FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第6部

    琥珀暁・湖戦伝 6

     ←琥珀暁・湖戦伝 5 →琥珀暁・湖戦伝 7
    神様たちの話、第316話。
    千年級の会話;"ROCKKEY"。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
    「あ……え……だ、誰?」
     しどろもどろながらも尋ねたビートに、その影はフンと、鼻を鳴らして答える。
    「君の想い人じゃないってコトは確かだね。ま、でも逆にソレでいいんじゃないね? そんなみっともない姿、見せたくないだろ?」
    「……あっ、……は、はい」
     立ち上がろうとしたが、完全に腰が抜けてしまったらしく、立つことができない。それを見抜いたらしく、影はまた嘲笑った。
    「ソコでじっとしてな。もう安全だしね」
     そう言われて、ビートはつい先程までアルが迫って来ていた方向に目をやる。
    「え?」
     そこでようやくビートは、そのアルが前方はるか遠くに転がっていることに気付いた。
    「な……何を? 何をしたんですか?」
    「そりゃもう、チョイチョイってなもんだね」
     その言葉遣いに既視感を覚え、ビートは思わずこう尋ねていた。
    「せ、先生? ……いや、……やっぱり違う」
    「先生じゃなくても、その先生かも知れないねぇ」
     そんな風に返しつつ、影はふたたび迫って来たアルに向けて魔杖を構える。
    「ヘッ、バカの一つ覚えだねぇ。『ウロボロスポール』」
     直後、またもアルは彼方に弾き飛ばされ、今度こそ動かなくなった。
    「いくらクソデカ装甲で高出力でも、その高出力を自分自身にぶつけられちゃ、たまったもんじゃないらしいね」
     影は魔杖を構えたまま、アルの側に近付く。
    「よお、お兄ちゃん。お元気かい?」
    「ナ……何者ダ……キサ……マ」
     壊れた管楽器のような声を上げたアルに、影はこう返す。
    「お前が誰かってコトは、私ゃよおく知ってるね」
    「答エロ……何者ダ!」
    「へっへへ……」
     アルを見下し、嘲笑いながら、影は魔杖を相手の胸に突き付けた。
    「緑綺(ロッキー)の息子だろ、君?」
    「……ロッキー……?」
    「おや? 生みの親の名前を知らないって? んなワケ無いね。あの自信過剰の自意識過剰が君みたいな秀作・傑作に自分の名前を刻み込んどかないなんて謙虚な真似、するワケないだろ? よく思い出しな。お前のメモリのどこか片隅に、こっそり埋め込まれてるはずさね」
    「……該当……《C.C.2774 ROCKKEY》……何故オ前ガ……コノ私自身デサエモ……今ノ今マデ認識シテイナカッタ……コンナ20バイトニモ満タヌ……チッポケナ情報ヲ……?」
    「さあね。ソコまでは教えてやるもんか。ともかく」
     魔杖が光り輝き、真っ赤な熱線がアルの腹から胸に向かって放たれる。
    「お前の野望はココでおしまいだね」
    「ウゴオォ……ッ!」
     瞬間――閃光と共に、アルと、その影は消え去った。

     すっかり静まり返ったところで、ビートはようやく立ち上がり、慌ててマリアのところへ駆け寄った。
    「ま……マリアさん! 大丈夫ですか!?」
    「う……ん……」
     どうやら右肩が外れているらしく、不自然な垂れ下がり方をしていたが、それ以外にマリアには目立った外傷も無く、出血も見られなかった。
    (どうにか受け身を取りはしたけど、脱臼の痛みで気絶したって感じだ。……じゃなくて)
     ビートはマリアの肩を入れてやり、ぽんぽんとほおを叩いて声を掛けた。
    「マリアさん! 起きて! マリアさん!」
    「……う……う? ……あっ!?」
     目を覚ますなり、マリアは跳ねるようにその場から飛び起き、警戒態勢を執る。
    「あいつはッ!?」
    「た……倒しました」
    「倒した!? ……誰が?」
    「えっと……」
     そう問われてビートはアルがいた方に目をやるが、やはりアルも、あの影もおらず、答えに窮する。
    (『良く分からないけどいきなり誰かが現れて助けてくれました』、……なんて言ってもワケ分からないよなぁ)
    「……まさか、あんたが?」
     と、続けてマリアに問われ、ビートは曖昧に答える。
    「え? あっ、いや、えーと、そのー……」
    「マジで? マジであんたがあいつ、やっつけたの? マジで殺せたの?」
    「いや、殺したって言うか、爆発して……」
    「自爆した……? そ、そう」
     ようやくマリアは警戒を解き、ビートを抱きしめた。
    「やるじゃん、あんた! 見直したよ」
    「あ、あへっ、や、ま、マリアさん、ちょ」
    「……あ! そうだ、皇帝!」
     ビートがどさくさに紛れて抱き返そうとした瞬間、マリアはビートから離れ、その場から駆け出した。
    「今のが皇帝じゃないとしたら、きっと東側に来てる! 行こう、ビート!」
    「あ……そ、そうですね! 急がないと!」
     ビートも足元に落ちていた魔杖を拾い、慌ててマリアの後を追った。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・湖戦伝 5】へ
    • 【琥珀暁・湖戦伝 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・湖戦伝 5】へ
    • 【琥珀暁・湖戦伝 7】へ