黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 13 ~ フォックス・ハンティング ~ 15

     ←DETECTIVE WESTERN 13 ~ フォックス・ハンティング ~ 14 →2020年1月携帯待受
    ウエスタン小説、第15話。
    最大にして最後の作戦。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    15.
    「お久しぶり、リーランドさん」
     エミルが電話をかけた相手――道楽者の大富豪、ロドニー・リーランドは、嬉しそうな声で答えてきた。
    《おわおっ!? なんかクールセクシー系のお声のお嬢さん!? ……え、えーと、失礼、あの、誰ですか?》
    「ありがと。エミル・ミヌーよ。覚えてるかしら?」
    《えみ……えみる、えー、……あっ、あー、うん、覚えてる、バッチリ、オーケー。です。あっ、えーと、え、エミルさん、いや、……オホン。エミル、俺に電話って、あの、何か用事が?》
     しどろもどろのロドニーに、エミルは淡々と用事を伝える。
    「あたしがあなたに預けてたお金、いくらくらいになったかしら?」
    《お金? お金……お金……おかね? ……あー! あー、はいはいはいはい、お金ね、うん、あの、アレだ、ダイヤ鉱山のヤツだよな?》
    「そう、そのそれよ」
    《えーと、ちょっと待ってくれよ、……おーいグリフィス、あれってどうなった? あれだよあれ、鉱山の利益。……あ、そんな出てたの? へー。……っと、待たせたな。今確認したら、なんか総額1200万ドルくらいになったってさ。だからあんたには120万ドル、……じゃないっけ、あん時の10人で10等分だから……》
     話をさえぎり、エミルが続ける。
    「それ、今ちょうだい。100万ドル分」
    《……へ? 今?》
    「今すぐ、100万ドルが必要なの。仲間も納得してくれてるわ」
    《いや、今ったって、現金で送るのは無理だぜ。渡すとなると、俺が立て替えないと……》
    「お願い。合衆国の危機を救うためなの」
    《……何かすげーヤバそうでデカそうな話だな》
     浮ついていたロドニーの声が、一転して真面目なものになる。
    《分かった。今すぐ探偵局に送ればいいのか?》
    「いえ、……局長、さっきの会社ってどこ?」
    「N州のウエスタンテレグラフ&テレフォン社だ」
    「ありがと。聞こえた? そこに送ってちょうだい」
    《分かった、送金しとく。送金者が俺の名前じゃ変だよな?》
    「ええ。ジェフ・F・パディントン名義でお願い。送ったら向こうに連絡しておいて」
    《オーケー。じゃ、すぐ銀行に言っとくわ》
    「ありがとね」
    《あ、あ、ちょっと待った。あの、エミル》
     と、エミルが電話を切ろうとしたところで、ロドニーが呼び止める。
    「なにかしら?」
    《あのー、えーと、……こ、今度お茶とかどうかなって》
    「いいわよ。あなたがN州に来た時にでも、ね」
    《おっ、おう! んじゃ、また! じゃあ、あの、じゃあ……》
     そこで電話を切り、エミルは受話器を局長に返した。
    「ありがとう。では返事を聞いてみるとしよう」

     1時間後、再度電話をWT&T社へとつないだ局長は、今度は安堵した表情を浮かべていた。
    「……うむ。……うむ。それで構わん。では、よろしく頼む」
    「どうでした?」
     尋ねたアデルに、局長は大きくうなずいた。
    「二つ返事でオーケーしてくれた。まもなくC州の電信電話網は不通となる。これでポートショアの残党が本拠地に連絡することは不可能になった。ただし1週間の間だけだがね」
    「そ、それだけですか?」
     困った顔をしたサムに、局長は肩をすくめて返す。
    「向こうも商売だ。それ以上停止させれば、被害は100万ドル以上になってしまう。これ以上エミルの財布をかじるわけには行かんだろう?」
    「そ、そうですよね……、はい」
    「よって、この1週間以内にすべての決着を付けなければならんと言うわけだ」
     その言葉に、局員全員の顔に緊張の色が浮かんだ。
    「決着……」
    「そうだ。具体的に言えば、この1週間で我々はC州に到着し、装備を整えてサンドニシウス島に上陸し、大閣下を拘束せねばならん。でなければ1週間後、C州の電信電話網は回復し、異状を伝えられた組織は大慌てで島を飛び出し、行方知れずになる。そうなれば我々がもう一度組織の尻尾をつかむことは、向こう10年は不可能になるだろう。
     そしてその優位を利用しない大閣下ではなかろう。その10年の間に、いや、1年以内にででも、合衆国殲滅のために培っていた資金と人員、そして銃火器を、我々探偵局の殲滅のためだけに傾斜投下してくれば、我々はひとたまりもあるまい」
    「……」
     誰ともなく、ゴクリと固唾を飲む音が響く。
    「諸君」
     局長が淡々と、しかし威厳をにじませた声で続ける。
    「これが我々と組織の、最後の戦いになるだろう。全身全霊を以て、任務に当たってくれ」
     その言葉に、自然と全員が敬礼していた。


    DETECTIVE WESTERN 13 ~フォックス・ハンティング~ THE END

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    ブログ「妄想の荒野」の矢端想さんに挿絵を描いていただきました。
    ありがとうございます!

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    DW13、終了です。
    後は残すところ、DW14と15の2つ。来年完結予定です。
    と言うことでいよいよ次回、最大の山場を迎えることとなります。

    ちなみに――以前にもお伝えしましたが――DWは電子書籍として販売中です。
    DWの番外編であるOW、「OUTLAW WESTERN」も収録されているので、ご興味のある方はお買い求め下さい。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 13 ~ フォックス・ハンティング ~ 14】へ
    • 【2020年1月携帯待受】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 13 ~ フォックス・ハンティング ~ 14】へ
    • 【2020年1月携帯待受】へ