黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第5部

    琥珀暁・乱心伝 7

     ←琥珀暁・乱心伝 6 →2019年11月携帯待受
    神様たちの話、第259話。
    新たなメンバーと新たな計画。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
    「そんなことしてたんですかー。全然気付きませんでした」
     西山間部でのエリザの動向を聞き、マリアは目を丸くした。
    「確かにちょくちょくエリザさん、こっちにいないなーとは思ってましたけど、ふつーに商売してるんだとばっかり」
    「商売と言えば商売だろうな。取引するものが多少違うだけで」
    「それで尉官、3ヶ国を占領したってことですけどー、そのまま残り2つも攻めるだけじゃないんですか? エリザさんから手を貸してほしいって話があったってことは……」
     マリアに尋ねられ、ハンは短くうなずいて返す。
    「そうだ。ここまでは言わば、奇襲作戦だった。だが同じ手を何度も使っていては、奇襲にならなくなる。遅かれ早かれ、相手に手の内が知られてしまうからな。だからここからは、戦法を変えると言う話だ。その戦法の一つとして、俺たち遠征隊が動くことを要請されたんだ」
    「でもエリザさんも尉官も、戦闘を行うつもりはないんでしょう?」
     ビートの言葉にもうなずいて返し、ハンはこう答える。
    「そうだ。エマに言われて気付いたってのが癪だが――今、俺たちが実力行使に出れば、陛下に非難の口実を与えることになる。陛下は戦闘を行った俺たちを公然とそしり、何らかの処罰を与えるだろう。少なくとも、軍からの除隊は避けられない。エリザさんにしたって、どんな悪評を立てられるか分かったもんじゃない。そしてそれは、エリザさんの地位を大きく貶めることになる。
     俺たちにとっても、エリザさんにとっても、その展開は決して望ましくないものだ。である以上、エリザさんはそうならないよう、あらゆる手段を講じて回避するだろう」
    「回避とは、ちょとちゃうな」
     と、ハンの背後から声がかけられる。
    「エリザさん?」
    「アカン方の道に行かへんようにするのんは同じやけど、アタシが考えとるんは『もっとええ道の建設』やね。ただ本道を迂回するだけやと、獣道やら何やら通らなアカンやん? ソレはしんどいから、もっと通りやすくて楽でけて早よ目的地に着ける道バーンと引いたった方が、後々ええやん?」
    「なるほど。……それを言うためだけに来たわけではないですよね」
     ハンはエリザの背後に立っている、短耳の女性に目を向ける。
    「体調はもういいのか?」
    「はい。大分良くなりました」
    「そうか。……紹介する。彼女がさっき話した、シモン班の補充要員だ」
     ハンに紹介され、女性はかちりと敬礼した。
    「失礼します。メリベル・マイラ、19歳、上等兵です。ソーン尉官の元では資材管理を行っていました。至らない点は多々ありますが、よろしくご指導、ご鞭撻の程、お願いいたします」
    「ハンニバル・シモン、尉官だ。よろしく頼む、マイラじょ……」
     ハンが堅い挨拶で返そうとした途端、エリザが彼女の肩をぽんぽんと叩き、座るよう促した。
    「はいはいメリーちゃん、ほな挨拶済んだし一緒にご飯食べよか」
    「えっ、メリーちゃ、……えっ?」
     相手が目を白黒させるのを尻目に、エリザはマリアに目配せする。マリアも察した様子で、彼女に声をかけた。
    「あたしのいっこ下だね。あたしはマリア・ロッソ。よろしくね、メリーちゃん」
    「えっ、あっ、は、はい」
    「尉官はいっつもしかめっ面してるけど、人の言うことしっかり丁寧に聞いてくれる優しい人だから、何でも相談しなよ」
    「りょ、了解です」
     ビートも堅い挨拶を避け、気さくに声をかける。
    「ビート・ハーベイです。よろしくです、メリーさん」
    「……よ、ろしく」
     ハンは一瞬、くだけた態度で接する二人を叱ろうかと考えたが――。
    (そうすると多分、エリザさんが突っ込んでくるな。『ビビらせてどないすんねん』みたいなことを言って。だが、こっちでも萎縮させるのは、確かにあまりいい気分はしない。俺も倣うか)
     ハンはコホン、と空咳し、改めて挨拶した。
    「まあ、うちの班では気楽にやってもらって構わない。上官だ、後輩だからと言って、必要以上にかしこまったり、かしこまるのを強制したりはしない。だから俺も君のことはメリーと呼ぶが、それで構わないか?」
    「は、はい」
    「それじゃメリー、これからよろしく頼む」
    「よろしくお願いします。……あの、早速ですが、尉官」
     と、メリーが恐る恐ると言った様子で、手を挙げる。
    「なんだ?」
    「エリザ先生から、今度の軍事作戦にわたしが必要だと申し付けられたのですが」
    「……うん?」
     これを聞いて、ハンは首をかしげ、エリザに目を向ける。エリザはこくりとうなずき、こんなことを言ってきた。
    「ソコら辺は今から説明するわ。あとな、マリアちゃん、ビートくん」
    「なんでしょ?」
    「はい」
    「ゴメンやけど、アンタらその作戦、参加でけへんし」
    「……へっ?」
     突然の通達に、マリアもビートも、表情を凍り付かせた。

    琥珀暁・乱心伝 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・乱心伝 6】へ
    • 【2019年11月携帯待受】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・乱心伝 6】へ
    • 【2019年11月携帯待受】へ