FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第5部

    蒼天剣・剛剣録 6

     ←蒼天剣・剛剣録 5 →蒼天剣・剛剣録 7
    晴奈の話、第250話。
    筋肉超人、楢崎。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     試合の開始が告げられるなり、クラウンは楢崎に向かって飛び込んでいく。
    「うおらっしゃあああッ!」
     リングを揺らす叫び声と共に、楢崎の頭を目がけて鉈が振り下ろされる。
    「……おおおッ!」
     楢崎は刀を上にかざし、クラウンの初弾を受ける。クラウンはこの時、心の中で勝利を確信し、笑い転げていた。
    (け、けけけッ……! よりによって受けるか、この馬鹿野郎が!
     俺様はクラウン、『キング』クラウンだぞ!? この俺の、『熊』の一撃が短耳ごときに受けられるわけねえだろうが! 反射的に受けやがったな、カスが!
     このまま、ぶっ潰したらああああッ!)
     鉈が当たる直前、クラウンは袖が千切れるくらいに筋肉を盛り上がらせ、渾身の力で鉈を叩きつける。ゴイン、と言う鈍く重たい音がリングに響き渡り、リングは楢崎の惨状を予感してどよめきかけた。
     だが――。
    「お、……おおお、おうッ!」
     楢崎の頭が弾け飛ぶどころか、彼の刀さえも曲がっていない。
    「……んな!?」
     クラウンは予想とあまりに食い違う状況に、間の抜けた声を漏らした。両者の力は拮抗し合い、どちらも微動だにしない。
     と、楢崎がブツブツと何かを唱え始めた。
    「十害をはねつけ、百労をものともせず、千苦を乗り越え、万難を排して、一事を成す。この金剛の決意、剛胆なる性根こそ『剛剣』の極意なり」
     楢崎の全身から立ちのぼる魔神のような気迫に、クラウンはたじろぐ。
    「な、んだ? ま、魔術か? 呪文か?」
    「魔術でも、呪文でも無い。ただの、……気合いだッ!」
     袖がまくられ、二の腕まで見えていた楢崎の両腕がボン、と盛り上がる。先程のクラウンのそれと同じくらいの、いや、それ以上の膨れようだった。
    「う、お、おおおお、りゃあああッ!」
     楢崎は力一杯足を踏ん張り、両腕を振り上げる。力自慢のクラウンによる押さえつけを、力だけで無理矢理に吹き飛ばした。
    「お、う……っ!?」
     抑えがたい力に跳ね飛ばされ、クラウンがのけぞる。楢崎はそのまま刀を振り下ろし、クラウンを叩きのめした。
    「うおりゃーッ!」「げふぅ!?」
     ちなみに闘技場で刃物を使用する際は、殺傷能力を抑えるため刃に革を被せて防護してあるのだが、それでも刀は金属の塊である。
     それを左肩に当てられては、流石のクラウンも耐え切れない。クラウンは胃液を吐きながら、仰向けに倒れた。
    「……はぁ、はぁ」
     楢崎はクラウンがピクリとも動かなくなったのを確認し、刀を納める。
     どう言うわけか、これほどの力を加えられた刀は少しも曲がっていなかった。その様子はまるで、彼の剛毅な決意が刀に移ったかのようだった。
    「勝者、シュンジ・ナラサキ!」
     アナウンスが興奮に満ちた声で、楢崎の勝利を告げる。
     試合時間は、わずか1分足らずだった。



    「いや、感服いたしました、楢崎殿! まさか、あのクラウンに真っ向勝負で勝ってしまわれるとは」
     晴奈がほめちぎりながら、楢崎の杯に酒を注ぐ。楢崎はまた赤虎亭に呼ばれ、初戦の勝利を祝われていた。
    「いやいや……」
     楢崎は酒と祝われる気恥ずかしさから、顔を赤らめている。
    「むしろ、僕は力しかとりえが無いからね。あれ意外に勝つ方法は無かったんだよ」
    「そう謙遜なさらずとも……」
    「ううん、謙遜なんかじゃないよ。僕には冷静に物事を考える頭脳も、力量差をひっくり返せる技術や知識も……」「あーあーうっせー、んな暗いコト考えんなって!」
     場が盛り下がりそうだったためか、朱海が突っ込んできだ。
    「何はともあれ、アンタ今日は勝ったんだから楽しく祝おうぜ、なっ!」
     朱海の言葉に、楢崎は頭をかきながらうなずく。
    「そうですね、はは……。こんなおめでたい席で、湿っぽい話は良くない」
    「そーだよ、さ、呑め呑めっ」
     朱海はニッコリ笑って、酒瓶を両手に持ってはやしたてた。
    「あ、晴奈も景気づけに呑んじゃいな。次だろ、試合」
    「ええ。シリンと戦う予定です」
     楢崎と並んでカウンターに座っていたシリンが、嬉しそうに手を挙げる。
    「そーなんよ、アケミさん。ウチ、姉やんといきなりなんですわ」
    「そりゃまた、闘技場が沸き立つでしょうねぇ」
     小鈴が料理を運びながら、ニヤニヤと笑ってシリンと晴奈の肩を叩く。
    「ま、どっちも頑張んなさいよ。あたしは、両方応援してるからね」
    「ええ、存分に腕を振るうつもりです」
    「へっへー、ウチもちょー頑張るからな」
     晴奈とシリンはカウンター越しに堅く握手を交わしつつ、健闘を約束した。その様子を見ていた楢崎が、ぽつりとつぶやく。
    「僕はその次、また戦うことになるみたいだ。次の相手は、ウィアードくんだそうだ」
    「うぃ、……ロウですか。それはまた、苦戦しそうな」
    「ああ。クラウンと違って、彼はなかなかの試合巧者のようだ。今回みたいな一筋縄では行かないだろう。
     まあ、何を言っても、結局は頑張るしかないけれどね」
    「はは、楢崎殿らしい」
     この日の祝勝会は、和やかに締めくくられた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.06.16 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・剛剣録 5】へ
    • 【蒼天剣・剛剣録 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・剛剣録 5】へ
    • 【蒼天剣・剛剣録 7】へ