FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第6部

    琥珀暁・遠望伝 4

     ←琥珀暁・遠望伝 3 →琥珀暁・遠望伝 5
    神様たちの話、第286話。
    一対百。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     陣を組むとほぼ同時に、先程までミェーチがいた廊下の壁が爆ぜ、ジーンが飛び出してくる。
    「来たぞ!」
     廊下に最も近い位置にいた兵士たちが剣を構え、ジーンを阻もうとする。だが、ジーンはいとも簡単にその隙を抜け、かわしざまに兵士たちを斬り付ける。
    「ぎゃあっ!」
    「げぼ……っ」
     一瞬で4人が腹や胸、のどを突かれ、ジーンの周りに血の海が出来上がる。
    「余をこんな雑兵の10や20で止めようと言うのか」
    「う……っ」
     瞬く間に現れた地獄のような光景に、兵士たちの顔が一様にひきつり、揃って一歩、後方へ退く。ミェーチも同様に怯んでいたが、いち早く我に返り、大喝する。
    「やっ、槍で牽制しろ! 距離を取るのだ!」
    「は、はい!」
     命じられた通り、槍を持った兵士が前に進み、二列横隊に並ぶ。槍の長さ2メートルと、さらに2メートルの間合いを取るが、誰の顔にも安堵の様子は無い。その背後、兵士に囲まれ守られているミェーチも例外ではなく、目の前にたたずむジーンの姿に、底しれぬ恐怖を抱いていた。
    (彼奴の言をそのまま信じるとすれば――いや、信じる他無いのだが――こいつが、あの皇帝だと言うのか。鬼神の如き強さもさることながら、何より恐ろしいのは、一瞬でこんな修羅場を築いておき、これほど敵と得物に囲まれていると言うのに、その間一切、表情をちらりとも変えておらぬことだ。
     なんと恐ろしいものか……! あの薄い笑みが、こらえがたいほど気味悪く感じる)
     そうこうする内にひざの手当てが終わり、ミェーチは手当てをしてくれた従者から弓を受け取る。
    (時間を稼いだ間に、兵が集まってくれたか。この中庭を囲む形で三方、彼奴の背後と左右に弓兵が構えてくれておる。庭の出入り口にも大勢寄っておる。恐らく合計して100人と言ったところか。
     だが、下手に動けば吾輩を含めたこの100人すべて、先の4人と同じ末路をたどるであろう。それほどの手練だ。どう動くべきだ? どう動けば、この鬼神を退けられる?)
     と、崩れた廊下の窓から、ミェーチがこの砦の中で、いや、この世で最も篤(あつ)い信頼を置く者の顔がのぞく。
    (シェロ! この騒ぎを聞き付けて、やって来てくれたか! ……どうする?)
     シェロに目配せすると、彼はこくんと小さくうなずき、右手を左右に振り、続けてその手を、ミェーチに手招きする形に引いた。
    (左右から攻める間、吾輩らは押して動きを止めさせろ、か。相分かった)
     ミェーチは弓を構え、号令を発した。
    「弓兵、全員攻撃せよ! 槍兵はそのまま前進だ! 彼奴を押し潰せーッ!」
     号令に従い、ジーンに向かって一斉に矢が放たれる。だが――。
    「うっ……!」
    「ひでえ!」
    「な、何と言うことを!」
     ジーンは先程斬り殺した兵士の体を持ち上げ、それを盾にして矢を全弾防いでしまった。
    「何と言う邪悪……! 殺すだけでは飽き足らず、そこまで嬲りよるかッ!」
     ミェーチの頭にかっと血が上った次の瞬間、ほとんど無意識に、彼は矢を放っていた。
    「ふん」
     が、これもジーンは遺体を盾にして防ぎ、全身くまなく矢が突き刺さったその残骸を、ぽいと投げ捨てた。
    「次はどうする? このまま槍兵を進めさせるか? それとも上にいる奴らをけしかけるか? 好きなように攻めるが良い」
    「う……ぐ……」
     あまりにも平然とした態度を続けるジーンに、ミェーチも、そしてシェロも、次の手を打ちあぐねた。
    「来ぬか。無駄だと悟ったようだな。であれば余の手番であるな」
     そう言って、ジーンは槍兵たちの方へと自ら歩いてきた。
    「あ……わわ……」
    「へ、陛下、ご命令をっ」
     悠然と歩いてくるジーンに恐れをなし、槍兵たちの隊列が乱れる。その瞬間、ジーンは一気に距離を詰め、兵士たちの中へと飛び込んで来た。
    「ひぎゃ……」
    「がはっ……」
    「うわっ、うわっ、う」
    「く、来るな、来るっ……」
     周囲の兵士たちはこま切れにされ、簡単に包囲が破られた。
    「陛下!」
     絶叫にも近い声を上げ、シェロが指示を送る。
    「逃げて下さい! 敵いません! 皆もだ! 全員撤退! 全員、撤退せよ!」
    「先程からぶんぶん、ぶんぶんと」
     20人ほどを惨殺したところで、ジーンがぐるん、と後ろを向いた。
    「小うるさい蝿がいるようだな。察するにお前がこの砦の次官、シェロ・ナイトマンか」
    「……っ」
     次の瞬間、ジーンは4メートル以上も跳躍し、自分が断ち割った廊下にふたたび入り込んだ。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・遠望伝 3】へ
    • 【琥珀暁・遠望伝 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・遠望伝 3】へ
    • 【琥珀暁・遠望伝 5】へ