FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第6部

    琥珀暁・天帝伝 3

     ←琥珀暁・天帝伝 2 →琥珀暁・天帝伝 4
    神様たちの話、第352話。
    まさかの結末。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     エリザの協力で人を集めた上で、ゲートとアロイはクロスセントラルに戻って来た。
    「ゲート・シモン将軍、それにアロイ皇太子、……ようこそお戻り下さいました」
     武装した士官から挨拶され、ゲートは腰に佩いた剣に手を掛けながら尋ねる。
    「状況について教えて欲しい。マジでゼロは、俺たちを捕まえようとしてるのか?」
    「それは、……本当です。実際に勅令を発しました。ですが」
     士官は首を横に振り、こう続けた。
    「流石に軍の上層部から反発があったようで、こうしてお二人が戻って来た今でも、即時拘束すべきか、勅令を撤回するよう要求すべきか、紛糾している模様です。忌憚無く申し上げれば、すぐにでも離れられた方がよろしいのではないかと存じます」
    「……ま、そうも行かんさ。俺とアロイがハナシ付けて来る」
    「はっ……」
     士官と、その後ろに並ぶ兵士たち一個分隊に敬礼され、ゲートとアロイは城へと向かった。
     城に入ったところで、ゲートたちはまた武装した兵士たちと、それを率いる同僚の将軍に出くわす。
    「げ、ゲート、……その」
     声を掛けられ、ゲートは苦笑いする。
    「何だよ、マット。シケたツラして」
    「分かってんだろ? お前今、捕まえろって言われてんだぜ」
    「ゼロにだろ? で、その本人はどこにいんだよ」
    「俺たちは、って言うか反対派は、どうにか説得しようとしてんだよ。でも話がこじれてゼロがブチギレてさ、『頭を冷やしてくる。一人にしてくれ』っつって、謁見の間に籠もっちまった」
    「そっか。んじゃちょっと、話して来るわ」
    「お、おい!」
     その場を去ろうとしたところで、肩をつかまれる。
    「悪いことは言わねえ、逃げた方がいいって」
    「ははっ」
     ゲートはその手をやんわりどかし、ニッと笑って返した。
    「ちょっと話して、一緒にメシ食ってくるくらいだって。大げさにすんな。いいからお前は帰って書類にサインでもしてろ」
    「ゲート……」
     心配そうにする友人に背を向け、ゲートとアロイは謁見の間へと進んだ。

    「ゼロ、いるかー?」
     トントンとドアをノックし、二人はそのまま中へと入った。
    「お前何かヘンな勘違いしてるみたいだからよ、いっぺんちょっと肚を割って、……!?」
     やんわりと声をかけながら玉座に目を向けたところで、ゲートは絶句した。
    「あー……と」
     玉座の前に、くしゃくしゃになった三角帽とローブに身を包んだ猫獣人が立っている。そしてその玉座には――すっかり血の気が引いた顔をしたゼロが、目をつぶって座っていた。
     いや――。
    「……お前が殺したのか?」
    「そう思うだろうけどさ、そうじゃないね」
     猫獣人は肩をすくめ、こう返した。
    「私と話してる最中に、ポックリ逝っちゃったのさ。相当カッカ来てたみたいでね、私に怒鳴り散らしたかと思うと、いきなり胸押さえながらガクッと座り込んで、そのまんま、……ね」
    「それを信じろと言うのですか?」
     アロイに剣を向けながら尋ねられ、相手はもう一度肩をすくめる。
    「信じなきゃ信じないでもいいんだけど、信じといた方が何かといい話だと思うよ、私はね」
    「あなたは? 城の者は、あなたが来ていることを存じないようですが。存じていれば、我々に伝えたでしょうし」
    「私? 私は……」「あんた、モールさんだろ」
     相手が答えるより先に、ゲートが見抜く。
    「前に見た時と姿が違うが、あんた、姿を変えられるんだってな。エリちゃんから聞いてる」
    「まあ、そんなようなもんだね」
    「詳しく聞かせてくれないか? ゼロと最期、どんな話してたんだ?」
    「って言ってもねー」
     モールは帽子の中に手を入れながら、困った顔をした。
    「なーんか『僕の世界は誰にも渡さないぞ』『誰だろうと僕をこの玉座から引きずり下ろせるもんか』みたいなコト、ウダウダ抜かしてたくらいなんだよね。聞きたきゃ詳しく話すけどもさ、そんなの聞いたって、いい感じの遺言にゃならないと思うね、私ゃ」
    「……だな」
     ゲートは剣の柄から手を放し、アロイにも剣を下げさせるよう示した。
    「モールさん、でしたか」
     素直に剣を納めながら、アロイが尋ねる。
    「先程あなたが仰っていた、『いい話』とは?」
    「ん? ああ」
     モールはゼロの遺体に一瞬目をやり、二人に振り返った。
    「この時点までで起こってる問題事をさ、解決できる手があるって話さね」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・天帝伝 2】へ
    • 【琥珀暁・天帝伝 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・天帝伝 2】へ
    • 【琥珀暁・天帝伝 4】へ