黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第6部

    琥珀暁・夜騎伝 3

     ←琥珀暁・夜騎伝 2 →琥珀暁・夜騎伝 4
    神様たちの話、第291話。
    "Night" become "Knight"。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
    「あなた!?」「若!」
     妻や部下たちの声を背中に受けながら、シェロはジーンと共に馬車の外へと飛び出した。
    「行け! 俺に構わず逃げろ!」
     地面を転がりながら、シェロは馬車に向かって叫ぶ。
    「そ、そんな……」「俺が止める! 逃げるんだッ!」
     加勢しようとした部下に叫び返し、シェロは馬車を背にする形で立ち上がった。
    「き……さま」
     流石のジーンも、シェロが捨て身の行動に出るとは予想していなかったらしい。どうやら受け身も取れなかったらしく、よろよろとした仕草で立ち上がった。
    「余の玉体をこうまで傷付けた男は、貴様が初めてだぞ」
    「そりゃあ良かったな、クソが」
     シェロは剣を抜き、ジーンと対峙する。
    (……行ったか)
     その間に背後の気配を探り、馬車が動き出したことを確認する。
    「この屈辱、どうして晴らしてくれようか」
    「じゃあ俺は恨みを晴らしてやるよ。てめえのせいで俺は今日、大事な人や仲間を何十人も失ったんだからな」
    「取るに足らぬ。ケダモノの数十匹がどうだと言うのだ」
     ジーンも剣を構え直し、シェロとの距離を詰め始めた。
    「問おう。貴様は本当に、あのようなケダモノどもが、自分と同じヒトだと思っておるのか?」
    「思うさ」
     シェロもにじり寄りつつ、相手の出方を探る。
    「道具を使える、服も着てる、言葉を交わせる。コレだけアタマ使えるコトができて、てめえは耳や目の形が違うだの、尻尾が付いてるだのって理由だけで、あいつらが人間じゃないって言うのか?
     てめえのちっぽけな常識が世界の常識だと思ってんじゃねえぞ、カス野郎」
    「ヒトはそのわずかな違いこそが許容できぬ生き物だ」
     ジーンも出方を図っているらしく、構えたままで会話に応じてくる。
    「己の使う手が右か左か。己の食らう物が肉か魚か。己の着る服が布か革か――ヒトはそんな些末なことで一々、くだらぬ争いを繰り広げる生き物だ。争う限り、ヒトはまとまりはせぬ。であればどんな細かなことであれ、『差異』は取り除くべし。我が世の平和を築くためには、だ」
    「ソレがちっぽけだっつってんだよ」
     両者とも牽制し合い、円を描くように動いていたが、ここでシェロが一歩前に出る。
    「てめえはそのちょっとした趣味の違いとやらで人を殺すのか? 他の人間もみんなそうだってのか? 少なくとも俺の周りにそんなバカはいねえよ。ヒトは話し合う生き物だからな。ケンカするはるか手前で、どうすりゃいいかって話し合うのがマトモな人間だろ?
     左利きがいるんなら、どっちの手でも使える道具を作りゃいい。肉好きに魚を勧めたら、案外食うかも知れねえさ。布と革を合わせてみりゃ、イケてる服ができるかも知れねえ。ドレもコレも全部、意見が違う、趣味が違うってヤツらが話し合って、意見を出し合ってやるコトだ。
     てめえはソレをやらねえ。話し合う前に殺す。他人の意見を、いいや、他人そのものを顧みねえ。自分の常識が世界基準だと思ってる、ちっぽけなアホだからだ」
    「やはり貴様は、余の崇高たる考えを理解できぬ小人であるな。これ以上の会話は無為であろう」
     ジーンも一歩、前に踏み出す。その瞬間、シェロが強く踏み込み、一気に間合いを詰めた。
    「はあああッ!」
     大きく横薙ぎに振りかぶり、シェロはジーンの首を狙う――と見せかけた。
    (業を煮やして俺が飛び掛かってきた、……と思わせる)
     当然、ジーンは即応し、一歩引いて攻撃をかわす。と同時に剣を垂直に振り上げ、シェロの腹を狙ってくる。
    (ほらな、そう来た)
     その剣閃の一歩手前で右足を着き、シェロはぐるんと一回転する。
    「うぬ?」
     ジーンの剣は完全に空振りし、シェロの着ていたコートのフードを裂くに留まる。その間に一回転してきたシェロの剣が、ざく、とジーンのほおをかすめた。
    「おう……っ!?」
     反応したジーンに、シェロは舌打ちする。
    (コレも避けるってのか……どんな反射神経してんだよ、コイツ?)
     もう半回転したところで、シェロはばっと跳び、ジーンとの間合いを空ける。
    「ふむ……ふむ……そうか……くくくく」
     一方、ジーンはほおから流れた血を拭いもせず、薄い笑いを浮かべている。
    「思っていたよりしたたかな男よ。この余をたばかるとはな」
    「言ったろ? てめえはちっぽけなカスだってな」
     そう返し、シェロは剣を構え直した。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・夜騎伝 2】へ
    • 【琥珀暁・夜騎伝 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・夜騎伝 2】へ
    • 【琥珀暁・夜騎伝 4】へ