黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第5部

    琥珀暁・狐謀伝 7

     ←琥珀暁・狐謀伝 6 →ブログ記事3000件到達記念待受
    神様たちの話、第266話。
    西山間部戦、決着。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
     一人も兵士が帰らないまま夜が明け、がらんとした基地内で、司令はおののいていた。
    「ど……どんな方法を使ったか分からないが、誰一人として帰還しないと言うことは」
    「閣下、その、悲観的なことは」
    「言わずにおれるか……。我々は負けたのだ。もうじき朝になる。明るくなれば、敵もふたたび攻めて来るだろう。100人足らずとなった我々のところへな。
     そこで諸君に質問だが、……この結果を持って帝国へ逃げ帰った場合、俺は一体どうなってしまうんだろうな」
     ぼたぼたと涙を流しながら問う司令に、側近らは一様に、渋い顔を返す。
    「……殺されますね」
    「だろうな。と言って敵に投降したとして、俺たちの身の安全が保証されると思うか?」
    「あ」
     司令の言葉に、側近の一人が何かを思い出したかのように声を上げる。
    「あのー……閣下」
    「なんだ?」
    「一昨日ですが、差出人不明の手紙が届けられまして。読んだ当初は、狂人の戯言(たわごと)か何かとしか思えないような内容だったのですが」
    「何の話をしているんだ? こっちは今、生きるか死ぬかの瀬戸際なんだぞ?」
     泣きじゃくる司令に、側近はこう伝えた。
    「手紙の内容ですが、ただ一筆、『大人しく投降した者には身の安全と美味い飯を保証する』とだけ。今にして思えば、まさにこの、今の状況のことではないかと」
    「……ほ、本当に?」

     朝を迎え、基地の前に現れたミェーチ軍団と豪族の連合軍の前に、司令と側近、そして残っていた100名の兵士が、武器も防具も無い、無防備の状態で姿を現した。エリザの手紙で約束していた通り、軍団は無抵抗の彼らを一人も殺さず拿捕し、自陣へと連行して、美味い料理を振る舞った。
     こうして、帝国西山間部方面基地はあっけなく陥落した。

    「ば……か、なっ」
     報告を受け、帝国軍本営は騒然となった。
    「基地陥落だと!? 1000名の兵士を、難攻不落に築き上げたあの要塞を、陥としたと言うのか!?」
    「何かの間違いでは無いのか!?」
     口々にわめき立てる将軍たちに、議長役の上将軍が土気色の顔で説明する。
    「何度も確認した。間違いは無い。基地はもう既に――あろうことか、ほぼ無傷のまま――敵の手に渡っている。懸念していたスオミ王国とイスタス王国も、彼奴らに恭順したことが分かっている。
     最早、基地だけではない。西山間部すべてが、敵の手に陥ちたのだ」
     最悪の事態を突き付けられ、円卓に並ぶ顔は一斉に青ざめた。
    「……陛下は、既に?」
    「存じておられる。そして先程、このように命じられた」
     上将軍は立ち上がり、腰に佩いていた剣を抜いた。
    「ここにいる全員で御前に向かい、その場で自ら首を斬って死ねと」



     今回の戦いで発生した捕虜は全員、元々豪族が隠れ住んでいた山奥へと連行され、軟禁された。
    「軟禁では不十分と思いますが。あの人数で一丸となって脱走されれば、大変なことになりますよ」
     尋ねたハンに、エリザは肩をすくめて返す。
    「脱走? 何のためにや?」
    「それは帝国だとか、身の自由だとか、……あー、と」
     反論しかけて、ハンは自ら納得する。
    「確かに帝国の圧政を考えれば、今の方がよほど自由、と言うわけですか」
    「美味いご飯も仰山食べられるしな。こないだ見に行った時なんかアタシ、『どうも女将さーん』言うて、鶏モモ片手に手ぇ振られたで」
    「相変わらずのご人気ですね。……であれば、背後から刺される類の心配は無さそうですね」
     ハンは西山間部基地から接収された地図を眺めつつ、ため息をつく。その様子を見て、エリザが茶化す。
    「またアンタ、『地図描きたいなー』とか思てるんやろ」
    「それもありますが、……いや、ゴホン、そうではなく」
     ハンは空咳をしつつ、ガタガタと音を鳴らして立ち上がる。
    「結局、戦闘になってしまったか、と」
    「遠征隊には1人も死亡者出てへんやん。連合軍にしても向こうさんにしても、皆殺しになったワケでもあらへんし。そもそも動員した人数考えたら、奇跡的な生存率やろ?」
    「それはそうですが、しかし……」
    「自分で言うのんも何やけど、相当よおやった方やろな。軍団に任せとったら、考え無しにわーっと突撃しまくって全滅やったやろし。ソレ考えたら、ずっと被害は抑えられてるはずやで」
    「詭弁に感じなくも無いですが、納得はしますよ。確かにこれが、現状で考え得る最善策だったんでしょう。……ですが、陛下にどう言い訳をすればいいか」
    「アタシがやったる。遠征隊に被害0やったら、何とでも言えるしな」
    「頼みます。……ところでエリザさん」
     と、ハンが軽く頭を下げる。
    「何やな、改まって」
    「出張を申請したいのですが」
    「測量やろ? 1週間あげるし、仲ええ子探してから、もっかい揃って申請し。1日、2日で納得行くほど周れへんやろ?」
    「あ、……あー、……ええ、はい、では」
     一転、ハンは顔を赤くし、もう一度頭を下げた。

    琥珀暁・狐謀伝 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・狐謀伝 6】へ
    • 【ブログ記事3000件到達記念待受】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・狐謀伝 6】へ
    • 【ブログ記事3000件到達記念待受】へ