FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第1部

    蒼天剣・討仇録 3

     ←蒼天剣・討仇録 2 →蒼天剣・討仇録 4
    晴奈の話、25話目。
    思い出話、恨み話。

    3.
    「はあ……」
     宿に戻ってからずっと、柊は机に頬杖を付き、ため息を漏らしている。
    「楢崎殿、一体どこへ行ってしまったのでしょうね。ご無事だと良いのですが」
    「もしかしたら……」
     柊は顔を青ざめさせ、こんなことをつぶやく。
    「本当に負けたことを恥じ、自害した、……なんてこと、無いわよね」
    「し、師匠?」
     縁起でもないその言葉に、晴奈は目を丸くする。
    「だから『無い』ってば。楢崎はそんな、やわな男じゃないわ」
     柊は微笑むが、その笑顔には力が無く、余計に晴奈の不安をかき立てる。
     それを察したのか、柊は話題を変え、楢崎の人柄について話し始めた。
    「楢崎はどちらかと言うと失敗をバネにして、成長する男。わたしが入門した時から、そう言う人だった。
     普段から気性が穏やかで、勝負事はあまり得意では無かったわ。いつも真正面からぶつかる、正々堂々とした戦い方を好むことから『剛剣』と呼ばれ、慕われていたの。
     どこまでも正直で、清々しくて、はっきり言って好人物。紅蓮塞にいた時は、兄のように慕っていた。それとね」
     柊は――他に誰がいるわけでも無いのに、わざわざ――晴奈の耳に口を近付けて、そっとささやいた。
    「わたしの、初恋の人、……だった」
    「そう、でしたか。……今は?」
     柊はすっと晴奈から離れ、肩をすくめる。
    「彼は結婚してしまったし、塞を離れてからは急に、そんな気持ちはしぼんでしまった。
     それでも今なお、兄のように思っているけどね」
     そう言って、柊は恥ずかしそうに笑った。それを受けて、晴奈も思わず微笑んでしまう。
    「……無事だといいですね、楢崎殿」
    「そうね」



     その夜、既に眠っていた晴奈たちの部屋の戸が、トントンと申し訳なさそうに叩かれた。
    「夜分遅く、すみません。柊様、お話があります」
     その消え入りそうな声を聞き、柊がのそのそと起き上がり、眠たげな声で応じる。
    「……何かしら? なぜ、わたしのことを?」
     戸の向こうから、真剣な声色でこう返って来た。
    「我が師、楢崎瞬二のことでお話がございます」
     それを聞いた瞬間、柊の長耳がぴくっと跳ね上がった。
    「開けるわ。話を聞かせて」
     柊が戸を開けるなり入ってきたのは、昼間晴奈たちに声をかけた、あの虎獣人の門下生だった。
    「昼間は大変、失礼いたしました。あなたが柊雪乃様だと、存じ上げなかったもので」
    「いいわ、別に。それより、何故私のことを?」
     柊の問いに、彼はぺこぺこと頭を下げながら答える。
    「先生から伺っておりました。緑髪の長耳で非常に腕の立つ、可憐で優しげな剣士だと。
     あなたが帰った後に、先生から聞いていた特徴を思い出し、慌ててこちらを尋ねた次第です」
    「そう……」
     この辺りで晴奈も起き上がり、眠い目をこすりながら話の輪に入る。
    「楢崎殿は、どうなったのですか? 門下生だったあなたならご存知のはずですが」
    「ええ、存じております。ですがそのことを話す前にまず、自己紹介をさせていただきます。
     私の名は、柏木栄一と申します。3ヶ月前まで楢崎先生の一番弟子でした。ところがあの島と言う男が先生と勝負し、負かしてしまって以来、私はあの下劣な男の小間使いをさせられております」
    「そこを、詳しく聞きたいわ。なぜ楢崎ともあろう男が、あんな者に遅れを取ったの?」
     柊に尋ねられた途端、柏木は表情を曇らせる。
    「……先生は、負けるしかなかったのです。何故ならその前日、先生のご子息がかどわかされたからです」
    「何ですって……!?」
    「脅迫されていたのです。『息子の命が惜しければ、道場を明け渡せ』と」
     瞬間、柊師弟は激昂した。
    「ふざけた真似をッ!」
    「幼い子を危険にさらしてまで、己の利欲を取るなんて!」
    「お待ち下さい。話には、続きがあります」
     柏木は涙を流しながらも、話を続ける。
    「勝負に負けた後も、ご子息は戻ってこなかった。すでに、どこかへ売り飛ばされたと言うのです。
     負かされた直後に奴自身からその言葉を聞いた先生は、島に負わされたケガも忘れてご子息を探しに出て、そのまま行方が……」
    「なんと……、なんとむごい!」
     あまりに残酷な話を聞かされ、晴奈は怒りで尻尾の毛を毛羽立たせる。
    「奥方も心労で倒れられ、今は臥せっております。
     私自身が仇を討とうとしたものの、実際島は強く、私ではとても太刀打ちできなかったのです。ですが柊様ならきっと、あの男を倒せるでしょう!
     お願いです、柊様! 何卒あの悪党、貧乏神、寄生虫――島を討ってください!」
    「……」
     柊は口を開かない。その代わりに刀を手に取り、下ろしていた髪を巻き上げ始めた。それを見た晴奈も、同じように外へ出る支度を取る。
     支度が整ったところで、柊が静かに、しかし力強く答えた。
    「任せなさい。すぐ片付けるわ」
     柊と晴奈の周りには、たぎるように熱い「気」が広がっていた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2008.10.07 転載及び加筆修正
    2016.02.06 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・討仇録 2】へ
    • 【蒼天剣・討仇録 4】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    幼女じゃなくて男の子です。
    どちらにしてもとんでもない奴ですね。

    NoTitle 

    幼女を売るなんてとんでもないやつ!v-292

    NoTitle 

    初恋の相手で……結婚してるとは!
    弟子の名前も日本人だ
    本当に卑怯だ
    子供を人質にするとはな
    情けないやつだ
    人質に取らなきゃ勝てないとは
    腕が怠けているだろうね
    刀を使うなら錆ついているよきっと
    寄生虫だ
    もはやアイツは寄生虫という名に決定で
    気になるな
    子供無事だと良いんだがな
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・討仇録 2】へ
    • 【蒼天剣・討仇録 4】へ