FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第5部

    蒼天剣・剛剣録 2

     ←蒼天剣・剛剣録 1 →蒼天剣・剛剣録 3
    晴奈の話、第246話。
    落ちた下馬評。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     エリザリーグと賞金についてもう一度、詳しく説明しておこう。
     エリザリーグは年二回、5月~6月と、11月~12月に行われる。参加人数は5名、全10回の総当り形式で対戦が組まれる。
     強豪同士が対戦するため、双方に相当の疲労やケガ、ストレスが発生する。そのため、試合は1日1回、3日おきに行われる(なお、エリザリーグ開催中もニコルリーグを除くリーグ戦は通常通り行われる)。
     1回の試合に勝てば、賞金10万クラム。また、優勝賞金は100万クラム。これだけでも全勝すれば140万の大金となるが、もう一つ大きく金が動くところがある。非公式に存在する賭博団体が、この試合結果を賭けの対象にしているのだ。
     大きな注目を集めるイベントなので、賭けられる総額も半端な額ではなく、一説では数百万、数千万の金が集まるとも言われている。



     大仰な演出と演説めいた前説が散々続いた後、ようやく一回戦が始まった。
    「さあ、それではいよいよ第1戦、クラウン対ナラサキの開始です!
     東口からは歴戦の覇者、『キング』こと、ピサロ・クラウンの入場です! 前回のエリザリーグでは2勝2敗と、残念ながらあまり良い結果を残すことはできませんでした!
     しかし、しかし! 今回こそはその巨体と経験を活かした、まさに王と呼ぶべき試合を我々に見せてくれるはずです! 闘技場選手歴28年の底力を今回こそ見せつけてくれると、我々一同期待しております!」
     アナウンスに従って、クラウンがリングの東口からその姿を現した。
    「……ケッ、くだらねえことをグチャグチャと」
     小声で誰にも分からないようにつぶやいたが、その厭世観(えんせいかん)は観客に伝わってくる。
    「何かさ……」
    「うん?」
    「キング、老けたよなぁ」
    「そうだな」
     観客たちは口々に、クラウンの様子に眉をひそめている。
    「もう50だっけ?」
    「いや、まだ49だったと思うけど」
    「どっちにしたって、もう闘技場でワーワー暴れる歳じゃないだろ」
    「あのおっさん、頭の中は子供だからなぁ」
    「ははは……」
    (ちくしょう……)
     十数年前は歓声だった観客の声も、今では嘲笑に近い。
    「今回、どうなのよ?」
    「勝てるわけないじゃん」
    「だよなぁ。最近じゃ全然、ニコルで代理出場もしてないんだろ?」
    「もう終わりだよ、終わり。俺、この試合もナラサキに賭けたもん」
    「あ、俺も。聞いたか、ナラサキのオッズ(払い戻し率)1.02だって」
    「低っ。て言うか、それって1倍切ったってことだろ、元の倍率が」
    「ああ。元は確か0.79だってさ。賭けにならないから、補正入ったんだって」
    「胴元は赤字だろうな」
    「こりゃ、来期はキング消えるな」
    「間違いないだろ。これじゃ賭けにならないし、大赤字出すことになるし」
     観客のざわめき自体は、クラウンの熊耳に聞こえてはいない。
     だが、クラウンの意気消沈が観客に伝わったように、観客の冷たい視線は、クラウンにはたまらなくなるほど感じられる。
    (くそっ……、くそっ……、くそっ……!
     お前ら、もっと応援しろよ! もっと、俺を盛り上げろよッ! 何だこの、まるでゴミ捨て場のガラクタでも眺めるような視線はよぉ……!)

     そんなクラウンに構うはずもなく、司会者は楢崎の紹介に移る。
    「続いて西口からはナイスミドル、央南剣士のシュンジ・ナラサキの入場です!
     昨年11月末に出場してから、勝率8割強とまずまずの成績で進んできました! その憂愁を帯びた漢の顔は、同年代の女性客の人気を一手に集める、オリエンタルな甘いマスク!
     もちろんもちろん、腕は超一流! 央南を代表する剣術一派、焔流剣術の使い手です! 長年磨いてきたその技術が、キングを相手にどこまで通用するかが見所でしょう!」
     西口に現れた楢崎は、非常に清々しい顔をしている。朝、晴奈と語ったことが、彼の心を非常に澄み渡らせていた。
    (何だか、こんな気持ちは若い時以来だな。すごく、ワクワクしている……! 刀を振るうこと自体が、ひどく楽しかったあの時と一緒だ。
     そうか……、そう言えば篠原と戦った時以来だな。あの時以来、僕は心のどこかで自分の剣術を信頼できなくなっていた。
     こうして嬉々として刀を手にしているのは、もう何年ぶりになるか……)
     楢崎の心の中には、過去の事件が蘇ってきていた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    選手の紹介書いてる時、笑いそうで笑いそうで。
    何や、甘いマスクてw

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.06.16 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・剛剣録 1】へ
    • 【蒼天剣・剛剣録 3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    九尾闘技場での対戦は「ショー」の意味合いが強いですからねぇ。
    あんまりバイオレンス過ぎると、お客さんがドン引きしてしまうでしょうし、闘技場側で死人が出ないよう、制限されてるんでしょうね。

    124人でどんどん死んでいくトーナメントですか。
    決勝の寂寥感が計り知れませんね。

    NoTitle 

    リーグなので、総当りになるのですね。それはそれで面白そうですね。某ゲームでは124人によるトーナメント戦で、負けたものは死ぬ、という徹頭徹尾残酷なものもありましたね。名前なしのキャラがどんどん減っていって、最後は会話する人がいなくなる感が壮絶ですたね。
    今回は死ななそうで何よりですね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・剛剣録 1】へ
    • 【蒼天剣・剛剣録 3】へ