FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 13 ~ フォックス・ハンティング ~ 1

     ←イラスト;小鈴(蒼天剣、3回目その2) →DETECTIVE WESTERN 13 ~ フォックス・ハンティング ~ 2
    今年最後の小説。
    人を狩る狐。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「いらっしゃい」
     サルーンの扉を開け、一人の男が入ってきた。男はまっすぐカウンターへと歩み寄り、帽子も取らずにすとんと席に着く。
    「ご注文は?」
     マスターが尋ねるが、男は何も言わない。けげんに思いつつ、マスターはもう一度声をかける。
    「お客さん、ここはサルーンですぜ。席に着いたってんなら、何か注文して下せえよ」
    「うむ」
     そこでようやく男は返事し、帽子を脱ぐ。
    マスターは最初、肌の色つやや白髪の多い髪の具合から、彼を50はじめくらいの中年と見定めていた。だが、西部ではあまりお目にかかる機会の無い、上下のきりっと決まったスーツと、穏やかながらも、底知れぬ気力に満ちあふれた表情――そして何より、何か重大な決意を秘めた、燃えるようなその眼差しを見れば、彼が30そこそこの、精力的な壮年であるようにも思えた。
     その不可思議なギャップに、マスターはこの一瞬ですっかり、心の中をかき乱されていた。
    「あ……と」
    「うん?」
    「い、いや。……ああ、そうだった。ご注文は?」
    「では、コーヒーを」
    「こ、コーヒー?」
     西部の真っ只中でそんな洒落た注文を出されるとは思わず、マスターは二度面食らう。
    「コーヒーですかい? 何度も言いますが、ここはサルーンですぜ?」
    「仕事中は、一滴も口にしないのが私の流儀でね」
    「仕事?」
    「うむ。人を探している」
     そう言って、彼は懐に手を入れる。拳銃でも取り出すのかと警戒し、マスターの右手が自然にカウンターの下へと伸びる。が、男はぴら、と紙切れを取り出し、マスターに向ける。
    「安心してくれ。ただの人相書きだ。名前はウィリス・ウォルトン。先日、K州州立刑務所を脱獄した凶悪犯だ」
    「な、……なんでそれを、ここで、俺に聞くんだ?」
     マスターは三度、男を不気味がる。
    「ここはサルーンだ。何てことの無い、田舎町のな。そして俺はただのマスターだ。こんなところで聞くような話題じゃ……」「それは」
     声を荒げかけたところで、男がさえぎる。
    「君がかつての『バンデッド・スティーブ』だからだ」
    「……っ!」
     反射的に、マスターの右手がカウンターの中へと伸びる。だが、男は「心配しないでいい」と続けた。
    「今、私が追っているのはウォルトンだ。君じゃあない。君が今ここで、そのショットガンを構えたりせず、ただウォルトンについて、知っていることを洗いざらい教えてくれさえすれば、私はこのまま静かに、店を後にすると約束しよう」
    「うっ……ぐ」
     マスターはカウンターの中にあったショットガンから手を放し、その右手で、人相書きを手に取る。
    「ウィリス・ウォルトンだったな。ああ、確かに少し前、こいつ本人が店に来た。奴とは昔なじみで、色々『仕事』した仲だからな」
    「誰かと一緒に来ていたかね?」
    「ああ。30ちょいくらいであごひげを生やした、鼠みたいな男がいたな。ウィリスはダリウスと呼んでいたな」
    「ここへは何をしに?」
    「『脚』を買いに来た。馬6頭を300ドルで」
    「どこへ行くと言っていた?」
    「知らん。いや、本当だ。だが――ウィリスは何も言ってなかったが――ダリウスって奴の方が、やたらしゃべってた。メキシコ湾がどうとか、船やら積荷やらがどうとか。あと、何か変なこと言ってたな」
    「変なこと?」
    「いや、もしかしたら俺の聞き間違いかも知れん」
     言葉を濁すマスターに、男は強い語調で尋ね直してきた。
    「聞かせたまえ」
    「ん……。いやな。そのダリウスって奴、多分酔っ払ってるかなんかしてたんだろうし、じゃなきゃ、『これで合衆国にケンカ売れるってもんだぜ』なんて、そんなバカなこと言い出しゃしないだろうぜ」
    「ふむ」
     男は席を立ち、人相書きを懐にしまいつつ、もう一度マスターに尋ねる。
    「本当に、どこへ行ったか知らないんだな? 見当も付かないと?」
    「ああ。昔なじみって言ったって、もう何年も前だからな。最近のあいつが何をしてるかなんて、正直、聞きたくも無い」
    「そうか」
     くる、と踵を返した男を見て、マスターの右手がぴく、と動く。
    「やめておきたまえ」
     が、男が背を向けたまま、それを制する。
    「旧大陸では狐狩り(フォックス・ハンティング)などと言うお上品な遊びが流行っているが、私は狩られる側ではなく、狩る側だ。君がショットガンを持ち上げたその瞬間、私の右ポケットに放り込んでいるドラグーンが、君の額に穴を開けるだろう」
    「う……っ」
     男の言葉に威圧され、マスターは素直に、カウンターの上に手を置き直す。
    「あ……あんた、何者だ? とてもそこいらのゴロツキや、気取った田舎紳士なんかとはモノが違うぜ」
    「私かね? 私は『狐』さ。では、失礼」
     そのまま、何事も無かったかのようにサルーンを後にする男を見送り、マスターは額に浮いた汗を拭いながら、ぼそりとつぶやいた。
    「『狐(フォックス)』――まさか、……まさか奴が、ディテクティブ・フォックス……!?」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【イラスト;小鈴(蒼天剣、3回目その2)】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 13 ~ フォックス・ハンティング ~ 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【イラスト;小鈴(蒼天剣、3回目その2)】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 13 ~ フォックス・ハンティング ~ 2】へ