FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第6部

    琥珀暁・遠望伝 3

     ←琥珀暁・遠望伝 2 →琥珀暁・遠望伝 4
    神様たちの話、第285話。
    夜が来る。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     エリザが帰ったその日の晩――と言っても一年を通して日照時間の短い北方であるため、まだ夕飯の支度が済んでいないくらいの時間である――ミェーチは己の居城をうろついていた。
    (ふむー……。今夜はどうやら肉料理のようであるな。猪か、鹿か……)
     廊下に漂う匂いから夕飯の内容をぼんやり推理しつつ、ミェーチは窓の外に目をやる。
    (そう言えば女史が色々と持って来てくれたようだったが、今晩はそれが食卓に並ぶと見た。ならば相当の馳走であることは間違い無かろう。ふふふ……、楽しみである。
     しかし吾輩も随分、呑気なことを考えるようになったものよ。昨年の今頃は明日をも知れぬ身と、日々焦燥しておったものだが。重ね重ね、女史とシェロには感謝せねばな)
     エリザと、そして娘婿のことを考え、ミェーチはため息をつく。
    (考えてみれば、吾輩はどれだけ彼らの世話になっておるやら。いや、吾輩だけでは無い。娘も、そして吾輩に付いて来てくれた皆も、二人に受けてきた恩は並大抵の言葉では言い表せんほどに大きい。……その恩に報いるためにも、これからの戦いはより一層、奮起せねばな。孫も産まれることであるし)
     そのことを考えた途端、ミェーチは自分のほおが緩むのを感じた。
    (孫、か。まあ、確かにいつかはできるものと思ってはおったが、もうその時が来るのだな。しかも異邦の者との間に、か。いや、それが不満であるとか、望ましくないだとか、そんなことは思ってはおらん。むしろ誇らしいことである。
     いつか吾輩の孫は、この邦と南の邦との架け橋になってくれるだろう。それを思えば、誇りとせぬ道理は無かろうよ)
     あれこれと夢想じみた思索を続けているうちに、ぐう、と腹の音が鳴る。
    「……流石にこれだけ飯の匂いを嗅ぎ続けては、腹が減ってならんな。どれ、厨房を覗いてみるか」
     そうつぶやき、ミェーチはくる、と踵を返した。

     と――振り向いたその先に、何者かが立っていた。
    「うぬ?」
    「……」
     肩まである銀髪から伸びた長い裸の耳を見て、ミェーチは一瞬、彼がエリザやシェロと同じ、異邦の人間かと考えた。
    (いや、肌が白い。女史やシェロと同郷であれば、もっと色が濃いはずだが。服装も簡素だ。寒がりの女史はこの季節でも厚手のケープを羽織っているし、シェロも分厚い生地の軍服を常に着込んでおるが、こいつは薄手のシャツ程度だ。はて……?)
     相手の素性が今ひとつつかめず、ミェーチは声をかけた。
    「吾輩に何か用であるか?」
    「確認させてもらおう」
     と、相手が口を開く。
    「お前が沿岸部や西山間部で暴れ回った、エリコ・ミェーチで間違い無いのだな?」
    「いかにも。吾輩がミェーチである」
    「お前は許可を得たのか?」
     相手は何の感情も浮かべていない、氷のように真っ青な目を、ミェーチに向けている。
    「許可? 何のだ?」
    「余の許しを得ぬまま王を名乗ることは重罪である。そう言っているのだ」
    「なに……?」
    「もう一度問う。お前は余の許可を得て、この地で王を名乗っているのか?」
     その言葉に、耳から尻尾の先に至るまで、ミェーチの全身の毛がびりっと震えた。
    「貴様……は……!?」
    「余のことを『貴様』と呼ぶか。不敬の罪も重ねたな」
     相手は腰に佩いていた剣を抜き、ミェーチに向けた。
    「情状酌量の余地は無し。この場で成敗してくれる」
    「……レン・ジーン!」
     瞬間、相手が飛びかかってくる。だが歴戦の覇者であるミェーチも即応し、すぐさま剣を抜いて初太刀を受けた。
    「おう……っ!?」
     だが、自分より二周りは背の低い、まだ若造にも見えるジーンのこの一撃は、ミェーチの巨躯をぐらりと揺らし、そのまま弾き飛ばした。
    「な……、何だと?」
     どうにかひざを着くことは免れ、体勢を整え直したものの、相手の技量と力が自分の手に余ることを察し、ミェーチはばっと身を翻した。
    「逃がすかッ!」
     すぐさま、ジーンが追いかけてくる。
    (速い! このままでは……)
     ミェーチは意を決し、窓から飛び出した。
    「ぬおおおおっ!」
     窓から地面まで3メートルはあり、着地するまでの一瞬、ミェーチは自分の肝がぎゅっと締まるのを感じる。
    (し、……しかしっ、彼奴の手にかかるよりはっ)
     どすんと重たい音を立て、ミェーチは地面に転がる。
    「くう、……痛たた、ひざをやったか」
     それでも脚を無理矢理立たせ、腰を上げて、ミェーチはジーンとの距離を取る。
    「だっ、……誰か、誰か! て、敵襲である! 賊が出たぞ!」
     ほうほうの体ながらも声を張り上げ、応援を呼ぶ。
    「敵襲!?」
    「ご無事ですか、陛下!」
     間も無く兵士たちが得物を手にし、ぞろぞろと集まって来る。30人ほど集まったところで、ミェーチが震える声で続けた。
    「敵はこうて、……い、いや、銀髪で細身の、長い裸耳の男だ。だがシェロの邦の者では無い。ひと目でそうと分かるくらい、肌の青白い者だ。この吾輩を腕の力だけで弾き飛ばすほどの、並外れた膂力(りょりょく)の持ち主である。
     全員、心してかかれ!」
    「はっ!」「了解です!」「御意!」
     兵士たちはミェーチを守る形を取り、円形に陣を組んだ。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・遠望伝 2】へ
    • 【琥珀暁・遠望伝 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・遠望伝 2】へ
    • 【琥珀暁・遠望伝 4】へ