FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第6部

    琥珀暁・平東伝 6

     ←琥珀暁・平東伝 5 →琥珀暁・平東伝 7
    神様たちの話、第342話。
    千年級の会話;"LYCH"。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     クーの消失が皇帝の仕業であると断定され、討伐が決定されたその夜、エリザはふたたびモールと、密かに接触していた。
    「ほんならクーちゃんは無事なんやな?」
    「ああ。実質眠ってるようなもんだしね。解除するまでそのまんまさ」
    「今はドコにおるん?」
    「ソコはもう、チョイチョイってなもんでね」
    「またチョイチョイか」
    「またチョイチョイだね」
     手の内を明かさない師匠の態度を受け、エリザはそれ以上の詰問をあきらめ、話題を変える。
    「ほんで先生、アンタなんでメリーちゃんたちをあんなイジメてたんよ?」
    「あ? いやほら、ちょっとイライラしちゃってさ。言われたコトしかこなさないわ、嫌だ嫌だって思ってるクセしてニコニコしてるわ、見当違いのコトをドヤ顔でわめき散らすわで、コイツらなんかほんのちょっと腹立つなーってね」
    「ちょっとは加減したりいや。アンタのせいで、みんな病院送りやで」
    「そりゃ悪かったね。……ま、私の話なんかよりさ」
    「いや、もうちょいさせてもらうで」
     エリザはモールに詰め寄り、その胸をむにゅ、とわしづかんだ。
    「アンタいつの間に女の子になってんねや。しかも若返っとるし。アタシとおった時、明らかにアタシより20歳は年上やったはずやんな? なんでアタシより若くなっとんの?」
    「お、嫉妬?」
    「アホか」
     エリザはぺっちん、とモールの胸を叩き、にらみつける。
    「せやけども、単純に若返ったにしては『猫』から長耳、男から女て、そんなトコまで変わっとるんはおかしいやん。まるで赤の他人の体を奪ったみたいやんか」
    「……鋭いね、やっぱり君は鋭い」
     モールは叩かれた胸をさすりながら、こう答えた。
    「そうさ、私は他人の体を奪って生きるヤドカリさね。前使ってた体がボロボロになっちゃったもんで、どっかにいいのいないかなーって思ってたら、うまいコト見付かったってワケさ。でも勘違いしないでほしいんだけどね、この体は死んでたからもらったんだ」
    「工事で事故った時か」
    「そ、そ。偶然、この体持ってた娘が頭から血流して倒れててさ、意識確かめたり脈計ったりしたけども、そん時ゃもう完璧、死にたてホヤホヤの状態だったんだよね。念押しするけど、事故も偶然だからね」
    「どっちでもええ。ほなアンタ、他人に乗り移れるっちゅうコトか」
    「乗り移るって言うか、んー、言ってみると『上書き』みたいなもんだね。元あった記憶域に、私の情報をインプットしてるって感じで」
    「よお分からんな。ホンマ変わってへんわ、説明ド下手なトコ」
    「うっせ」
     モールは若い娘の姿で笑いながら、エリザにパチ、とウインクして見せる。
    「ともかく今はコレが、私の姿ってワケさね」
    「はいはいはい、そらよろしいな。で、なんでこっち来たんよ? アタシの成長ぶりでも確かめに来たんか?」
    「んなめんどいコト、誰がするかってんだね。そうじゃなくてさ、ほら、あん時もう、君らこっちの邦に渡ってただろ? 私も行ってみたいなーって思っててさ。そしたら丁度第二隊を募集してるって話だったから、私が手ぇ挙げたのさ。と言って、真面目に仕事すんのもガラじゃないしね」
    「ほんでこっち来たところで、いちゃもん付けて逃げ出したっちゅうワケか。……アホかアホか思てたコトは今までちょこちょこあったけども、確信したわ。
     アンタはアホや。マジもんのアホや。純度100%の、アホの塊やわ」
    「人をアホアホ呼ぶんじゃないね、まったく。このバカ弟子、一体誰に似たんだか」
    「鏡見せたろか? 犯人映るで」
    「ところがどっこい、映るのは可愛い女の子でーす」
    「シバくで、しまいには」
     両者にらみ合ったところで――途端にふっと、互いに相好を崩した。
    「……ま、もうええわ。ともかくアンタ、しばらくこっちにおるっちゅうコトやな」
    「ああ。20年、30年くらいかけて一通り回ったら、また誰かの体もらって戻るつもりしてるけどね」
    「ほんなら、ちょっとくらい手ぇ貸しいや。アンタみたいに誰にも存在を知られてへん上に、えげつないほど頼りになるっちゅう人間は、おったらかなり便利やからな。ソレに皇帝さんがのさばっとる今の状況やと、アンタも動くに動けへんのやろ?」
    「なんだよ、自分の師匠を手駒扱いすんの?」
    「さしてもらうで。アンタかて、素寒貧なんは嫌やろ?」
     エリザはちゃら、と銀貨の詰まった袋を投げて寄越し、モールはニヤニヤ笑いながら受け取る。
    「この大魔法使いサマをカネで買おうっての?」
    「カネで買うんやない。コネで買うんや」
    「……まったく、君は本当に図太いヤツだねぇ」
     モールは胸のボタンを開け、胸元にその袋をしまい込んだ。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・平東伝 5】へ
    • 【琥珀暁・平東伝 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・平東伝 5】へ
    • 【琥珀暁・平東伝 7】へ