黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第5部

    琥珀暁・狐謀伝 1

     ←2019年11月携帯待受 →琥珀暁・狐謀伝 2
    神様たちの話、第260話。
    帝国の円卓。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「諸君に集まってもらったのは、他でも無い」
     短耳の男が立ち上がり、円卓に着いた一同を見回した。
    「単刀直入に言おう。西山間部に異変が起こっている」
    「……だから?」
     顔をこわばらせて話を切り出した男に対し、卓の半分は興味無さげな目を向ける。
    「どうせ豪族がどうのこうのと言う話であろう?」
    「いつも通り、ハカラ王国かレイス王国か、その辺りに任せておけば良かろう」
    「そうではない」
     男は大きく首を横に振り、話を続けた。
    「発端は、トブライネン下将軍が叱咤のためハカラ王国を訪ねたことだ。ここを発ったのが3ヶ月前だが、諸君らはここ最近、彼の姿を見ているか?」
    「うん? ……ふむ、そう言えば見かけておらんな」
    「3ヶ月とは、随分長居したものだ」
    「だがいくらなんでも長すぎる。彼奴の部下も困っておるだろう」
    「そう。まさにそれだ」
     男は、今度は縦に首を振る。
    「まったく音沙汰が無く、そもそも長期逗留の連絡も無し。彼らも3ヶ月の間、放って置かれたままだ。故に困り果て、わしに相談してきたのだ。そこでわしは西山間部へ使いを送ったのだが、彼らは道中のオルトラ王国手前で兵士に止められ、やむなく引き返してきたと言う」
    「止められた?」
    「馬鹿な。奴らに何の権限があると言うのだ?」
    「だが、単なる使い3名に対し武装した兵士1個小隊が構えてきたとなれば、引き返さざるを得まい。使いの話によれば、わしの令状を見せても応じず、質問しても答えずで、果てには問答を厭い、槍や斧を向けてきたと言う」
    「ふーむ……? それは確かに妙だ」
    「属国の芋将軍程度のケチな手形ならいざ知らず、帝国軍の上将軍閣下直々の令状を意に介さんとは」
    「不敬も甚だしい!」
     呆れ、憤る者がいる一方で、首を傾げる者もいる。
    「しかし、それほど厳重に警戒していると言うのも妙だ」
    「うむ。何かしらの事情があると見て間違い無かろう」
    「然り。今更反旗を翻したと言うのも、話が唐突すぎるからな」
    「いや、その線も考えられなくは無かろう」
     と、一人が手を挙げる。
    「昨今、沿岸部に南の海からの異邦人が現れたと言う話は皆、聞いておるだろう。そして、その海外人どもによって、沿岸方面軍が壊滅させられたとも」
    「うむ、聞いておる」
    「……ん? まさか」
    「可能性はあるだろう。賊軍どもに感化され、自分たちも異を唱えてみようとしておるのやも知れんぞ」
    「あるいは既に賊軍の手先が忍び込み、懐柔しておるのやもな」
    「流石にそれは無かろう。海外人が山間部へ入ったとなれば、誰かしらそのうわさを耳にして然るべきだ」
    「いや、わしは聞いておるぞ。何でも『狐の耳と尻尾を持った妖艶な美女が、町や村を渡って商売している』とか」
    「うむ。吾輩も聞き及んでおる。中々の美貌を誇るとか。一度目にしてみたいもの、……いや、失敬」
    「ふーむ……」
     円卓に並ぶ将軍たちは各々の判断を探り合うように顔を見合わせ、どう対応すべきか検討する。
    「で、現状どうするか、と言う話であるが」
    「決まっている。叛意があるにせよ、扇動されたにせよ、鎮圧せねば我らの沽券に関わる。陛下も決して、看過しはしないだろう」
    「陛下……か」
    「であるな」
     自分たちの主に言及された途端、全員の表情がこわばった。
    「では、どのように?」
    「西山間部方面軍に指令を送り、基地内の200と周辺国100ずつ、……いや、オルトラ王国が封鎖線を引いていると言うのであれば、オルトラ以北は当てにできんだろう。以南のイスタス王国とスオミ王国は大丈夫だろうと思うが」
    「となると、100ずつ引っ張って200、合計400人か」
    「まあ、それでもオルトラ王国単体で兵隊は300人、それを考えれば400なら十分な数だろう」
    「いや、2ヶ国からの派遣は100から150にした方が良かろう。それならば500、倍近い数になる」
    「では、そのように」
     こうして帝国軍本営の決定により、オルトラ王国へ向けて兵士500名が派遣されることとなった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【2019年11月携帯待受】へ
    • 【琥珀暁・狐謀伝 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【2019年11月携帯待受】へ
    • 【琥珀暁・狐謀伝 2】へ