FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第5部

    蒼天剣・占験録 5

     ←蒼天剣・占験録 4 →蒼天剣・占験録 6
    晴奈の話、第256話。
    吠える筋肉。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     大会5日目(5月25日)、ゴールドコースト南西区の教会。
    「勝つ、負ける、勝つ、負ける、勝つ……」
     教会の子供、レヴィが花壇の花をちぎり、花占いをしていた。
    「負ける、勝つ、ま……」
     花びらが残り一枚になる。
    「ま、……あー、あー」「はい」
     レヴィが泣きそうになったところで、誰かがもう一本花を差し出した。レヴィは途端に笑顔になる。
    「ありがとう、おじちゃん」
    「いやいや。……ところで何を占っていたのかな?」
    「お父さんがあさって、『エリザさん』で勝てるか」
    「エリザさん……、ああ、エリザリーグか。はは、これは困った」
    「え?」
     花をくれた壮年の短耳は、頭をかきながら答える。
    「明後日、僕は君のお父さんと対戦するんだ」

    「ありがとうございます、ナラサキさん」
     礼拝堂で楢崎を出迎えたロウは、深々と頭を下げた。
    「いやいや、僕は何も」
    「いえ、ナラサキさんのおかげです。あの助言が無かったらオレ、勇気出せませんでしたから」
    「それでも決断したのは、君自身だからね。……まあ、何はともあれおめでとう」
     楢崎は買ってきた花束を――先ほどレヴィに渡した花は、この中から取った――ロウに手渡した。
    「へへ……、すいません、こんなコトまでしてもらっちゃって」
     ロウははにかみながら、花を居間の方に持っていく。
    「シル、花をもらった。飾ってくれるか?」
    「ええ」
     居間にいたシルビアは花瓶を探しに、台所の方に向かう。
    「あ、その前にさ、ちょっと来てくれ」
    「あ、はい」
     ロウはシルビアの手を握り、礼拝堂へと戻る。シルビアを見た楢崎が、嬉しそうに立ち上がった。
    「おお、その子が例の……?」
    「ええ、まあ。……ほら、シル。この人が前に言ってた、ナラサキさん」
    「あら……。その節は、ありがとうございました」
     夫婦揃って頭を下げられ、楢崎はまた「いやいや……」と頭をかきながら謙遜した。

     楢崎の助言で勇気付けられ、シルビアに想いを告げることができたロウは、楢崎に深く感謝していた。今日はその恩返しにと、楢崎を夕食に招待したのだ。
    「おじちゃん、1日目でクラウンやっつけた人だよね?」
    「ああ、うん。いきなり初日だったから、大分戸惑ったけどね」
     ロウとシルビアに夕食を用意してもらっている間、楢崎は子供の相手をしていた。
    「あんなでっかいクラウンを、こーやって、えいって」
     両手を挙げ楢崎の真似をするチノを見て、楢崎は苦笑する。
    「はは……、僕は力だけがとりえだから」
    「ねーねーナラサキさん、力こぶ作ってー」
    「うん? ……これで、いいかな?」
     袖をまくり、腕に力を込めるナラサキを見て、子供たちがパチパチと拍手する。
    「すごーい」「ぼこってなった」「お父さんよりおっきいかも」
     子供たちの言葉に、ロウが反応した。
    「マジでか?」
    「うん。すごいよ、ナラサキさん」
    「そうかー……」
     ロウが手を拭きながら、楢崎の元にやって来る。
    「ナラサキさん、一丁どうです?」
    「うん?」
    「腕相撲、してみませんか」
    「ふむ……」
     楢崎は立ち上がり、ロウに応じた。
    「よし、やってみよう。お手柔らかに頼むよ」
     ロウと楢崎はテーブルに右腕を置き、がっしりと握り合う。アズサが椅子の上に立ち、審判を務める。
    「準備いい?」
    「おう」「いつでも」
    「じゃー……、はじめっ!」
     アズサの号令と共に、ロウと楢崎はこめかみに青筋を浮き上がらせ、渾身の力を込める。
    「うおおおおおおう!」「はあああああああ!」
     テーブルがガタガタと揺れ、二人の気合いが共鳴する。
    「ちょ、ちょっとあなた、ナラサキさん」
     音に驚いたシルビアが、困った顔で居間に駆け込んできた。
    「テーブル、壊さないでくださいね……」
    「おう! 分かってらああああ!」「極力、気をつけるううううッ!」
     二人はさらに、力を込めていく。
    「うがあああああ!」「ぶるあああああ!」
     鬼気迫る二人を見て、子供たちがボソボソと小声で話し始めた。
    「テーブル、だいじょうぶかなぁ」
    「お父さん、バカ力だもんねぇ」
    「ナラサキさんも、腕があんなにムキムキしてるし」
    「こわれたら、今日のごはんどこで食べるんだろ?」
     だが、子供たちの声はロウたち二人の耳には入らない。
    「くううおあああーッ!」「ちぇすとおおおーッ!」
     そうして3分ほど拮抗していたが――。
    (う……)
     段々、子供たちが心配そうな顔つきになってくる。その様子をチラ、と見た楢崎は、懸命に力を入れながらも、ふと考えた。
    (うーん、ここで僕が勝ってもあんまりいいことは無いような)
     楢崎はほんのわずか力を抜き、負けることにした。
    「うおりゃあッ!」「ぬわあああーッ!」
     バン、とテーブルに楢崎の手の甲が叩きつけられた。
    「うおっしゃ勝ったあああ!」「あなたッ!」
     喜びかけたロウを、シルビアが叱る。
    「お客さんに何てことなさるの!」
    「あっ」
     中途半端に拳を振り上げかけた状態で、ロウはぽつりと「……すいません、調子乗りました」と謝った。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・占験録 4】へ
    • 【蒼天剣・占験録 6】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    こちらの近所は子供が多いところですが、やってるところを見たことが無いですね、そう言えば……。
    もう昔の遊びなんでしょうかね、花占い。

    NoTitle 

    そういえば花占いは私が子どもころははやっていましたけどね。
    ・・・今の子どももはやっているのですかね。・・・と率直に年齢を感じてしまいましたね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・占験録 4】へ
    • 【蒼天剣・占験録 6】へ