黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第5部

    琥珀暁・新尉伝 4

     ←琥珀暁・新尉伝 3 →琥珀暁・新尉伝 5
    神様たちの話、第242話。
    彼女は何者?

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
    「どう言う意味だ?」
     尋ねたハンに、エマは肩をすくめて見せる。
    「ココ最近の陛下が暴走気味だってコトは、中枢でソレとなくうわさになってるね。実際、アロイ皇太子や君のお父さんをはじめとして、事ある毎になだめてる始末さ。
     で、そのなだめてる連中の一人が、私を遠征隊第2中隊の隊長に推したのさ。どっちかって言うと穏健派だって評判らしいしね、私。実際、戦闘経験なんて無いし、訓練もあんまり出てないしね」
    「つまりあなたも、積極的な戦闘は避ける姿勢であると?」
     クーの言葉に、エマはニッと笑みを浮かべる。
    「自分からしなくてもいい戦闘仕掛けるなんて、アホのやるコトさね。そして私はアホじゃないつもりだね」
    「では……」
     安堵しかけたところで、エマがこう続ける。
    「でもね、ソレなりに戦果を出さなきゃ陛下は納得しないね。私がココに来て何の進展も無い、何の成果も出ないってんじゃ、ソレこそ陛下は隊長を軒並み罷免する。遠征隊も総取っ替えして、今度はもっと好戦的な連中が送られるだろうね。
     そんなワケで、エリザ」
     くるんと向き直り、エマが尋ねる。
    「君なら可能な限り最速で最低限の被害で、かつ、最大限の戦果を挙げる策を進めてるだろ?」
    「そらまあ」
     横柄とも取れるエマの態度に構う様子も無く、エリザもニヤッと笑って返す。
    「今年のはじめから色々やっとったコトが、着々実ってきとるからな。時期さえ来れば、いつでも行動でけるで」
    「君がやるんなら問題無さそうだね。……ま、私からの話はコレくらいだね。
     あ、あとさ、ハン。君の班に欠員出てたって話だけど、当面は私がサブで入るコトになったから。スライドする形で、マリアってのがポイントマン。ビートってのはそのまんま。ま、ポジションなんかどうだっていいけどね。だから第2中隊も、私が動かしてない時は君の命令に従うコトになる。ソレでいいね?」
    「あ、ああ」
     一通りまくし立て終え、エマは唐突に席を立った。
    「じゃ、私はこの辺で」「待ちいや」
     と、エリザがニコニコと笑ったまま声をかける。
    「アンタに聞きたいコトあんねけど」
    「何でもどうぞ」
    「アンタ、いくつや言うてた?」
    「22」
    「ホンマ?」
    「ウソついてどうするね?」
    「……まあええわ。あともういっこ聞くけど」
    「どうぞ」
    「モールって知らん?」
    「なにそれ?」
    「ん……。知らんならええ」
     エリザからの質問がやんだところで、エマは「もういい? じゃーね」と言って、そのまま部屋を出て行った。
    「どうしたんです?」
     尋ねたハンに、エリザが首をかしげたまま答える。
    「いやな、なーんか話し方やら態度やら、アタシの師匠そっくりやなと思てな」
    「師匠? 確か、モールと言う方だと聞いた覚えがありますね」
    「せや。評判も聞いたコトあるやろ?」
    「一応は、親父から。かなり偏屈で気分屋だが、陛下に並ぶ『魔法使い』であったと」
    「まあ、大体そんなトコやね。アタシ、どうもあの子、師匠の娘かなんかちゃうんかと思たんやけど、22歳やったら計算合わへんねんな。アタシと旅しとる時辺りに産まれたコトになってまうし」
    「そんなに似てるんですか?」
    「まるで本人ちゃうかっちゅうくらいな。……ま、そのうちはっきりさせたるわ。
     あの子が言うた通り、今は計画も詰めの段階に来とるからな。ココでいらん諍(いさか)い起こしてワヤにしたないし、アタシはそっちに集中するわ」
    「承知しました。ところで……」
     ハンは部屋の扉をチラ、と見て、エリザに尋ねる。
    「彼女の身辺調査を行っておきましょうか? 今まで聞いた情報はすべて、彼女の口から出た話でしかありませんし、彼女が何らかの理由から嘘をついている、と言う可能性も少なくないでしょう。それを抜きにしても、どの程度信頼できる相手かどうか見定めないことには、連携の取りようがありませんし」
    「せやな。……や、ソレはアタシがお店の子使てやるわ。同じ隊長のアンタが主だってそんなコトしとったら、角が立つやろ。シェロくん時の二の舞になりかねへんで」
    「確かに。では、そちらもお願いします。その他に、俺やクーの方で動けることはありますか?」
    「んー……」
     エリザはメモをめくり、首を横に振った。
    「や、今んトコは特に何も無いわ。あの計画動かすんは今月の末やから、今まで通りソレに向けて、しれっと訓練と誘導さしとくくらいで」
    「つまりこれまで通り、と」
    「そう言うこっちゃ」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・新尉伝 3】へ
    • 【琥珀暁・新尉伝 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・新尉伝 3】へ
    • 【琥珀暁・新尉伝 5】へ