FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第6部

    琥珀暁・平東伝 5

     ←マジで食べ物しか →琥珀暁・平東伝 6
    神様たちの話、第341話。
    女狐エリザ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     ビートと連れ立ってエリザの部屋に降り、二人で掃除をしながら、ロウはエリザに状況を尋ねた。
    「あの、エリザさん。なんでコイツがココにいるんスか?」
    「言うたやん。ハンくんらからかくまってんねん」
    「あ、はい。ソレは聞いたんスけど、でも何で?」
    「約束やからな。あ、ちなみに店にも知っとる子は何人かいとるけど、あんまり言うたらアカンで」
    「うス。……で、その約束って何スか?」
     いくらはぐらかしても根掘り葉掘り尋ねられ、エリザは観念したらしい。
    「しゃあないな。絶対秘密やで。絶対の絶対に絶対やからな?」
    「うっス」



     時刻は3ヶ月前、ジーンがグリーンプールを単騎で襲い、それをエリザたちが撃退した、その直後に戻る。
     クーの自室に彼女の姿が無いことを確認し、遠征隊が大慌てで行方を追っている、その最中――エリザは随行してくれていたロウと丁稚たちに、こう告げた。
    「ほな、アタシもちょっと、思い当たるところ回ってみるから」
    「そんじゃ、俺も一緒に……」
     付いて行きかけたロウに、エリザは掌を見せて制止する。
    「女の子のヒミツ覗きたいんか、アンタ?」
    「へ? ……あ、あーあー、そーゆー感じのトコっスか、すんませんっス」
    「アンタは他の子と一緒に港の方当たっとって。おらへんかったらいっぺん、ココに戻って来てな」
    「了解っス」
     ロウと丁稚たちが消え、人払いが済んだところで、エリザはくるんと振り向いた。
    「コレでええやろ。ええ加減、姿見せえや」
    「……何だよ、気付いてたか」
     そこに現れたのは、突如失踪したはずのお騒がせ者、エメリア・ソーンだった。いや――。
    「中身にも気が付いとるで」
    「へぇ? 私が誰だって言うんだね、君は?」
    「あのなぁ」
     エリザはエマにカツカツと靴音を立てて近寄り、その額を指先で小突いた。
    「いって」
    「そーゆーしょうもない話のタメ方なんかいらんねん。アンタ、先生やろ」
    「……へへぇ?」
     エマの姿をしたその女は、にやあっと笑って見せた。
    「やっぱり気付いてたか。一体、ドコでさ?」
    「アンタが脱走した後、部屋確かめさしてもろたんや。なんぼなんでも、アレで先生本人やと分からへんワケ無いやろ? 箱のサイズ、アタシの『ロータステイル』とぴったしやし、落ちてた魔術書も先生の使てた古代文字がずらーっと並んどったし」
    「ま、そうまで判断材料が揃ってりゃ、そりゃ気付くってもんだね」
     エマの姿をした「先生」――モールは、額を押さえながらくっくっと笑っている。
    「ま、そんなら話が早い。だから私が取った行動だけを、手短に話してやるね」
    「何て?」
    「あのワガママお姫様、私がさらった」
    「……ふーん」
     それに対し憤慨も、罵倒もしないエリザに、モールはまたニヤリと笑みを向ける。
    「どうやらその意味が分かってるみたいだね」
    「さっき一瞬、『今このタイミングでこんなコトでけたらめっちゃ都合ええやろな』と思い付いとったコトやからな。流石にアタシにはやられへん話やから――やったら間違い無くハンくんに殺されるやろし――無しにしたけどもな」
    「さっすがぁ。ま、君ならそうしてやった方がいいだろうってね」
    「先生はホンマ、えぐい方向で頼りになるヤツやわ」
     ろくに言葉も交わさぬまま、師弟は互いの思惑を悟り合っていた。

     こうしてエリザは密かにモールと通じ、彼、いや、彼女にクーをさらわせ、クーがグリーンプールから行方をくらませたように見せかけたのである。そしてエリザは言葉巧みにハンを、そして遠征隊の皆を誘導し、クーの消失があたかも皇帝の仕業であるかのように見せかけたのだ。
     その狙いは言うまでも無く、遠征隊を皇帝討伐に向かわせるためだった。いつまでも弱腰で直接的な行動に出ず、エリザに言わせれば「相手をナメきった」対応を続けるゼロに業を煮やしていたエリザは、この狂言誘拐で彼を焚き付け、彼自ら出撃を命じざるを得ない状況を作り上げたのである。
     ただ、そこまで追い込まれてもなお、意を決しようとしなかったゼロには呆れるしかなかったが――エリザがゼロより信頼を置く人間、ゲート将軍に指揮権が移り、彼が出撃を許可したことによって、結果として目的は達成されたのである。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【マジで食べ物しか】へ
    • 【琥珀暁・平東伝 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【マジで食べ物しか】へ
    • 【琥珀暁・平東伝 6】へ