FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第6部

    琥珀暁・終局伝 4

     ←琥珀暁・終局伝 3 →琥珀暁・終局伝 5
    神様たちの話、第333話。
    直感と猛襲。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     ハンの目から見て、エリザ・ゴールドマンと言う女性には3つ、どんな相手でも敵わないほどの――ハンが最も尊敬するゼロ・タイムズでさえ及ばないかもと思えるほどの――優れた長所があった。
     1つは、その美貌と魅力である。中央の人間はおろか、彼女の評判をまったく知らない北方の人間でさえ、彼女が街の通りを歩けば老若男女の区別無く振り返るほど、彼女は美しい。それでいて、いつも優しげな笑顔で気さくに接してくることもあり、事実としてこれまで、彼女が人心掌握策に失敗したことは、一度も無い。ハン自身も――彼女の破天荒な内面を知っていてなお――彼女に対してはどんな悪感情よりも、信頼と安心が勝ってしまうのである。
     2つ目は、その知略である。ハンはこれまで幾度となく、ゼロをはじめとする智者・智将たちを彼女が易々と手玉に取るところを間近で見ており、北方の遠征においても彼女は人心の動き、欲求と願望、思惑と情勢を、まるで操っているかのように掌握・扇動し、そして制御してしまった。「彼女がその気になれば、全人民が操られてしまうだろう」と恐れたゼロの懸念も、あながち的はずれでは無いと言うことを、ハンは実感していた。
     そして3つ目はその勘、直感力である。時折、彼女は異様な鋭さを発揮することがあるのだが、これに関しては普段から理知的で、丁寧に理屈を説明できるはずの彼女自身でさえも、「なんでやろな」と言葉を濁しており、彼女自身も良く分かっていないようだった。
    「時々な、ピンと来んねん。『あ、今危ないな』っちゅうのんが。そう言う時やと大体、アタマん中でどうこう考えとったら遅い場合が多いから、カラダが勝手に動きよるんやろな」



     マリアの方に振り返りかけたエリザが、突然ぐるんと反対側を向くと同時に、魔杖を掲げる。
    「『マジックシールド』!」
    「え」
     状況の把握が追い付かず、ハンは硬直する。それでもエリザの挙動を目で追い、頭の中で整理して、彼女の行動の理由を理解した。
    「……側近!」
     エリザが展開した魔術の盾の向こうに側近、アルがへばりついている。
    「何故……私の攻撃ガ読めたノだ!?」
    「さあ? なんでやろな」
     ハンはそれが虚勢や計算上の行動ではなく、彼女の本心であると直感した。
    (いつものアレか)
     ハンは周囲を見渡し、皇帝の姿が無いことに気付く。
    「皇帝はどこだ?」
     尋ねたが、アルはハンの方を見向きもせず、エリザの魔術を力づくで破ろうとしているらしく、打撃を繰り返している。
    「元気一杯やな。ご飯食べてへんと思とったけど」
    「私にハ必要のナい要素だ。コの盾をドけろ」
    「寝言は寝て言うてんか。どけたら死ぬやんか」
     と、エリザが魔杖を構えたまま、尻尾をふわ、と揺らす。背後にいたロウはその意図に気付いたらしく、そっと彼女の背後から離れた。ハンも同様に距離を取り、こっそりアルの横へと回り込む。
    「……!」
     アルがエリザへの攻撃をやめ、忍び寄っていたロウに向き直る。
    「貴様ッ」
    「オラああッ!」
     アルが構えるより早く、ロウの戦鎚がアルの顔面を捉える。だが――。
    「……んなっ!?」
     戦鎚の柄がぼきんと折れ、さらに真っ二つになった鎚頭がアルの足元に落ちる。
    「こんなモのが私ニ効くか」
     ロウが呆気に取られた、その一瞬を突いて、アルがロウの腕を取る。
    「い……ぎっ」
     ミシミシと音を立て、ロウの右腕が握り潰されて行く。が、完全に千切られる直前、今度はハンが仕掛ける。
    「させるかッ!」
     ハンは短剣を抜き、フードの上からアルの首、後頸を突く。
    (前回やって、分かってることだ。こいつは全身甲冑で武装してる。ただ斬り付けた程度じゃ効くわけが無い。だから――その『隙間』だ!)
     ぎちっ、と気味の悪い音を立て、短剣がアルの首に突き刺さる。
    「ギャア……ッ……」
     その途端、輪をかけて気味の悪い悲鳴が、アルの口から漏れた。
    「hgft@790evo……ta8n17……252#bpg……エラー……致命……チメイテキ……アガ……ガ……ググクグ……」
     ガチャガチャとした、人の声とは思えないような音を立てて、アルの動きが乱れる。
    「……エラー……エラー……リブート……セーフモード……クリア……」
     動きががくん、がくんと、糸が一本、二本切れた操り人形のようになりつつも、アルは辛うじてハンの方を向いた。
    「コレシキノ……コトデ……コウドウフノウ……ニハ……ナラン……! ワタシニハ……ミコヲ……ミチビキタスケル……シメイガアタエラレテ……イルノダ……! ワタシノソンザイリユウヲ……ミコヲ……オビヤカスモノドモハ……ゼンリョクヲモッテ……ハイジョスル!」
     瞬間、アルはハンに飛び付く。あまりの速さに、流石のハンも対応し切れず、簡単に首をつかまれた。
    「が……はっ……ぐ……っ……」
     自分ののどがめりめりと音を立てるのを感じたのも一瞬、みるみる内にハンの意識が遠のいていった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・終局伝 3】へ
    • 【琥珀暁・終局伝 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・終局伝 3】へ
    • 【琥珀暁・終局伝 5】へ