FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第6部

    琥珀暁・女神伝 3

     ←琥珀暁・女神伝 2 →琥珀暁・女神伝 4
    神様たちの話、第357話。
    老境のまどろみ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     その晩は島の浜辺にテントを張り、エリザたちは数日ぶりに地面の上で眠ることができた。
    「すう、すう……」
    「すぴー……ふがっ……すぴー……」
     エリザのテントにはゼラナとプリムが共におり、エリザは二人の寝息を耳にしつつ、夢と現の境を、うとうととさまよっていた。
    (……参るわぁ……最近また……よぉ寝られんくなってきとるなー……)
     昼間は元気一杯に振る舞っているものの、こうして夜になると、己の「老い」をひしひしと感じてしまう。
    (……そろそろ寝えへんと……またシェリコくん……困った顔しよる……)
     時折、夢の中にどぷんと浸かりそうな感覚を覚えるが、それを知覚すると、途端に現実へ引き戻されてしまう。この晩もエリザは、どうにか夢の世界に飛び込めないかと四苦八苦していた。
    (……あー……眠いよーな……でも眠れへん……んー……)
     それでも何度か行き来を繰り返すうち、ようやくエリザは完全に、眠りに落ちた。



     気が付くと、エリザは浜辺に立っていた。
    「ほぇ?」
     上を見上げると、さんさんと太陽が照っている。
    「え……嫌やわ、アタシそんなボケて来たんか?」
     不安を覚えたものの、老いてなお明晰な頭脳を持つ彼女は、そこが今日、到達した島ではないことに気付いた。
    (いやいやいや……。なんぼなんでも、太陽が2つもあってたまるかっちゅうねん。オマケに森ん中から変な建物がにょきっと生えとるし)
     さらに、自分の手や尻尾を良く見れば、若い頃のものである。はっきり夢の中であると察し、エリザはフン、と鼻を鳴らした。
    「……ま、寝られたんやったらええわ」
     エリザは夢の中で背伸びし、その場に座り込んだ。
    「せやけど変な感じやな。こんなはっきり自分で『コレは夢やー』て分かるコト、今まであったかなー……?」
     自分のひざに頬杖を突き、エリザは水平線の向こうに目をやる。と――。
    「……お? お、おおおっ!?」
     自分の斜め上にあった方の太陽が、ゆっくり降りて来たのである。
    「な、何やな何やな?」
    《突然の失礼、おわび申し上げる》
     と、その太陽がエリザに向かってしゃべり出した。
    《私は克饕餮(トウテツ)。はるか昔、この地で死んだ者である。狐のご婦人、どうか私の話を聞いてはくれまいか?》
    「な、何て? とう、とー、……トウテツ?」
    《左様。死んで1000年、ようやく私の声が聞こえる者が現れて、私は非常に嬉しい》
     太陽は次第に光を潜め、そこに身長2メートルを優に超える、巨漢の短耳が現れた。
    《狐のご婦人、……と何度も呼ぶのは面倒なので、良ければ名前を教えてほしい》
    「あ、はあ……。エリザ・ゴールドマンです。よろしゅう」
    《よろしく》
     トウテツと名乗った男は、エリザに向かって手を差し出して来る。つられてエリザも手を出し、握手を交わした。
    《なかなか豪胆な方と心得る。それに、心もお若い》
    「そらどーも」
     最初は戸惑ったものの、相手が言った通り、肝の図太い彼女である。ものの1分もしない内に慣れてしまい、エリザは饕餮に尋ねた。
    「ほんでトウテツさん、まさか『声聞こえるわー、わーいお話しよかー』で終わりやないでしょ?」
    《うむ》
     饕餮は苦笑いを浮かべつつ、こう切り出した。
    《ご婦人、あ、いや、エリザさん。頼みがあるのだ》
    「そらあるでしょう。無かったら『話聞いて』なんて言いませんやろ」
    《あ、う、うむ。失敬》
     話している内に、エリザは相手の性格も見抜く。
    (アレやな、昔会うた……あの、アレやアレ、シェリコくんのおじーちゃんと同じタイプの人やな、どうも。話す度に一々、ドンドン話が遠回りしよる系の人やな)
    《頼みと言うのは、他でも無い。私の『頭』を探してほしいのだ》
    「は?」
     相手の性格は読めたものの、その頼みの内容までは流石に察することができず、エリザは目を丸くした。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・女神伝 2】へ
    • 【琥珀暁・女神伝 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・女神伝 2】へ
    • 【琥珀暁・女神伝 4】へ