黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第5部

    琥珀暁・平西伝 6

     ←琥珀暁・平西伝 5 →琥珀暁・平西伝 7
    神様たちの話、第272話。
    エリザのなぐさめ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     シモン班が測量調査に出たその朝、しょんぼりしているクーの元に、エリザが訪ねてきた。
    「おはようさん」
    「おはようございます、エリザさん」
    「やっぱりやな」
     挨拶を終えるなり、エリザはクーの顔に両手を添え、ため息を付いてきた。
    「え、なっ、え、エリザさん?」
    「アンタ、ココんトコまともに寝てへんやろ?」
    「ぅえ?」
    「目ぇは赤いし、お肌もカサついとるし。よっぽど嫌なコトあった、っちゅう顔しとるで」
    「……そこまでお見通しであれば、今のわたくしの気持ちも察していらっしゃるのでしょう?」
     尋ねたクーに、エリザはこくんとうなずいて返す。
    「そらな。そうやなかったら、朝っぱらからお邪魔せえへんて。……ハンくんのコトやろ?」
    「ええ」
    「あの子はアタマのネジ、1本2本飛んどるんかと思う時あるな。アンタの気持ち知っとるはずやのに、最近お気にの女の子と悪びれもせんと遊びに行くとか、正気を疑うでホンマ」
    「浮気性、……と言うと語弊がございますわね。そ、そもそも、お付き合いしているわけでは、ございませんし。もっと的確に、申すとすれば、やはり、わたくしは、……ぐす、……相手にされて、……ひっく、……いないの、でしょうね」
     話しているうちに悲しさが押し寄せ、クーの目からぼたぼたと涙がこぼれ出す。
    「や、そない急に決め付けんでも、な? ……しゃあないな。うん、気ぃ済むまで泣いたらええ。落ち着くまでアタシが側にいたるから」
     そう言って、エリザはハンカチを差し出す。クーはそれを半ばひったくるように受け取り、顔に押し当てた。
    「……ひっく……ひっく……お、お気遣い、……ぐすっ、……感謝、いたしますわ」

     ひとしきり泣き、ようやく落ち着いたところで、ずっと肩を抱いていてくれたエリザが笑う。
    「ハンカチぐっしょぐしょや。よお泣いたなぁ」
    「申し訳ございません……」
    「ええて、ええて。せや、お腹も空いたやろし、ちょっと街行かへんか?」
    「え? ……あ、と」
    「ま、その前にお風呂入ろか。髪の毛もくしゃくしゃやし、顔も真っ赤やしな。整えへんとな」
    「え、ええ」
     そのまま連れ立って浴場へ向かい、二人で湯船に浸かる。
    「はぁ……あ」
    「落ち着いたか?」
    「ええ、大分。……あの、お聞きいただきたい件がひとつ」
    「なんや?」
    「ハンの、今回の測量調査ですけれど、ハンはわたくしに、まったく声をかけて下さらなかったのです」
    「そらひどいな。一回くらい誘ったったらええやろにな。そらまあ、こないだのんで懲りたんやろけども」
    「わたくし、言い過ぎたのかしら……」
     ちゃぷ、と湯船に顔まで沈んだクーの頭を、エリザが優しく撫でる。
    「あの子は言われ過ぎるくらいで丁度ええねん。普段ろくに、周りから叱られへんのやから。
     自分では人格者やー、良識ある人間やー思とるみたいやけどな、実際他人を軽く見とるわ、自分の考えを押し付けるわで、めちゃめちゃ嫌われやすい性格してんねん。こないだのシェロくん時の騒ぎも、アタシが何とかしたらへんかったら、反乱起こされとったで。せやから叱れる人間がこまめに叱ったるくらいで、丁度良おなるんや。
     アンタのやったコトは何も間違うてへん。バッチリやっとるで」
    「ありがとうございます、エリザさん」
     クーはエリザにぴと、と肩を付け、ほんの少しだけエリザに寄り添おうとしたが、エリザは笑って、ぐい、と自分の懐に抱き込んで来る。
    「遠慮せんでええよ」
    「きゃっ!?」
     ぎゅっと抱きしめられるが、クーに不快感は無く、むしろ――物理的にだけではなく――温かいものを、じんわりと感じていた。
    「何やかんやで2年も故郷離れとるからな。色々寂しい気持ちもあるやろ? もっと甘えてええよ」
    「……ふふっ、……ありがとう」
     苛立ちや不安で凝り固まった心が解れるのを感じながら、クーもエリザの腕を抱きしめていた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・平西伝 5】へ
    • 【琥珀暁・平西伝 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・平西伝 5】へ
    • 【琥珀暁・平西伝 7】へ