黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第5部

    琥珀暁・狐略伝 2

     ←琥珀暁・狐略伝 1 →琥珀暁・狐略伝 3
    神様たちの話、第246話。
    豪族連合。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     ミェーチと話している間に、会議の準備が整ったらしい。
    「女将さん、団長さん、用意ができました。こちらにどうぞ」
    「ありがとさん」
     使いの者に連れられ、二人は会議の場へと向かう。と、エリザが使いの肩をトントンと叩き、ニヤニヤ笑いながら尋ねる。
    「どないや?」
    「え?」
    「アタシは誤魔化されへんで? アンタ、こないだ指輪してへんかったやん。跡着いとるで、指」
     指摘された途端、相手の顔が熊耳の先まで真っ赤に染まり、慌てて手を隠す。
    「えぅっ、……あ、あー、こ、これは」
     その手にポン、と手を置きつつ、エリザはこう続けた。
    「お相手はどちらさん? や、当てたろか。隠そうとしたっちゅうコトは、村の娘とちゃうな?」
    「あっ、あっ、あわわ」
    「ああ、ああ、無理に言わんでええで。どの道、半月もしたらおおっぴらにでけるやろしな。そのつもりであの『お願い』やってもろてるんやし」
    「あっ、ええ、そうですね。あの、俺、……が、頑張ります、俺」
    「うんうん、よろしゅう」
     相手はかくんかくんと首を振って踵を返し、先導を再開する。そのやり取りを眺めていたミェーチもエリザ同様、ニヤニヤと笑っていた。
    「かっか、何とも青々しいものよ。傍で見ていて微笑ましいわい」
    「ホンマですなぁ」
    「はぅぅぅ……」
     その後、彼は一度も振り返ることなく、エリザたちを案内してすぐ、そそくさと離れていった。

    「遠方からはるばるご足労である、女将殿」
     部屋にエリザが入るなり、円卓に着いていたダリノワ王が立ち上がり、深々と頭を下げる。
     対するエリザもぺこ、と頭を下げ、挨拶を返す。
    「ご無沙汰しとりました、陛下。……っと、他の皆さんとは初対面ですな。アタシはエリザ・ゴールドマンと言います。南の邦から遠征隊と共に参りました。こちらではお店やら何やらを細々やっとります。よろしゅう」
     そう述べてもう一度頭を下げたところで、ダリノワ王と同様に席に着いていた、豪族の王たちが口を開く。
    「エリザと申したか、女史のうわさはかねがね聞き及んでいる」
    「絶世の美人と伺っておったが、なるほどなるほど、実に見目麗しい」
    「うわさに違わぬ美貌であるな。いや、眼福である。良き目の保養だ」
    「あらどーも」
     称賛を受け、エリザはにこりと微笑んで返していたが、別の者たちがこんなことを言い出す。
    「しかしわしが聞いていた限りでは、恐ろしき手練手管を用いる毒婦であるとか。左様には見えんな」
    「然り。どんな女丈夫がやって来るかと思っておったが、ただ乳がでかい程度の女ではないか」
    「一体どんな寝技でダリノワ王を口説いたやら。わしもあやかりたいものだ」
    「はあ」
     エリザはニコニコと笑みを浮かべたまま、左手をすい、と挙げる。
    「ほなちょっとお休みしはります?」
    「おう? 話が早いのう、ひひひ」
     その王がニタニタと下卑た笑いを浮かべたところで、ダリノワ王がさっと顔を青ざめさせる。
    「ち、ちと、カリーニン王よ。悪いことは申さぬ。謝った方が良いぞ」
    「うん? 何を怯えておる、ダリノワ王? こんな女一人に何を恐れ……」
     言い終わらないうちに、彼は白目を剥き、ばたん、と音を立てて卓に突っ伏した。
    「なっ……」
     突然のことに、他の王たちも目を丸くし、騒然となる。ダリノワ王も苦い表情を浮かべ、ぽつりとつぶやく。
    「……だから言ったのだ。阿呆な奴め」
     ただ一人、エリザはニコニコと笑顔を絶やさず、こう言ってのけた。
    「何や寝言抜かしたはりましたから『おねんね』さしたりましたわ。他に眠いなー、夢見たいなーっちゅう方いらっしゃいます? アタシの『寝技』、めっちゃ効きますで?」
    「……け、結構」
    「つ、謹んで遠慮申し上げる」
    「では、か、会議を始めよう」
     エリザの威圧で、王たちは完全に恐れをなしたらしく、これ以降、軽口や下卑た冗談を言う者はいなかった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・狐略伝 1】へ
    • 【琥珀暁・狐略伝 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・狐略伝 1】へ
    • 【琥珀暁・狐略伝 3】へ