黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第5部

    琥珀暁・乱心伝 1

     ←体育会系の血が騒いでんねやろ →琥珀暁・乱心伝 2
    神様たちの話、第253話。
    晩餐の異変。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「いつも、いつも、いつもだ。いつも思うことだが」
     いつものハンたち4人、そして新たに加わったエマとで夕食を取っていた最中、やはりいつものように、ハンが酒の入ったグラスを片手に、愚痴を吐き始めた。
    「どうしてエリザさんは、俺たちを軽視するんだかな。今回のことにしても、俺やクーですら詳しい経緯を知らされないままで、いきなり『西山間部の国3つを陥とした』と言ってきた。そして既に、残り2ヶ国の攻略も検討中である、とも。真面目に訓練してた俺たちが馬鹿みたいじゃないか」
    「はあ」
    「そーかもですねー」
     この時点で既に愚痴を何周も聞かされているため、マリアとビートは生返事をしつつ、料理に目を向けている。
    「これ美味しいですね」
    「後でもっかい頼もっか」
     ハンの隣に座るクーも、いかにも飽き飽きした様子で、グラスの縁に指を当て、くるくると撫でている。
    「だからな、俺は……」
     話が一巡したところで、クーはそのグラスから手を放し、ハンに目を向けた。
    「ハン」
    「ん? なんだ、クー?」
    「ずっとお持ちになっていては、温もってしまうでしょう? こちらと交換なさい」
    「ああ、悪いな」
     クーから受け取ったグラスを手に取り、そのまま呑もうとしたところで――。
    「あのさ、ハン」
     これまでずっと黙々と酒を呑んでいたエマが、唐突に口を開いた。
    「エマ?」
    「黙って聞いてたけどさ、君って自分が特別な存在だと思い込んでるタイプのバカなんだね」
    「な、なに?」
    「ちょっと、エマ?」
     愚痴が終わることを期待していたらしく、クーが困った顔を向ける。
    「いいから」
     が、エマは構わず、話を続ける。
    「こないだも私言ったよね、遠征隊が今、ゼロからどんな期待をされてるかってさ」
    「ああ。戦闘を仕掛け戦果を収めるように、だろう?」
    「ソレさ、もういっこゼロの思惑があるってコト、分かってる?」
    「どう言うことだ?」
    「普段から君、平和主義者なコトほざいてるけどさ、ゼロんトコだってそう言うの、一杯いるだろ? そう言うヤツらが、遠征隊が北で力任せに侵攻してる、現地民を殺戮して回ってるって聞いたら、ソレを率いてるヤツ、つまり君や、何よりエリザのコトを、どう言う風に思うだろうね?」
    「そんな風に言われたら、それは確かに、悪人と思うだろう」
    「そう。そしてゼロは隙あらば、そう言う風に言ってやろうと狙ってるね。で、悪い評判をみんな君たちに押し付けて、自分はその成果だけを掠め取ろうとしてるね。つまり、実際に侵略した君たちをワルモノ扱いして遠ざけて、侵略した土地だけをもらっちゃおうって肚なのさ」
     これを聞いて、ハンはとろんとしていた目を見開いた。
    「ば、バカな! 陛下がそんな……」
    「おバカは君だね。傍から見てたら明らかだってのに、当事者の君が『陛下がそんな下劣な真似をするなんて有り得ない』って、盲目的に信じ切ってる。ソレがおバカでなくて何だよって話だね。
     エリザさえいなくなりゃ、残ったゼロは好き勝手なコトを言いたい放題。『遠征隊によって蹂躙された人々に補償を行う責任がある』とか何とかキレイゴト並べて、いいトコだけ全部持ってくつもりなのさ」
    「い、いや、そんな……」
     酔って赤くなったハンの顔が次第に、いつものように青ざめていく。畳み掛けるように、エマはこう続ける。
    「あとさ、君がマジで真面目に真剣に考えるべきなのは、ゼロは君のコト、どうなろうが構わないって思ってるだろうってコトだからね?」
    「な、なに?」
    「繰り返すけど、今のゼロが重視してるのはエリザを排除するコトだ。『多少の犠牲』は目を瞑ろうとするだろうね。その犠牲が例え、親友の息子だろうとね」
    「そんな……」
    「『そんなバカな』? 『自分だけは守られる』って? エリザと一緒にこっちに送り込まれといて、ソレでまだ、『自分は特別』『助けてもらえる』って思ってる? だとしたら相当おめでたいね。きっとゼロが君のコト死刑だっつっても、当然とか仕方無いとか考えるんだろうね、君」
    「う……ぐ」
     ハンはとうとうグラスを卓に置き、すっかり顔を青くして、黙り込んでしまった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【体育会系の血が騒いでんねやろ】へ
    • 【琥珀暁・乱心伝 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【体育会系の血が騒いでんねやろ】へ
    • 【琥珀暁・乱心伝 2】へ