意ですって? あなた、また何かお小言を?」
    「いや、そうじゃない」
     ハンはぱた、と手を振り、話を続ける。
    「俺が言いたいのは、『相手に対して注意してくれ』ってことだ」
    「相手に? その、責任者の方にと言うことかしら」
    「そうだ。何と言うか……」
     ハンは首をひねりつつ、説明する。
    「かなり感情的と言うか気分屋と言うか、へんくつと言うか。話をしていて、やたら一方的にしゃべり倒したかと思うと、いきなり『じゃーね』って通信を切ってきたりする。正直言って、俺は相手したくないタイプだ」
    「あら……」
    「エリザさんだったら案外、気が合うかも分からんが」
     どことなく、げんなりした様子を見せるハンに、クーは恐る恐る尋ねてみた。
    「相手の方のお名前ですとか、階級や経歴はご存知ですの?」
    「ああ、名前はエメリア・ソーン。年齢と階級は俺と同じで、22歳の尉官。これまでクロスセントラル周辺の街道工事を手がけてたって話だ」
    「工事を?」
    「ああ。陛下からの紹介では、『沿岸部が君たちの影響により統治下に置かれたことだし、多少なりとも生活基盤を充足させる責任は、既に遠征隊が有してしかるべきことだと思う。だからこっちでそう言う仕事に長けてる人を新たに派遣するよ』と」
    「さようですか。でも、ハン」
     クーはハンの袖を引き、船を指差す。
    「それだけにしては、不釣り合いと存じられませんこと?」
    「と言うと?」
    「船の大きさです。わたくしたちが乗ってきたものとほとんど同じ、いえ、もしかしたらもっと大きいように見受けられますけれど、そんなに人員が必要でしょうか?」
    「うん? ……ふむ」
     クーの意見を受け、ハンも船の大きさを目測と指の長さとで測り、首を傾げた。
    「確かに大きいな。一回りか、二回りは。
     相当な人数を寄越してくれるのはいいが、確かに交代や工事なら、せいぜい200人程度のはずだ。だがあの大きさなら、こっちにいる600人と同数乗っていても、確かにおかしくない」
    「ねえ、ハン?」
     クーがもう一度、不安そうな顔をしつつ袖を引く。
    「わたくし、何か嫌な予感を覚えるのですが、本当にあれは、ただの交代要員と工事人員なのかしら」
    「それ以外、何があるって言うんだ?」
     いぶかしむハンに、クーは表情を崩さないまま、こう続ける。
    「お父様は、まさか、北の邦での戦線を拡大しようなどとお考えではないでしょうね?」
    「そんなはずは無い。有り得ない」
     ハンはきっぱりと、クーの不安を否定した。
    「元々遠征隊は、この邦と平和的な関係を築くために派遣されたものだ。その目的を歪めるようなことを、陛下がお考えになるはずが無い。
     それに、もし本当に、戦争を断行すると方針転換されたとしても、周囲が諌めないわけが無い。俺の親父だって、全力で止めに入るはずだ。何より陛下のお心が、そんな乱暴な手段を好まれるはずが無い。そうだろう?」
    「……であればよろしいのですけれど、本当に」
     ハンの意見を受けてもなお、クーが不安げな表情を崩すことは無かった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【2019年10月携帯待受】へ
    • 【琥珀暁・新尉伝 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【2019年10月携帯待受】へ
    • 【琥珀暁・新尉伝 2】へ