黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第5部

    琥珀暁・乱心伝 3

     ←琥珀暁・乱心伝 2 →琥珀暁・乱心伝 4
    神様たちの話、第255話。
    怒りのおかん。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     エマからの叱咤を受けた、その3日後。
    「なあ、ハンくん?」
     西山間部から戻ってきたエリザが、心配そうな顔でハンを見つめてくる。
    「なんです?」
    「アンタ、熱でもあるんとちゃう?」
    「は?」
     突拍子も無い言葉をかけられ、ハンは目を丸くする。
    「いきなり何なんですか」
    「いつものアンタやったら、アタシ帰ってくるなり『なんでいつも勝手なコトするんだ』ってけしかけて来るやないの。せやのに今回、ずーと待ってんのに一向に来よらへんやん。調子でも悪いんちゃうって」
    「そんなことはありません。健康です」
    「ソレやったらええんやけどね。あ、ほんでな、アンタ来たら話しようと思って待っててんけどもな」
    「話?」
     尋ね返したハンに、エリザはこう切り出した。
    「こないだ『頭巾』で言うた通り、今な、西山間部の5ヶ国のうち、ハカラ王国・レイス王国・オルトラ王国の3つがアタシら側になってんねんな。で、西山間部で残っとるんはスオミ王国とイスタス王国の2つやけど、こっちを攻めようと思たらどないしても、帝国さんの西山間部軍が出張ってきよるやん? ソレを何とかしようと思てな」
    「なるほど」
    「……ハンくん。ホンマに熱無いか?」
     そう言ってエリザは前髪をかき上げ、ハンの額にぴと、と自分の額を当てた。
    「無いです。何なんですか。近いですよ」
     顔を離したハンに、エリザは首を傾げて返す。
    「何なんですか、はこっちのセリフや。アンタ、いつものアレやったら『戦争なんてしません』やら何やら言うて突っかかるやんか」
    「無論、するつもりはありませんし、エリザさんもそうでしょう?」
    「……」
     答えた途端、エリザの目がすー、と細くなる。
    「ハンくん?」
    「なんです?」
    「エマちゃんに何や吹き込まれたんか?」
    「なんでですか」
    「ビートくんはアンタにずけずけモノ言うタイプやあらへんし、マリアちゃんはアンタが凹むようなコトは絶対言わへん。クーちゃんは強情張っても実は気ぃ弱いから、アンタがやいやい文句言うたら引っ込む娘や。となれば消去法で一人しかおれへんやろ」
    「……特には、何も」
    「『特には』? ほんならあるんやないの」
    「う……」
    「すっきり話しよし。いつものハンくんやないと、アタシも調子狂うわ」
    「分かりましたよ、もう」
     詰め寄られ、ハンは仕方無く白状した。
    「……と言われまして」
    「はぁーん?」
     途端に、エリザは今までハンが聞いたことの無いような、怒りの混じった鼻息を漏らした。
    「な、なんです?」
    「そんなもん、ハラ立つやんか。自分の子に罵詈雑言かまされて、頭から酒びっしゃーって被されたなんて聞かされたら」
    「あなたの子供ではないです」
    「似たようなもんやろ」
     くる、とエリザは身を翻し、すたすたと部屋の出口まで歩いて行く。
    「エリザさん?」
    「ちょっとオハナシしてくるわ」
    「いや、あの、西山間部の話は?」
    「そんなん後や」
     怒りのこもった声色でそう返し、エリザは大股で出て行った。

     エリザは勢い良くエマの執務室の扉を蹴飛ばし、ずかずかと中に押し入る。
    「邪魔すんでー」
    「邪魔すんなら帰ってね」
    「あいよー、……て何でやねんな。用があるから来とんやろが」
     机を挟んで相対し、両者ともにらみ合う。
    「で、なに?」
    「アンタ、随分好き勝手しとるらしいやないか」
    「別にカミサマのご神託が下ったワケでもなし、好きにやらせてもらって何が悪いね?」
    「けなして酒ブッかけるヤツがろくでなしの無礼者やなかったら、大抵のヤツは聖人やで」
    「へーぇ? じゃあ聞いたの、私に泣かされましたわって。ろくでなしの愚か者の上に恥知らずか、あのおバカ娘。三冠達成だ……」
     言い終わらない内に、エリザが魔杖を振り上げ、術を放つ。
    「『ショックビート』!」
    「ヘッ」
     が――これまであらゆる益荒男たちを、一瞬の内に沈めてきたこの魔術を――エマは斜に構えたまま、右手をひょいと挙げ、指を鳴らして弾いた。
    「……っ、う」
     直後、エリザの狐耳からぼたっと、血が垂れる。それを見て、エマはニヤニヤ笑っている。
    「さっすがぁ。反射術対策をしてたみたいだね。でなきゃ君は今頃、私の前でブザマ晒してたね」
    「アンタな」
     耳をぷる、と一振るいし、エリザは再度魔杖を向ける。
    「コレ以上アタシを怒らす気ぃか?」
    「勝手にプンプン怒ってろよ。バカを相手する気無いね」
    「よぉ分かったわ。死にたいらしいな」
    「安い挑発なんかするもんじゃないね。自分のバカを見せびらかすだけさ」
    「挑発ぅ?」
     エリザは魔杖を振り下ろし、火球を発生させた。
    「アタシがコケおどしなんかするかいな。ガチのヤツや」
     次の瞬間――部屋中に熱気と爆轟が発生し、窓と扉が残らず吹き飛んた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・乱心伝 2】へ
    • 【琥珀暁・乱心伝 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・乱心伝 2】へ
    • 【琥珀暁・乱心伝 4】へ