FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第6部

    琥珀暁・夜騎伝 2

     ←琥珀暁・夜騎伝 1 →琥珀暁・夜騎伝 3
    神様たちの話、第290話。
    長い夜。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     既に日は落ちていたが、シェロたちは早急にエリザと合流すべく、村を出発した。
    「先生とは、どのくらいで落ち合えるのですか?」
     手綱を握る部下に尋ねられ、シェロは頭の中で計算を立てつつ答える。
    「そうだな……、連絡してからもう30分は経ってるし、先生がいたトコからココまでは普通に馬車を走らせて3時間ってトコだから、こっちとあっちが同じくらいの速度で進んでるとして、……まあ、1時間とちょっとってトコだろう」
    「それまでに襲撃されることは……」
     不安げな様子でつぶやくリディアに、シェロは首を横に振って見せる。
    「あるワケ無いさ。ヤツははるか後方だ。俺たちが村にいる間に迫ってきたって報告は無いし、村の横を通り過ぎて待ち構えてるなんてコトも、する意味が無い。んなコトやるなら村に直接乗り込めばいいんだからな。そのどっちも起こってないなら、ともかく前方に危険は無いってコトになる。
     不安になるのは分かる。分かるけど、気にしすぎってヤツだよ、リディア」
    「そう……ですよね」
     そう答えてはいたが、依然としてリディアの顔から不安の色は抜けていない。シェロは何か言って、彼女の気を紛らわせようかとも考えたものの――。
    (何て言やいいんだよ? 親父が死んだ直後だぜ? どんなコトを言ったって、俺じゃきっと、リディアを安心させられねえよ。……あーあ、マジにエリザ先生みたいな話術だとか、ものスゴい魔力だとか、そんな才能が俺にあったらいいのに。そのどっちかでも今日の俺に備わってたら――今、リディアにこんな顔させやしないし、そもそも義父は死ななかったかも知れない。
     悔しいぜ……。悔しくてたまんねえ。尉官に張り合ってた時なんかよりもっと、俺は力が欲しいよ。俺にもっと力があれば、こんなコトにならなかっただろうに)
     いくら考えを巡らせても、シェロの脳内には何一つ、楽天的な発想が浮かんでくるようなことは無かった。

     その時だった。
    「……ん?」
     馬車を引いていた馬2頭の、右にいた方が体を震わせて立ち止まる。
    「どうした?」
    「さあ……? おい、止まるな」
     御者台に座っていた兵士が手綱を繰るが、馬は立ち止まったまま、ぴくりとも動かない。それどころか、がくんと膝を着いてその場にうずくまってしまう。
     それにより、シェロたちは馬に起こったその異常に、ようやく気付くことができた。
    「うっ……!?」
    「く、くっ、首が……」
    「……無い!?」
     うずくまった馬の頭が、どこにも見当たらない。
    「……て、……敵襲! 敵襲だ!」
     シェロがいち早く立ち上がり、声を上げる。それに応じ、馬車の中にいた兵士たちが慌ただしく武器を取り始めた。
    「なるほど、手慣れておる。危急の際にも冷静であるな」
     と、馬車の外から声が響く。と同時に、兵士の一人の腹の中から、剣の切っ先が飛び出した。
    「は……うっ……」
     ずるんと剣先が消えると共に、その兵士の口と腹からおびただしい血が流れ出る。
    「だが、鈍(のろ)い。手を打つまでが致命的に遅い。そんな体たらくでは、余を討つなど絵空事も同然ぞ」
     兵士が倒れ、その後ろに空いた幌(ほろ)の穴からもう一度剣先が覗き、そのまま幌が縦に切り裂かれる。
     そこに現れたのは紛れも無く、レン・ジーンだった。
    「ど、どうして……?」
     状況について行けず、シェロはうめくようにつぶやく。それを受けて、ジーンが尋ね返す。
    「それは何についての問いだ? 馬車を襲ったことか? それとも余がここにいることか? 前者は答えるまでも無かろう。貴様らを逃がすつもりが余には無いからだ。後者についても、今更論じるまでもあるまい。余が全知全能の、天の星であるからだ」
    「あ……あなた……っ」
    「お、俺の後ろにいろ!」
     リディアをかばい、シェロが前に出る。それを見て、ジーンは薄い笑みをシェロに向けて来た。
    「それは貴様の女か? ケダモノを伴侶にするとは、下劣な趣味よの」
    「けだも……っ!?」
     自分の妻を罵られ、シェロは憤る。
    「てめえにそんなコトは言われたくねえなあ……! 20年、他人を散々面白半分にいたぶってきたヤツの方がよっぽど、ケダモノじゃねえかッ!」
    「皇帝たる余の所業が、お前のごとき小人に理解できるとは思うておらぬ。憤りをさえずりたくば好きなようにさえずるが良い。余は構わぬぞ」
     薄い笑いを浮かべたまま、ジーンはたった今刺し殺した兵士の首をつかみ、外へと放り投げる。
    「残りは1人と4匹か。さてさて、如何様に処してやろうか」
    「……させねえッ」
     ジーンの動きが止まったその一瞬の隙を突き――シェロはジーンに飛びかかった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・夜騎伝 1】へ
    • 【琥珀暁・夜騎伝 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・夜騎伝 1】へ
    • 【琥珀暁・夜騎伝 3】へ