FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第5部

    蒼天剣・錯綜録 6

     ←蒼天剣・錯綜録 5 →蒼天剣・錯綜録 7
    晴奈の話、第243話。
    急転直下の解決。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
    「ちょっとちょっと、それはまずいって」
     その時だった。
     倉庫に男の、おどけたような声がこだまする。
    「……!? なんだなんだ、まだ誰かいるっての……」
     足を振り上げたままの男は、そこで言葉を切った。
     と言うよりも、中断させられた。入口から突っ込んできた大柄な「虎」に、逆に蹴っ飛ばされたからだ。
    「『叩かれたらこんなに痛いんやで』ってオカンに言われへんかったんか、ボケ!」
     男を蹴り飛ばしたのはあの大食漢の大女、シリンだった。
    「いや、程度が違うんじゃないっスか? 普通、そこまで吹っ飛ばないっスって」
    「どっちでもえーやん、そんなん。……生きとるか?」
    「う、う……」
     エランのうめく声が聞こえる。どうやらまだ生きているらしい。
    「な、何者だ!?」
    「そこのおっきなおねーさんは闘技場の人気選手。で……」
     いつの間にか猫獣人の男が、倉庫に積まれた木箱の上に立っていた。
    「オレとそこで血ぃ吐いてる『狐』は、金火公安の者だ。
     アンタらやばいよー? 公安職員に暴行加えて、しかも女性を拉致監禁って。多分懲役30年か、50年か、それとも終身刑か。
     今のうち、大人しくしといた方がいいと思うけどなー。それにホラ、そこの壁にひっついてる奴みたいになりたくなかったら、投降した方が絶対いいって」
     猫獣人は木箱からトン、と床に降り、壁にめり込んでいるリーダーの男を指差す。
     残った男3名は顔を見合わせ、すぐに武器を捨てた。

    「何故ここが分かったのですか?」
    「あー、ゴミ捨て場の近くでフォルナちゃんと、このアホらを見かけたって言う人がおってな、ほんで丁度、そっちの『猫』さんもウチと同じよーにセイナを訪ねとって、『話は聞いたっス、なんかヤバそうな香りするんで一緒に探しましょう』って言うてくれたんよ」
    「まさかエランまでいたとは思わなかったっスけどね。ま、コイツが銃を乱射したおかげで見つけられたんで、感謝しとかないといけないっスね」
     その後、猫獣人――フェリオが呼んだ公安職員によって、ならず者4人は逮捕された。
     エランは肋骨と右腕を折る重傷だったが、命に別状は無かった。吐いていた血も、口の中を切っただけらしい。
     応急処置を受け、病院に搬送されるのを待つエランに、フォルナは声をかけた。
    「あの、エラン。わたくしのこと、尾行してらしたのですか?」
    「あ、えっと、……はい。
     そしたら、あいつらに連れて行かれたから、どうしようかと思って慌てて……。急いで銃を取りに戻ったんですが、今にも殺されそうだったから、思わず飛び出して。
     それで、こんな目に遭っちゃうんだもんなぁ。……はぁ、情けないです」
     フォルナはエランの左手を取って、優しく労う。
    「いいえ、エラン。あなたのおかげで、わたくしは助かったのよ。その行動に、わたくしは深い感謝と敬意を表しますわ」
    「あ、あはは……、ありがとうございます。
     何だか本当にお姫様みたいですね、そのしゃべり方」
    「っ!」
     フォルナは慌てて、エランの口に手を当てる。
    「むぐ?」
     エランの顔に、驚きの色が浮かぶ。少ししてからエランはフォルナの手を避け、小声で尋ねた。
    「あの、まさか本当に?」
    「ええ。もしこのことが周りに知られれば、セイナやコスズさん、アケミさんにご迷惑がかかります。
     内緒にしていただけないかしら?」
     エランはそれを聞いて、クスクスと笑う。
    「あはは……、まさかフォルナさんも、そんな秘密があったなんて」
    「え? 『も』とおっしゃると?」
    「実は……」
     エランはさらに小声で、フォルナに耳打ちした。
    「……まあ、そうでしたの!?」
    「ほら、この髪」
     エランはそっと、くしゃくしゃに潰れた帽子を上げる。
    「確かに、それは……」
    「後、僕も左利きなんですけど、うちの家系はそれ、多いんですよ」
    「へぇ……」
    「だからこれは、お互いに秘密ってことに」
    「クス……、承知しましたわ」
     この一件以来、フォルナとエランはようやく仲良くなり、また、助けてくれたシリンやフェリオとも、よく話すようになった。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.06.03 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・錯綜録 5】へ
    • 【蒼天剣・錯綜録 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・錯綜録 5】へ
    • 【蒼天剣・錯綜録 7】へ