FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第5部

    蒼天剣・剛剣録 4

     ←蒼天剣・剛剣録 3 →蒼天剣・剛剣録 5
    晴奈の話、第248話。
    三傑の戦い。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     上段に構えたままの篠原に楢崎と藤川はじりじりと近寄り、間合いを詰めていく。その後ろにいる重蔵は、じっと静観している。
    「うりゃあッ!」
     先に仕掛けたのは藤川だった。にらみ合った状態から、不意に駆け出す。
    「……むっ!」
     間一髪で篠原が防ぎ、藤川の初太刀が止められた。そこで楢崎も、篠原目がけて飛び込んでいく。
    「とうっ!」「甘いわッ!」
     篠原は楢崎の突撃を見抜き、藤川と鍔迫り合いになったまま、楢崎の腹を蹴る。
    「うっ、ぐ……」
     楢崎は腹を押さえ、二、三歩下がる。一瞬藤川が楢崎に気を取られた隙に、篠原は藤川を突き飛ばした。
    「うおっ!?」
    「甘い、甘いぞお前ら!」
     篠原は仁王立ちになり、楢崎たちと距離を取る。握られた刀から火がほとばしるのを見て、重蔵がうなった。
    「ぬう……。同門に『焔』を向けるか」
    「俺の邪魔をするな、クズ共ッ!」
     篠原は火の灯った刀を構え、斬りかかってきた。
    「くそッ!」
    「燃える刀」が藤川に迫る。藤川も刀に火を灯して篠原の太刀を防ぎ、もう一度鍔迫り合いの形になった。
     だが小柄な藤川より、上背のある篠原の方が圧倒的に力が強く、藤川は半ば押さえつけられるような姿勢になる。
    「ぐ、く……」
    「藤川、一つ焔流の古さを教えてやる……」
     篠原が小声で、藤川に何かを伝える。それを聞いた藤川の額に、青筋が走る。
    「……バカ言ってんじゃねえ。焔流に弱点なんぞ、あるわけあるかってんだ」
    「あるのだ。それをお前の体に叩き込んでやる」
    「何だと……!?」
     次の瞬間、ブチブチと鋼線が千切れるような音と共に、藤川は吹き飛ばされた。
    「ふ、藤川くん!」
    「が、はっ……」
     藤川の右腕が断たれている。そして胸には、ブスブスと煙を上げる焦げ跡が付いていた。
    「これがその証明だ」
    「てめえ、一体、何を……」
     篠原は足元に落ちた藤川の刀と腕を手に取る。それは既に燃え尽き、炭と2本の錆びた棒になっていた。
    「ごくごく単純なことなのだ。そして、その単純なことが焔流、最大の弱点だ」
    「……」
     重蔵は倒れた藤川を、愕然とした表情で見つめている。一方、楢崎は憤慨していた。
    「何てことを……! 篠原くん、君は正気なのか!? 友人を斬るなんて!」
    「友人? 友人と言ったか、楢崎」
     篠原は藤川の腕と刀を投げ捨て、ニタニタと笑う。
    「俺はこいつもお前も、友人だなどとは思っていない。俺の行く道を邪魔する、ただの雑魚だ」
    「……許さないぞ、篠原くん。いや、篠原ッ!」
     元来直情径行な楢崎は篠原の凶行と台詞に怒り狂い、飛び出した。
    「ふんッ!」
     三度、篠原は鍔迫り合いの形になる。だが、今度は篠原の分が悪い。篠原より頭2つほど、楢崎の方が大柄なのだ。
    「む、ぬう……」
    「許さないッ、許さないぞ篠原ァッ!」
     体が大きい分、筋力や腕力も相応に強い。篠原は次第に、グイグイと圧されていく。だが篠原は依然、不敵に笑っている。
    「馬鹿の一つ覚えの如く、許さん許さんと……。許さなければどうだと言うのだ?
     貴様如き格下が俺を許すの許さないだの、片腹痛いわ!」
     篠原の刀にふたたび火が灯る。瞬間、楢崎は危険を感じ取った。
    「だあッ!」
    「お、う……!?」
     素早く蹴りを入れ、篠原を突き飛ばす。篠原はのけぞり体勢を崩しかけたが、後ろにとんとんと歩いてこらえきる。
    「……ふ、臆したか」
    「ぐ……!」
     落ち着いた中年の今とは違い、この時の楢崎はまだ負けん気が強かった。篠原の挑発を受け、すぐ頭に血が上る。
    「瞬さん、落ち着きなされ」
    「……はい」
     背後からかけられる重蔵の声に何とか答えるが、頭の中は友人を斬られ、挑発されたことに対する怒りがまだ煮え立っている。
    「行くぞ、篠原ッ!」
    「はっ、宣言などせずさっさと向かえばいいだろう。相変わらず鈍重な男よ」
    「ッ!」
     もう一度挑発され、楢崎は本格的に激昂した。
    「うおりゃーッ!」
     渾身の力を込め、篠原に斬りかかる。流石の篠原も、この渾身の一撃には怯む様子を見せた。
    「む……!」
     楢崎が握る刀に、これでもかと言うくらいの炎が燃え盛る。
     楢崎は激情に任せ、その炎を篠原にぶつけた。
    「う、おおお……!」
     炎は確実に篠原を捉え、分厚い道着を切り裂いた。
    (やった、か……!?)
     楢崎の五体が、急激にだるくなる。気合いを込めすぎた反動で、強烈なだるさが楢崎にまとわり付いてきた。
    「……っく」
     しかし、まだ篠原の生死を確認できていない。楢崎は残った気力を振り絞り、脚に力を入れて倒れそうになるのをこらえた。
    「どうだ、篠原……!」
     頭が非常に重たく感じられ、前を向くことさえも辛い。楢崎はその方向に目を向けずに、間違いなく斬りつけ、相当の深手を負ったはずの篠原に問いかける。
     だが、返って来た声は予想以上に余裕綽々な色を帯びていた。
    「これがお前の全力だと言うのか? フン、痛くもかゆくもないわ!」
    「な、ん、だと……」
     心が折れ、楢崎の脚から力が抜けていく。
     重たい頭を無理矢理に上げてみると、上半身裸になった篠原が悠然と立っているのが、視界に入った。
    「なぜ、なんだ……」
     その問いに答える代わりに、篠原は楢崎の左肩から右脇にかけてバッサリと斬りつけた。
    「ぐああッ!」
     屈強な楢崎といえども、深く斬り付けられては流石に立っていられなかった。
    「お前も焔流が、どんなに矛盾を抱えているのか分からんようだな。まったく、愚かな……」
     倒れ込んだ瞬間、篠原が何か言っていたようだが、それを聞く意識は残っていなかった。

     完全に気を失う直前、重蔵の怒鳴り声と、強烈な爆発音が聞こえた気がした。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.06.16 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・剛剣録 3】へ
    • 【蒼天剣・剛剣録 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・剛剣録 3】へ
    • 【蒼天剣・剛剣録 5】へ