FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第6部

    琥珀暁・終局伝 1

     ←やっぱおねえ、話が分かるぅ →琥珀暁・終局伝 2
    神様たちの話、第330話。
    朝の光。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     基本的に、ハンはどこで寝泊まりしようとも、毎日決まった時刻にきっかり目を覚まし、朝の自主鍛錬と地図の清書を行ってから朝食を取っている。一方でエリザは、特に予定が無ければ昼近くまでぐっすり眠っている。
     なのでその日の朝、ハンの目の前にエリザが眠い目をこすりながら現れた時、彼はぎょっとした。
    「珍しいですね。まだ太陽も昇ってないですよ」
    「ふぁ……、おはようさん。なんかポンと目ぇ覚めてもうてな。……アンタ、寒ないんか? 一応夏やけども、雪山のすぐ近くやで?」
     この時、ハンは上半身裸になっており、肩から湯気がほんのり上がっていた。
    「体を動かしていると、どうしても暑くなりますから」
    「律儀やな。こんな時までやるんか。……ふあ~ぁ」
     エリザはあくびを繰り返しつつ、胸元に手を入れる。
    「……あー、と、煙管置いて来てたわ」
    「起きてすぐに喫煙ですか。相当体に悪そうですが」
    「吸うてへん方が体に悪いねん、アタシの場合は」
    「煙草呑みの言い訳ですね。俺には理解できそうにありません」
    「さよか」
     もう一つあくびをして、エリザはくるんと踵を返した。
    「一服して来るわー」
    「どうぞ、ご自由に」
     エリザの後ろ姿を見送りつつ、ハンも彼女に背を向け、鍛錬を再開しようとした。

     と――。
    「エリザさん」「ハンくん」
     二人が同時に互いを呼び、目線を合わせた。
    「気付きましたか」
    「そらまあ」
     二人は悟られないよう、自分の体で隠しつつ、山の方を指差す。
    「今の光の反射は……」
    「単眼鏡やな。山の中腹ら辺は、もうお日さんが差しとるらしいな」
    「丁度今、と言ったところでしょうね。それ故、油断していたんでしょう」
     それとなく両者とも距離を詰め、山に背を向けてひそひそと会話する。
    「皇帝でしょうか?」
    「可能性めちゃ高やな。そらまだ何班か、山ん中探してくれとるけども」
    「わざわざキャンプを単眼鏡で確認する人間が、こちら側にいるとは思えません」
    「『あー疲れた、キャンプどこやったっけ』、……っちゅうのんは考え辛いわな。迷わへんように道標立ててってもろてるし、見るとしたら離れたふもとの方やなく、間近の道標やろ」
    「今すぐ連絡しますか? それとも強襲すべきでしょうか」
    「夜通しあっちこっち回ってヘトヘトの子らに、皇帝さん捕まえろっちゅうんは酷やで。ソレに大勢でわっさわっさ登ったら、気取られて隠れてまう可能性もある。上におる子らには『この辺りにおるからソレとなく囲んでや』、くらいに命令しとき。ほんで、ココに偶然おったアンタとアタシとで、急いで登るんが上策やろ」
    「2名でですか?」
    「準備がてら、アタシはロウくんに声掛ける。さっき起きとったん見かけたし。アンタはマリアちゃんを呼んでき。まだ寝とるやろけど、このキャンプん中で一番頼りにでけるしな。
     この4人なら問題無いやろ。こっそり行くコトも考えたら、コレが丁度や」
    「了解です」
     ハンは脱ぎ捨てていたシャツをつかみ、エリザと共にキャンプの中へ戻った。

     そして15分後、ハンとエリザはマリアとロウを伴い、山へと向かった。
    「ふあ~……、マジなんですか?」
     まだ頭をゆらゆらとさせたまま尋ねたマリアに、エリザが答える。
    「マジや。朝ごはんは歩きながら食べてな。ゴメンやで」
    「ふぁ~い」
    「いよいよってワケだな、へっへへ……」
     武者震いしているロウに、ハンが釘を刺す。
    「こっそりと言っただろう? あんまり張り切るな」
    「んなコト言ったってよ、そりゃ無理ってもんだろ? ようやく決着だってのに」
    「その元気は、皇帝を殴る時に使ってくれ。今使い切られても困る」
    「大丈夫だって。心配すんなよ、隊長さんよ」
    「あんたが心配させてるんだっての……」
     4人は登山口に到着し、揃って山を見上げた。
    「コレが正真正銘、最後の戦いや。気ぃ引き締めて行くで」
    「了解です」
    「うっス」
    「りょうひゃいひぇふ、……ふぁ~」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【やっぱおねえ、話が分かるぅ】へ
    • 【琥珀暁・終局伝 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【やっぱおねえ、話が分かるぅ】へ
    • 【琥珀暁・終局伝 2】へ