FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第5部

    蒼天剣・占験録 6

     ←蒼天剣・占験録 5 →蒼天剣・占験録 7
    晴奈の話、第257話。
    シルビアの変調。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     夕食後、ロウが子供たちを風呂に入れている間、楢崎とシルビアは居間で話していた。
    「本当にすみません、ロウは子供っぽくて」
    「いやいや、そう気になさらず」
     顔を伏せ、恥ずかしがるシルビアをなだめつつ、楢崎はロウのことを尋ねてみた。
    「少し聞きたいことがあるんだけど、いいかな?」
    「え? はい、何でしょうか?」
    「ロウくんは黒炎教団の人だったのかな」
     楢崎の言葉に、シルビアは目を丸くする。
    「え? そ、そうなのですか?」
    「おっと、違ったか」
    「いえ、実は……」
     シルビアはロウが記憶喪失であること、自分が拾う前の経歴はさっぱり分からないと言うことを話した。
    「ふむ、そうだったのか」
    「あの人が昔、何をしていたのかはあの人自身も知らないんだそうです」
    「なるほど……」
    「あの、ナラサキさんはロウが、黒炎教団の僧兵だと?」
    「ええ。あの身のこなしと鍛え抜かれた肉体、様々な武器に精通・習熟しているところを見ても、ほぼ間違いないと」
     それを聞いたシルビアは悲しげな顔で帽子を脱ぎ、頭を抱える。
    「ああ……。何てことでしょう」
    「そうか、シルビアさんにとっては異教徒か」
    「ええ。もし央北の評議会にこのことが知られたら」
    「最悪、無理矢理に仲を引き裂かれるかも、と言うことに?」
    「なるかも知れません」
     悲しそうに顔をゆがめるシルビアを見て、楢崎はやんわりと励ます。
    「まあ、昔のことを覚えていないのなら、もう黒炎教団の者では無いと思うよ。今のロウくんは、宗教的には何にも属してないんじゃないかな、と」
    「そう、でしょうか」
    「それに、ロウくんは君のことをすごく愛しているし、その気になれば改宗でも何でもするよ、きっと」
    「……そう、ですね」
     シルビアはまだ青い顔をしながらも、コクリとうなずいた。
    「信じなきゃ、いけません、よね」
    「うん、そうだね。……大丈夫かい? 顔色、悪いけれど」
    「ええ。最近、ちょっとめまいが多くて。疲れてるのかしら……」
     その様子を眺めていた楢崎は、ある原因に思い当たった。
    「うーん、もしかしたら」
    「はい?」
    「近いうち、病院に行った方がいいかも知れないよ。素敵な発見があるかも知れない」
    「はあ……?」
     青い顔で不思議そうに見つめてくるシルビアを、楢崎は暖かく眺めていた。



     大会7日目(5月27日)。第3戦、楢崎―ウィアード。
    「東口からはシュンジ・ナラサキ! 先日の第1戦で、見事にあの『キング』クラウンを撃破したその剛腕ぶりは、前回覇者、ウィアードにどれだけ迫れるでしょうか!?
     ここ最近絶好調のサムライ、『剛剣』ナラサキ! その活躍に、観客の注目が集まっております!」
     アナウンスを聞き、楢崎は目を丸くしていた。
    (『剛剣』って……、どこでその呼び名を調べたんだろう?)
     前回クラウンを倒したことで、楢崎の人気は急上昇していた。
    「シュンジ様、ステキー!」
    「頑張ってー!」
    「キャー!」
     前回よりも多めに女性からの黄色い声援が飛んでくる。前回の活躍で注目を集め、ファンを増やしたようだ。いつも大言壮語を吐くアナウンスも、あながち適当にしゃべっているわけでは無いらしい。
    「西口からはロウ・ウィアード! ついに出ました、前回のチャンピオン!
     前回のエリザリーグで堂々の優勝を果たし、名実共に『キングの後継者』と目される地上最強の男!
     これまで何度か武器を変え、対戦の度に破壊してしまっていたことから、一部では『壊し屋』などと称されてきましたが、今回選んだのはなんと、知る人ぞ知るマニアな武器、三節棍! 我々一同も、この不可思議な武器に関しての情報はつかめておりません! むしろ我々も、その武器がどんな形なのか、どのように使うのか、興味津々であります!
     この三節棍は今度こそ彼のベストオブベストとなるのか、それともまた『壊し屋』伝説の一ページとなってしまうのか!?」
     リングに上がったロウは、楢崎のように頭をかきながらアナウンスを聴いていた。
    (くっそ、『壊し屋』かよ……。ま、しゃーねー。ホントに武器、バキバキ壊してたしな。
     でも、ま、今度こそその汚名は返上してやるぜ。この『雅龍』がありゃ、怖いもん無しだ!)
     両者がリングに立ったところで、二人は軽く会釈した。
    (存分に腕を奮わせてもらうよ、ロウくん)
    (望むところです、ナラサキさん)
     互いに相手を見据え、目で意志を交わしたところで、アナウンスが締めくくられた。
    「さあ、この豪腕対決! 果たして勝利はどちらがもぎ取るのか!?
     それでは試合、開始ッ!」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.06.16 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・占験録 5】へ
    • 【蒼天剣・占験録 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・占験録 5】へ
    • 【蒼天剣・占験録 7】へ