FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第6部

    琥珀暁・女神伝 4

     ←琥珀暁・女神伝 3 →琥珀暁・女神伝 5
    神様たちの話、第358話。
    饕餮の後悔。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
    「頭? ……や、そうか、アンタ1000年とか言うてはりましたもんな。幽霊さんなんですな?」
    《そう言うことになるな。この姿は生前の、と言うか、私がまだ正気を保っていた頃のものだ》
    「ふーん……?」
     饕餮はエリザに手招きし、島の奥へ付いてくるよう促す。
    《私はとある一派に属していた。その名も克一門、克大火と神道理(しんとう・まこと)を双璧と仰ぐ、地下組織の一員であった。と言っても非道や不善を働いていたわけではない。ある巨大な組織に、義憤と正義感、そして因縁によって対抗しようと試みる、ゲリラ集団だったのだ。
     色々とあって、まあ、その組織の壊滅には成功したわけであるが、結局のところ、世界の崩壊を食い止めることまではできず、一門は崩壊に伴ってちりぢりになってしまった。師匠の行方も分からず、門弟も生き残っているのか死んでしまったか》
    「ソレについてなんですけど」
     と、エリザが手を挙げる。
    「アンタ、ホウオウって知ってはります?」
    《ほ、鳳凰!? と言うと、お父上に良く似たお顔とお母上と同じ茶髪で、いつも浮世離れしていた、あの鳳凰か! おお、存じているとも!》
    「顔のコトは知りませんけども、茶髪は茶髪でしたな。いっぺん、そのホウオウさんから同じよーな話を聞いたコトあるんですわ。チラっとだけですけども」
    《え……? 本人から?》
     意外そうな顔をした饕餮に、エリザはニヤ、と笑って返す。
    「克一門は不屈揃いやて言うてはりましたわ。『殺しても死なないよーなのが一杯いる』と」
    《はははは……、うむ、左様である。師を筆頭に、そんな者ばかりだった。……が、実際はこの通りだ。まあ、自業自得ではあるのだが》
    「っちゅうと?」
    《それをこれから説明する。見てもらわないと、私の頼みについて具体的には、理解してはもらえんだろうからな》
     話している間に、二人は島の中央に到着する。そこには饕餮と、真っ黒な服を着た男が対峙しており、会話を交わしていた。
    《あれは1000年前の――まだこの姿を保っていた頃の私と、我が師である克大火だ》

     そこにいた饕餮は、土気色の顔でうずくまっていた。
    「はあ……はあっ……」
     対する大火は、どこか呆れたような様子で彼を見下ろしていた。
    「お前には過分に知恵が足りんと思ってはいたが、まさかこんな暴挙に出るほどに愚かだったとは、な」
    「はあ……はあ……すみません……師匠……」
    「とは言え、あいつら相手にたった一人では、致し方無いことか」
     大火は建物の外に目をやる。
    「……?」
     エリザのいた側からは何も見えなかったが、案内してくれた方の饕餮に手招きされ、大火と同じ視点に移動したところで、その禍々しいモノの大群を、建物の窓越しに確認することができた。
    「うわっ……アレは」
    《師が『難訓』と呼んでいた女は――師匠の、かつての一番弟子だったが――はっきり言って狂っていた。一体どう言うつもりであったのか、崩壊した後の世界に、あんな名状しがたきモノ共を、嬉々としてバラ撒いていたのだ》
    「バケモノやんか……。そうか、そのナンクンとかっちゅうのんの仕業やったんか、ほんなら」
     エリザがまだ少女の頃に目にしたバケモノと同じような、異質な造形物たちは、今にも建物に迫ろうとしていた。いや、実際に迫ったものもいたらしく、建物の入口辺りに血だまりができている。
    「アレ、アンタがやらはったんです?」
    《左様。だが師匠が助太刀に来てくれるまでに、相当の間があった。待っていては到底、持ちこたえられないほどに。そこで私は、妹弟子の麒麟が編み出していた術を使い、一掃を試みたのだが……》
     話している間に、回想の方の饕餮の背中が裂け始め、そこから紫色のまばゆい光が走る。
    「あ、アレ、……アレ何ですのん!?」
    《術には重大な欠陥があった。一言で言うなら、暴走したのだ》
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・女神伝 3】へ
    • 【琥珀暁・女神伝 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・女神伝 3】へ
    • 【琥珀暁・女神伝 5】へ