黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第6部

    琥珀暁・夜騎伝 4

     ←琥珀暁・夜騎伝 3 →琥珀暁・夜騎伝 5
    神様たちの話、第292話。
    身を賭した一撃。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     相手をなじり、優位を取り繕おうとはしていたものの、シェロの内心には苦い思いがにじんでいた。
    (やり辛くなった……! 油断してる間に、初太刀で殺るつもりだったが)
     それでもシェロは、懸命に次の手を打つ。
    「そらよッ!」
    「食らうかッ!」
     シェロの予想通り、二太刀目はあっさり防がれ、間髪入れずにジーンの反撃が飛んで来る。
    「ぐ……っ」
     どうにか受けるも、剣に伝わるその感触から、シェロは己の攻撃の機会が狭められつつあることを察していた。
    (クソが……剣が欠けやがった! こっちは鉄製だってのに! 向こうで製鉄してるって話は聞いてねえぞ!?)
    「顔色が悪いぞ、海外人」
     シェロが感じた劣勢をジーンも気取ったらしく、薄い笑みを歪めてくる。
    「何か不都合でも生じたか?」
    「ヘッ」
     ジーンの問いには答えず、シェロはもう一度斬り掛かる。
    「先程より太刀筋に勢いが無いぞ。察するに剣が折れるか欠けるかしたようだな」
     ばきん、と音を立て、ジーンはシェロの剣を叩き折った。
    「う……っ」
     真っ二つになり、元の半分以下になってしまった剣を見て、シェロは状況が絶望的になったことを悟った。
    「剣が無くては最早、余を討つ機はあるまい。万策尽きたな」
    「……」
     シェロは剣を捨て、懐から短剣を取り出す。
    「まだだ。まだ、手は残ってる」
    「無駄なあがきだ」
     明らかに興が冷めたような顔をし、ジーンはシェロとの間合いを詰める。
    「これで決着だ、海外人」
     どす、とシェロの胸をジーンの剣が貫き、シェロの動きが止まる。
    「か……は……」
     が――シェロの意識はまだ、辛うじて保たれていた。
    (……よっ……しゃ……来やがった……!)
     力を振り絞り、シェロは握っていた短剣をジーンの胸に刺した。
    「うあ……!?」
     ばっと体を離し、ジーンは己の胸に突き立てられた短剣をつかむ。
    「き……きさ……まっ……」
    「……や……った……ぜ……」
     シェロはがくんと膝を着き、その場に座り込む。
    「うぐ……ぐ……ぐっ……ふぐっ……」
     ジーンは慌てた様子で短剣を胸から抜くが、途端に鮮血が地面に降り注ぐ。
    「ごば……っ」
     口からも大量に吐血し、ジーンも倒れる。
    「貴様……まさか……相討ちを……!」
    「……へっ……へへ……」
     既に意識がかすみ始めていたが、シェロは笑い声を絞り出した。
    「何故だ……何故……貴様は……そうまで……!?」
    「……だから……だ……」
     自分の中から力が抜けて行くのを無理矢理押し留めながら、シェロは最期に吐き捨てた。
    「……てめえと違って……俺は人間だからだ……好きなヤツの……ために……なんか……しなきゃ……って……思うのが……」
     台詞を吐き切るまでには息が続かなかったが――意識が消えゆくその瞬間、シェロは満足感を抱いていた。

     2つの血溜まりの中、両者とも、ぴくりとも動かない。どちらも事切れているのは明らかだった。
     いや――。
    「起きろ、レン」
    「……」
     うつ伏せに倒れている方に、一つの黒い影が近付く。
    「胸を刺された程度で、『御子』たるお前が死ぬはずもあるまい。起きろ、レン」
    「……あ……るか」
     びくん、と体を震わせ、血溜まりの中から起き上がる。
    「……すまぬ……不覚を取った」
     ふらふらと立ち上がったジーンは、傍らの黒いフードに向き直る。
    「まさかこの小童に、こうまでしてやられるとはな」
    「精進することだ。二度は許さんぞ」
    「承知しておるわ」
     ジーンは穴の空いた血まみれのシャツを破り、己の胸を確かめる。
    「うむ……痕も残らず塞がっておる。貴様にはつくづく感謝せねばならぬようだな、アル」
    「その意を示すのであれば、覇業を全うすることだ」
    「うむ」
     ジーンはフードの男、アルから替えのシャツを受け取りつつ、もう一つの血溜まりに目を向ける。
    「敵ながら見事な男であった。余は特別の敬意を向けてやろう。貴様には……」
     シャツを着終えたジーンはその亡骸に近付き――剣を振り上げた。
    「我が帝都を見渡す名誉をくれてやる! その首一つで余の栄華を、心ゆくまで味わうが良いッ!」



     翌日より、帝国首都フェルタイルの宮殿前広場に敵将シェロ・ナイトマンの首と、ジーンの剣を突き立てられたままの体が並んで置かれた。
     寒冷地であるためその首と体とが腐り切るまでに十数日を要し、その十数日に渡って群衆の目と風雨に晒され、徹底的に辱められることとなった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・夜騎伝 3】へ
    • 【琥珀暁・夜騎伝 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・夜騎伝 3】へ
    • 【琥珀暁・夜騎伝 5】へ