FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第6部

    琥珀暁・平東伝 2

     ←琥珀暁・平東伝 1 →琥珀暁・平東伝 3
    神様たちの話、第338話。
    ことばを重ねるよりも。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     客室に飛び込んだところで、ハンは「おっと」と漏らした。
    (まだ寝てる……みたいだな)
     ベッドの上に横たわったままのクーを見て、ハンはきょろ、と辺りを見回した。
    (護衛はいないのか? エリザさんにしては無配慮と言うか、不用心と言うか)
     ともかく戸をしっかり閉め、鍵をかけて、ハンはクーの顔を確認する。
    (ただ寝てるだけ、……だな。ケガをしてる様子も無いし、他に、……何かされた感じでも無さそうだ。と言うか、……変だな?)
     クーの衣服に汚れやほつれなどは見当たらず、3ヶ月前、グリーンプールから姿を消した日からそのまま、ここに移されたかのようだった。
    (いや、比喩じゃなく本当に、あの日のままだ。まるであれから1日も、時が経っていないかのような……?)
     と――クーが「ううん……」とうめき、うっすら目を開けた。
    「むにゃ……え……っと……ハン?」
    「クー!」
     ハンはクーの手を取り、側に顔を寄せる。途端にクーは顔を真っ赤にし、ぷい、と背を向けてしまう。
    「あ、あなた、人が就寝しているところに……」
    「無事か? 何もされてないか?」
    「……え?」
     もう一度顔を向け、クーはいぶかしげに尋ねてくる。
    「無事、とは? ご覧の通り、わたくしは眠っていただけですけれど」
    「何も覚えてないのか?」
    「覚えて……?」
     むく、と上半身を起こし、クーは辺りを見回す。
    「ここは……? わたくし、自室で泣い、……ではなく、その、眠っていたはずですけれど」
    「君は誘拐されていたんだ」
     ハンの言葉に、クーはぎょっとした目を向ける。
    「誘拐? わたくしが? 一体、誰に?」
    「皇帝だ」
     ハンはこの3ヶ月間で起こっていた一連の事件を、クーに説明した。
    「……で、今日になって突然、君が城の中に現れたと、エリザさんから」
    「左様でしたか。けれどハン、繰り返しますがわたくし、そのような記憶は全くございませんわ。本当に、さっきまで眠っていたとしか認識しておりませんの」
    「そうなのか……。じゃあ、……何がどうなっているんだろう?」
    「見当が付きませんわね。……あの、それよりハン」
     クーは間近に座っていたハンから、距離を取ろうとする。
    「あなたにしては、はしたない振る舞いだと存じませんこと?」
    「何がだ?」
    「ですから、その、……近すぎると申しているのです!」
    「近い? ……あ、と、そうだな。悪い」
     ハンはベッドから離れ、近くにあった椅子に腰掛ける。
    「ともかくこの3ヶ月間、君はどこにもいなかったんだ。だがこうして皇帝が討たれた直後に現れたと言うことは、やはり皇帝が君をさらっていたのだろう」
    「いささか論理的とは申せませんが、恐らくはそうなのでしょう。……随分、わたくしのことを心配なさったご様子ですわね」
     クーに問われ、ハンは「いや」と否定しかけたが、途中でその言葉を飲み込んだ。
    「……素直に言う。君の言う通りだ。俺は君を心配していた。この3ヶ月間ずっと、気が気じゃなかったよ」
    「まあ」
     クーは目を丸くし、奇異な物を見るかのような顔をハンに向ける。
    「昨日までのあなたからは――いえ、あなたからすれば3ヶ月前でしたわね――想像もできないようなお言葉ですわね。もっと憎まれ口を叩かれるものと存じておりましたけれど」
    「その件も含めて、謝らせてほしい」
     ハンは椅子を下り、その場にうずくまって頭を床にこすりつけた。
    「本当に俺が悪かった。君の友情と誠実を疑い、ありもしない腹積もりまで邪推して、あんなくだらない騒ぎを引き起こしてしまった。すべては俺の責任だ」
    「あ、……あの、ハン」
     クーはベッドから離れ、土下座するハンの肩に手を置く。
    「そこまでなさらないで下さい。わたくしにも非がございます。わたくしもあなたとの話し合いを厭い、強情な手段に出てしまったのですから。わたくしがあんなはしたないことをいたさなければ、こうして皇帝にかどわかされるような事態には、決して至らなかったはずですもの」
    「それについても、謝りたいことがある」
     ハンは顔を挙げ、クーの手を取った。
    「君の言う通りだ。君と仲違いしなければ、俺はきっと、君を守るべく努めていたはずなんだ。それもこれもみんな、俺が変な見栄とプライドで自分の本意を粉飾して、まっすぐ進むべき道をうろうろと、回り込んでばっかりで、その、……ああ、まただ」
     ハンはもう一方の手もクーに当て、意を決して告げた。
    「素直に言う。俺は君のことが好きだ。たったその一つを、その大事な一点をずっとごまかしてきたせいで、君にも、周りの人にも迷惑をかけ続けた。だからもう、君に関することは何一つ、ごまかさない。
     クー、君が好きだ。俺と結婚してくれるか?」
    「あ、あにょ、っ、あのでしゅね、ひゃ、は、ハン」
     この10秒足らずの、ハンからの素直な告白で、クーは耳の先まで真っ赤に染まっていた。
    「い、いきなひ、……いきなり、そんにゃ、そん、そんなこと、おっしゃられても、わ、わたくし、そ、そう簡単に、お、お、お答え、いたせましぇん」
    「……そ、そうだよな」
     ハンはしゅんとなり、クーから手を放す。と、クーは空いた手ともう一方の手を使って、ハンの頭をぎゅっと抱きかかえた。
    「えっ……」
    「にゃぜにゃ、……何故なりゃ、わたくし、その、昂(たか)ぶりゅと、こ、言葉が、出にゃくて、……で、です、かりゃ、しょ、しょの、……こ、行動、で、示させて、下さひ」
    「……あ、ああ」
     ハンもクーの胴を抱き返し、二人はそのまま抱き合っていた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・平東伝 1】へ
    • 【琥珀暁・平東伝 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・平東伝 1】へ
    • 【琥珀暁・平東伝 3】へ